三菱レイヨン MMA系事業 能力 (トン)

   同社 第6次中期経営計画(2008/5/2)

        既存 計画 合計 出資比率 他出資者
モノマー m-MMA 大竹 日本  217,000    217,000    
Thai MMA タイ   90,000   90,000  180,000  45% Cementhai 45%
恵州恵美化成 中国   90,000     90,000  100%  
大山MMA 韓国     90,000   90,000  50% 湖南石油化学 50%
テキサス 米国    140,000  140,000    
合計  397,000  320,000  717,000    
ホモポリマー 成形材料 大竹、富山 日本   47,700     47,700    
Diapolyacrylate タイ   12,000     12,000  82.7%  
南通麗陽化学 中国   40,000     40,000  80%
大山MMA 韓国     40,000   40,000  50% 湖南石油化学 50%
合計   99,700   40,000  139,700    
大竹、富山 日本   46,200     46,200    
Diaglas タイ     20,000   20,000  48.6% スリフェンフン グループ 25.2%
三菱麗陽高分子材料(南通) 中国   20,000     20,000  100%  
合計   66,200   20,000   86,200    
コポリマー コーティング材料 日本 日本   30,000     30,000    
MRC Resins (Thailand) タイ   4,000     4,000  35% タイ ウレタン プラスチック 50%
Diachem Resins Indonesia インドネシア   5,400     5,400  40.5%  
三菱麗陽高分子材料(南通) 中国   3,500     3,500  100%  
Dianal America 米国   8,000     8,000  100%  
合計   50,900     50,900    

 

MMAモノマー シェア (%)

  アジア市場   世界市場
2007 2010   2007 2010
三菱レイヨン   29   29     12   14
Lucite    13   15     23   22
(小計)   (42)  (44)    (35)  (36)
住友化学   15   15     6   8
LG    7   9     3   5
(小計)  (22)  (24)     (9)  (13)
Rohm & Haas   -   -     15   13
Evonik   -   -     14   12
Arkema   -   -     6   5
旭化成   7   9     3   5
Jilin   -   5     18   17
FPC   7   5
クラレ   5   3
三菱ガス化学   4   3
三井化学   3   2
Honam   4   4
その他   7   4

 


2014 年6 月16 日  三菱レイヨン/三井物産

米国におけるメタクリル酸メチルモノマー製造・販売に係る合弁事業に関する基本合意について

三菱レイヨンと三井物産は、米国でメタクリル酸メチル(MMA)モノマー製造・販売事業を行うための詳細検討を開始することで合意し、合弁会社設立に向け、このたび覚書を締結しました。
合弁会社へは、三菱レイヨンが過半の出資を行う予定です。

また、三菱レイヨンと三井物産は、米国The Dow Chemical Company(本社:ミシガン州ミッドランド市)との間で、ダウケミカルから三井物産を経て両社が設立する合弁会社への一部原料の供給及び合弁会社からダウケミカルへの製品の一部販売の検討に関し、3 社間で基本骨子の合意に達し、覚書を締結しました。
本計画は、三菱レイヨングループが持つ新しいMMA モノマー製造技術である「新エチレン法(アルファ法)」と、三井物産が有する海外企業とのネットワークを含む総合力を結集し、米国において、シェールガス・オイル革命を背景とした競争力の高いMMA モノマー事業を実現することを企図しています。合弁会社は、ダウケミカルが米国湾岸地区に展開するエチレン製造供給網からエチレンを取得し、また、製品の一部をダウケミカルに販売することを計画しております。本計画では、2018 年末から年産25 万トン規模のMMAモノマー生産設備の稼働を目標としています。
MMA モノマーは、自動車のランプカバー、看板、水族館の水槽、液晶ディスプレイ用バックライトの導光板、塗料、建材などに用いられるアクリル樹脂の原料で、世界需要は300万トンを超えており、今後も安定的な伸長が見込まれています。

米国MMA モノマー生産設備について
1. 生産能力25 万トン/年(予定)
2. 建設場所米国(詳細な建設場所は未定)
3. 総投資額未定

---

DowはMMAを生産するRohm & Haasの親会社

-------

三井物産とDowは2010年7月、両社が折半出資でテキサス州フリーポートで電解事業を行う合弁事業の設立に関する合弁契約書を締結、12月にJVを設立した。三井物産は約1.4億ドルを出資。

社名:Dow-Mitsui Chlor-Alkali LLC
能力:苛性ソーダ約88万トン、塩素約80万トン
操業:Dow
操業開始:2014年初め
製品:折半引取り
    三井物産は塩素はDowに委託してEDCにし、アジアで販売、
    苛性ソーダはDowを通じて米国で販売

2010/7/2 三井物産とダウ、合弁でテキサスで電解事業