化学会社の海外進出一覧 味の素 北米

 

飼料用リジン、飼料用スレオニンの製造販売

社名 Ajinomoto Heartland LLC
場所 Eddyville, IA
株主 味の素
設立 1984/10
能力 飼料用リジン 5万トン/年
飼料用スレオニン 
1万トン/
2万トン/年
  
味の素ユ−ロリジン社(フランス)に年間3万5千トンの飼料用スレオニン生産能力
  米国での設備投資により、全世界で年間5万5千トンまで生産能力を増強
備考 飼料用アミノ酸 AJINOMOTO ANIMAL NUTRITIONグル−プ

 フランス:味の素ユーロリジン(株) / AJINOMOTO EUROLYSINE S.A.S.
 イタリア:味の素ビオイタリア(株) / AJINOMOTO BIOITALIA S.p.A.
 米国:味の素ハートランドLLC / Ajinomoto Heartland LLC
 タイ:タイ味の素(株) / Ajinomoto Co., (Thailand) Ltd. (タイ)
 中国:川化味の素(有) / Chuanhua Ajinomoto Co., Ltd.
 ブラジル:味の素ビオラティーナ(有)/ Ajinomoto Biolatina Industria e Comercio Ltda.

飼料用トリプトファン生産
    味の素ハートランド エディビル工場(アイオワ州)
    2017/5  完工予定
 能力 3,000トン/年

  http://www.ajinomoto.com/jp/presscenter/press/detail/2016_02_01.html

 

 

医薬用・食品用アミノ酸の製造販売

社名 味の素アミノサイエンスLLC
場所 ノースカロライナ
株主 味の素
設立  
能力  
備考 医薬用・食品用アミノ酸 世界の生産拠点

 日本:川崎事業所、東海事業所、九州事業所、日本プロテイン(株)
 米国:味の素アミノサイエンスLLCノースカロライナ工場
 中国:味の素蓮花アミノ酸(有)、上海味の素アミノ酸(有)
 ベルギー:味の素オムニケム(株)
 ブラジル:味の素インテルアメリカーナ(有)新リメイラ工場

 

バイオ医薬品の開発・製造受託

社名 Althea Technologies, Inc.
場所 San Diego
株主 味の素  

 2013/3/6 発行済み全株式を175百万ドルで取得することで合意
  http://www.ajinomoto.com/jp/presscenter/press/detail/2013_03_06.html

設立  
能力  
備考 cGMPに準拠したバイオ医薬品の製法開発・製造受託(原薬製造・製剤充填・分析等)

 

米国電子材料事業の情報収集、拡販活動、機能材料製品と原材料の輸出入 

社名 Ajinomoto Fine-Techno USA Corporation
場所 カリフォルニア州クパチーノ市
株主 味の素ファインテクノ(株) 100%
設立 2015/1
能力  
備考
味の素の電子材料事業
グルタミン酸ナトリウムの利用研究のひとつとして、1960年代にエポキシ樹脂の硬化剤を開発
その後、長年蓄積した樹脂配合技術により高機能絶縁材料の開発を進め、1998年に液状樹脂のフィルム化に世界で初めて成功し、同年ABF (Ajinomoto Build-Up Film)を発売(従来インク形式であった絶縁材料のフィルム化)
以来、機能性および生産効率の高さから、半導体パッケージ用の絶縁材料として、幅広く使われている。

2016/4/1 本格的に業務を開始
 http://www.ajinomoto.com/jp/presscenter/press/detail/2016_04_13.html

 

 

メディカルフードの製造・販売
 
社名 Cambrooke Therapeutics, Inc.
場所 Ayer, MA
株主 Ajinomoto North America  100%

2017/11 64百万米ドルで取得し、完全子会社化
  https://www.ajinomoto.com/jp/ir/news/news278904034291125294/main/0/link/2017_11_9_J.pdf

従来の株主 Galen Partners V,L.P. 63.4% ほか

設立 2000
能力  
備考 Medical Foods は、米国食品医薬品局(FDA)が医薬品と栄養補助食品(dietary supplements)の中間に位置付ける食品。米国の健康保険の償還可能領域。

Medical Foods は、科学的に実証された副作用の無い食品由来の薬(薬と食品の中間に位置するもの)として、1983年にアメリカのOrphan Drug Act Amendments により下記の通り定義されている。

"a food which is formulated to be consumed or administered enterally (腸内に)under the supervision of a physician and which is intended for the specific dietary management of a disease or condition for which distinctive nutritional requirements, based on recognized scientific principles, are established by medical evaluation."

アミノ酸代謝異常患者等向けの医療食品を開発・製造。
その他、難治性てんかん患者向け医療食品や腎臓・肝臓疾患患者向け低たんぱく質食品等を手掛けており、欧州等の米国外でも展開

創業者のLynn and David Paolella の2人の子供は珍しいPKU(フェニルケトン尿症。アミノ酸代謝異常が原因で、フェニールアラニンが体内に蓄積する。
治療法は
 フェニルアラニン含有量の少ないミルクや食事。2人はMedical foods の開発を始めた。