化学会社の海外進出一覧 アステラス製薬 北米

 

2005/4 藤沢薬品+山之内製薬

新会社名 再編対象会社 主な機能 所在地
Astellas US Holding, Inc. 山之内US ホールディングInc.
山之内グループホールディングInc.
持株会社 米国
イリノイ州
Astellas US LLC 新設(フジサワヘルスケアInc.と山之内ファーマア
メリカInc.の管理部門が移動)
本社機能 米国
イリノイ州
Astellas Pharma US, Inc. フジサワヘルスケアInc.
山之内ファーマアメリカInc.
開発
販売
米国
イリノイ州
Astellas Pharma Manufacturing, Inc. 新設(フジサワヘルスケアInc.のグランドアイランド
工場を分社化)
生産 米国
ニューヨーク州
2008/9  APP Pharmaceuticals に売却
  http://www.astellas.com/jp/corporate/news/pdf/080904_2.pdf
Astellas Pharma Technologies, Inc. 売却 山之内ファーマテクノロジーズInc. 生産 米国
オクラホマ州
Astellas Research Institute of America LLC フジサワリサーチインスティチュートオブアメリカInc.
研究 米国
イリノイ州
Astellas Venture Capital LLC 山之内ベンチャーキャピタルLLC 投資会社 米国
カリフォルニア州
Astellas Pharma Canada, Inc. フジサワカナダInc. 開発
販売
カナダ
オンタリオ州

 

グローバル開発本社機能

社名 Astellas Pharma Global Development Inc
場所 イリノイ州ディアフィールド
株主 アステラス
設立 2008/4
 http://www.astellas.com/jp/corporate/news/pdf/080304_1.pdf
能力  
備考 グローバル開発戦略の策定ならびにグローバル臨床開発機能の統括

 

医療用医薬品の開発、製造、販売

社名 Astellas Pharma US, Inc.     
統合前 Fujisawa Healthcare, Inc. Yamanouchi Pharma America, Inc.
場所 Deerfield, Illinois
Deerfield, Illinois Paramus, NJ
株主 (藤沢薬品) (山之内製薬)
設立 1998/4 1993 Yamanouchi U.S.A. Inc.
2001 Yamanouchi Pharma America
能力 新薬事業をFujisawa USA から譲受  
備考    


製剤技術の研究開発・商業化 
 売却 

社名 Astellas Pharma Technologies, Inc. 統合前 Yamanouchi Pharma Technologies, Inc.
場所 オクラホマ州ノーマン
研究所
 カリフォルニア州パロアルト
株主 Astellas US Holding  100%
設立 1999/12
能力  
備考 山之内シャクリーファーマのDDS技術を中心とした事業を継承
Astellasの医薬品の製剤・包装を行うノーマン工場を保有

2016/8/3 Avara Norman Pharmaceutical Services に売却
    (American Industrial Acquisition Corporation の一員として医薬品の受託製造ビジネスを展開)
                    https://www.astellas.com/jp/corporate/news/pdf/160804_Jp.pdf


医療用医薬品の研究

社名 Astellas Research Institute of America LLC 統合前 Fujisawa Research Institute of America, Inc.
場所 Evanston, Illinois
株主 藤沢薬品
設立 1996/8
能力  
備考 Fujisawa USA Inc.の基礎研究を行うラッシュ研究所と臨床研究を目的としたクリニカル リサーチセンターを再編成
基礎研究所をシカゴ市からNorthwestern University Evanston Research Parkへ移転
臨床研究を行うクリニカルリサーチ センターも、シカゴ市郊外へ移転


医療用医薬品の研究

社名 Astellas Research Institute of America LLC     統合前 Fujisawa Research Institute of America, Inc.
場所 Evanston, Illinois
株主 (藤沢薬品)
設立 1996/8
能力  
備考 Fujisawa USA Inc.の基礎研究を行うラッシュ研究所と 臨床研究を目的としたクリニカル リサーチ センターを再編成
 基礎研究所をシカゴ市からNorthwestern University Evanston Research Parkへ移転
 臨床研究を行うクリニカル リサーチ センターも、シカゴ市郊外へ移転

 

医薬品ベンチャー企業に対する投資

社名 Astellas Venture Capital LLC    統合前 Yamanouchi Venture Capital LLC
場所 カリフォルニア州パロアルト
株主 (山之内)
設立 2000/11
能力  
備考  

 

ベンチャー向け投資会社

社名 Astellas Venture Management LLC
場所 Los Altos, CA
株主 アステラス製薬 100%
設立 2005/9
   http://www.astellas.com/jp/corporate/news/detail/post-21.html
能力  
備考 旧山之内製薬と旧藤沢薬品のベンチャー投資機能及び新設の投資組合であるアステラス ベンチャー ファンド I L. P.(Astellas Venture Fund I L. P.)の管理運営、ベンチャー投資事業を一元管理する体制

 

癌領域の抗体医薬を専門とするバイオベンチャー企業

社名 Agensys Inc
場所 カリフォルニア州サンタモニカ
株主 Astellas US Holding 100%
  2007/11/26買収
   http://www.astellas.com/jp/corporate/news/pdf/071127.pdf
設立 1996/9
能力  
備考 UCLA の癌専門医・科学者などが1997 年にUroGenesys, Inc.として業務を開始し、その後、Abgenix 社でXenoMouseRを開発したDr. Jakobovits CSO として加わり、2001 年にAgensys へ社名変更した。

 

医療用医薬品の開発・製造・販売  → 解散

社名 Fujisawa USA, Inc.
場所 Deerfield, Il
株主 藤沢薬品 100%
設立 1990/4
能力  
備考 ①1998 ジェネリック事業をAmerican Pharmaceutical Partners Inc. に売却
  注 ジェネリック事業
    1. ジェネリック製品(含開発中)の製造・販売権
    2. メルローズ・パーク、グランド・アイランド両工場
    3. ジェネリック製剤研究所 

②1998 新薬事業を新設のFujisawa Healthcare売却
③上記
2事業売却後 解散

 

医薬品の開発、研究、製造及び輸出入

社名 Sucampo Pharmaceuticals, Inc.
場所 メリーランド州ベセスダ
株主 アステラス(藤沢薬品
 2002/7
 約8百万ドルの出資
設立 1996
能力  
備考 グループ会社
  アールテック・ウエノ (日本)
  Sucampo Pharma AG
(スイス)

米製薬ベンチャーSucampo Pharmaceuticals、武田薬品との調停申し立て

 

医療用医薬品の開発・販売

社名 American BioScience, Inc.

旧称 VivoRx Pharmaceuticals, Inc.

場所 Santa Monica, Cal
株主 藤沢薬品  1999/6 10百万ドル出資
設立 1994/6
能力  
備考 癌その他の治療領域でマイクロカプセルやキットなどの新規製剤技術を使った医薬品の開発に取り組んでいるベンチャーリサーチ会社
Fujisawa USA Inc.のジェネリック事業を売却したAmerican Pharmaceutical Partners Inc.の親会社

 

 

バイオベンチャー(ミトコンドリア関連疾患領)

社名 Mitobridge, Inc.

旧称 Mitokyne

場所 米国マサチューセッツ州ケンブリッジ
株主 アステラス製薬 100%
 https://www.astellas.com/jp/corporate/news/pdf/jp_fin_option_171201.pdf
 
従来 MPM Capital、Longwood Founders Fund、アステラス製薬 

The Company was founded in October of 2013 with financing from MPM Capital, Longwood Fund, and Astellas Pharma and a shared vision for the promise of mitochondrial-targeted therapeutics.

設立 2011
能力  
備考
買収価額 225百万ドル (アステラス分を除き 165.5百万ドル)
他に 複数のプログラムの進捗に応じ、最大で総額225百万ドル(実際の支払額は、アステラス製薬による持分相当を控除した165.5百万ドル)
 

アステラスとMitobridgeは、いまだ有効な治療法が確立されていないミトコンドリア関連疾患領域において、中枢および末梢神経系障害、骨格筋・心筋障害、視覚・聴覚障害、代謝障害などの治療薬の創出を目指し、共同で研究開発を進めている。

 

 

医薬品の製造販売 → 株式売却

社名 Shire Pharmaceutical Group plc.
場所 本社 英国 ハンプシャー
株主 山之内6.5%
設立 1986
能力  
備考 1992/3 米国Roberts Pharmaceutical Corporationに資本参加
1999/12 
ShireRoberts を合併、株式交換でShire 株式取得
 2000/9 売却(今後の米国事業展開を自社で進める方針)

 

化成品の生産・販売 → 売却

社名  PMP Fermentation Products, Inc.
場所 Peoria, Illinois
株主 扶桑化学  
 2003年12月 アステラス製薬より買収

当初 藤沢薬品 100%

設立 1985/1
能力  
備考 1997年 新工場竣工
  
酸化防止剤「エリソルビン酸ナトリウム」製造


コンシューマー事業  → 2004年 事業売却
 
          (中核事業である医療用医薬品事業に経営資源を集中

売却事業

社名 日本シャクリー Shaklee Corporation INOBYS BEAR CREEK CORPORATION
事業栄養補給食品、パーソナルケア製品等の販売 栄養補給食品の販売及び製造 栄養補給食品の販売及び製造 食品・花卉事業
場所 東京都 Pleasanton,CA Pleasanton,CA Medford,Oregon
株主 山之内製薬 77.73% 山之内製薬100% 山之内製薬100% 山之内製薬100%
設立 1975/5 1956 1999/12 1972/8
売却先

Activated Holdings LLC/RHJ Industrial Partners, LP

Wasserstein & Co., LP
備考 1989買収 1989買収