化学会社の海外進出一覧 三菱化学 北米

 

米国における本社機能

社名 Mitsubishi Chemical Holdings America, Inc.
場所 Whiteplain, NY
株主 三菱ケミカルホールディングス 100%
設立 2010/11/29  
能力  
備考 米国グループ会社のリスク管理及びコンプライアンス体制、内部管理体制に係る管理監督及び指導 

 

米国におけるグループ会社に対する間接部門サービス提供  

社名 MCHA Services, Inc.
場所 Whiteplain, NY
株主 Mitsubishi Chemical Holdings America, Inc. 100%
設立 2010/11/29 
  http://www.chem-t.com/fax/images/tmp_file1_1296709715.pdf
能力  
備考  

 

研究開発

社名 MC Research & Innovation Center, Inc. (MCーRIC)
場所 Goleta, CA
株主 三菱化学
設立  
能力  
備考  

  

三菱化学先端材料研究センター

社名 Mitsubishi Chemical - Center for Advanced Materials(MC-CAM)
場所 カリフォルニア大学サンタバーバラ校
株主  
設立  
能力  
備考 2001年2月
カリフォルニア大学サンタバーバラ校との間で、先端機能材料と固体照明・ディスプレー(Solid State Lighting and Displays)の2分野における包括的・学際的な研究開発提携について基本的に合意
  https://www.m-kagaku.co.jp/newsreleases/2001/20010219-02.html

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

記録メディア

社名 Verbatim Corporation
   
http://www.verbatim.com/
場所 Charlotte, NC
株主 三菱化学 100%
 1990年 買収
設立 1969
能力  
備考 1982 三菱化成とVerbatimが化成バーベイタムを設立

1990 三菱化成がVerbatimを買収
1994 化成バーベイタムを解散し、三菱化成メディアとしてスタート
    (1995 三菱化学メディアと改称)
1998 ノースカロライナ州の2工場を台湾CMCマグネティックスに売却

 

蛍光体、トナー、X線増感紙

社名 USR Optonix Inc.
場所 Hackettstown, New Jersey
株主 三菱化学
設立 1969
能力  
備考  

 

ポリエステルフィルム

社名 Mitsubishi Polyester Film, Inc.

旧称 Mitsubishi Polyester Film, LLC
旧称 Hoechst Diafoil Co.

場所 Greer, SC
株主 三菱化学 100% → 三菱樹脂 100%

当初
Diafoil Film (米国三菱化学 100%) 33.3%
HNA Holding
(Hoechst Celanese) 66.6%

設立 1992       
能力  
備考 1992 Hoechstと日・欧・米にJV
   日:ダイアホイルヘキスト 
  三菱 66.7%/Hoechst 33.3%
   独:Hoechst Diafoil GmbH    同上
   米:上記 Hoechst Diafoil Co.  三菱 33.3%/Hoechst 66.7% 

 1995 インドネシアにPT Bakrie Diafoil設立
   ダイアホイルヘキスト 95.4%、Bakrie 4.6%
   
1998 日欧米の3社のヘキスト持分を三菱が買収
   ダイアホイルヘキストを三菱化学ポリエステルフィルムと改称
   Bakrie Diafoilは三菱化学ポリエステルフィルム子会社

2015/10   ポリエステルフィルム「HOSTAPHAN®」の生産能力増強のための新規設備を導入する事を決定
投資額は約100百万US$で、2017年央の完成

    http://www.mpi.co.jp/news/201510060800.html

 

 

半導体製造用高純度薬品の製造及び販売

社名 Gem Microeletronic Materials L.L.C.
場所 米国テキサス州
株主 テキサス・ウルトラ・ピュア社 40%
  (三菱化学アメリカ社全額出資)
Honeywell International Inc. 60%
設立 2001/4
   http://www.m-kagaku.co.jp/newsreleases/2001/20010409-1.html
能力  
備考  

 

自動車向けポリプロピレンコンパウンド

社名 Mytex Polymers US Corporation

旧称 Mytex Polymer General Partnership

Mytex Polymers de Mexico S.A. de C.V.
場所 Jeffersonville, IN メキシコ ケレタロ市
株主 三菱化学 50% 100%
エクソン 50%
  0%

 2006/6/1 三菱化学100% (シンガポールも)
  http://www.m-kagaku.co.jp/newsreleases/2006/20060510-1.html

Mytex Polymers US Corporation 100%
設立 1987/2 2015/10
能力 25千トン 73千トン 93千トン
                     http://www.pochem.co.jp/jpp/news/20141111_1.pdf
 
備考 シンガポールにMytex Polymer AsiaPacific  

 

オレフィン系熱可塑性エラストマーの製造販売

社名 三菱ケミカルパフォーマンスポリマーズ
場所 サウスカロライナ州
株主 三菱化学 100%
設立  
能力 サーモラン(TPO「オレフィン系熱可塑性エラストマー」)
 4,600トン→9,200トン→11,000トン
備考 第1系列は 非架橋型の「サーモラン」(TPO

増設は加えて、「動的架橋型」熱可塑性エラストマー(
TPV、「サーモラン」)やスチレン系熱可塑性エラストマー(TPS、商品名「ラバロン」)等も製造可能

    https://www.m-kagaku.co.jp/newsreleases/2006/20060529-1.html

増設 (→11000トン、完工 2011/11
   https://www.m-kagaku.co.jp/newsreleases/2011/20110531-1.html

2011/12精算、解散の塩ビコンパウンドJVのTHE SUNPRENE 事業引き継ぎ
  https://www.m-kagaku.co.jp/newsreleases/2011/20111107-1.html

2012年 A. Schulman社Bellevue工場を買収
  https://www.m-kagaku.co.jp/newsreleases/2012/20120820-1.html

 

 

塩ビコンパウンド製造販売 → 解散

社名 THE SUNPRENE CO.
場所 Akron, Ohio
株主 MKV アメリカ 30%
ASI Investments Holdings 70%
   (A. Shulman, Inc. 100%子会社)
設立 1988/10
能力  
備考 2011/12精算、解散
 事業は三菱ケミカルパフォーマンスポリマーズが引き継ぎ
  https://www.m-kagaku.co.jp/newsreleases/2011/20111107-1.html

JV解散後、A. Schulman社Bellevue工場に製造委託

2012年 A. Schulman社Bellevue工場を買収
  https://www.m-kagaku.co.jp/newsreleases/2012/20120820-1.html

 

樹脂コンパウンド事業

社名 Comtrex, LLC
場所 ミシガン州ウォーレン市
株主 三菱化学 100%
 2013/4 Cortran Group より買収
  http://www.m-kagaku.co.jp/newsreleases/2013/20130422-1.html
設立  
能力  
備考 熱可塑性エラストマー・塩ビコンパウンドの製造販売

 

金属樹脂積層板「アルポリック」生産

社名 Mitsubishi Chemical FP America 三菱化学産資アメリカ
場所 バージニア州
株主 三菱化学産資 100%
設立  
能力  
備考 金属樹脂積層板「アルポリック」

2007年4月 能力増強
 
http://www.chem-t.com/cgi-bin/passFile.php?NCODE=21440   

 

リチウムイオン電池用電解液の製造販売

社名 MC Ionic Solutions US, Inc
場所 テネシー州メンフィス市(Lucite の工場内)
株主 三菱化学 100%
設立 2010年
能力 10千トン 2012年夏
備考 http://www.m-kagaku.co.jp/newsreleases/2010/20101025-1.html

英国にも MC Ionic Solutions UK, Ltd.

 

ハードゼラチンカプセルの製造販売、HPMC カプセルの販売及びカプセル充填機、シール機の販売     

社名 Qualicaps, Inc.
 http://www.qualicaps.com/

当初 Shionogi Qualicaps, Inc.

場所 Whitsett, NC
株主 三菱ケミカル

当初 
Shionogi Europe B.V.カーライル・グループ
設立 1992/6
能力  
備考 ほかに
  シオノギクオリカプス株式会社(日本)
  Shionogi Europe B.V.(オランダ)
  Shionogi Qualicaps, S.A (スペイン)

1965年に塩野義製薬と米国イーライ・リリーが50:50の合弁で「日本エランコ」を設立した。
1992年に塩野義100%となり、その後「シオノギクオリカプス」と改称した。
1995年に米国とスペインにカプセル工場を建設した。

2005年10月にThe Carlyle Groupをスポンサーとして、マネジメント・バイアウト(MBO)方式で塩野義製薬から独立した。

2012年12月 三菱ケミカルホールディングス、クオリカプスを買収


塩ビパイプの製造販売 売却

社名 PW Pipe
場所 オレゴン州
株主  
設立  
能力  
備考 1995 三菱化学が買収 100%子会社
1999  同業の米イーグル・パシフィック(ミネソタ州)に売却

 

印刷機材事業  売却

社名 Western Litho Plate and Supply Co.
場所 セントルイス
株主 三菱化学アメリカ 100%
  1987年取得
設立  
能力  
備考 PS版、CTP版、印刷用機器及び薬剤の製造販売

2002年 Lastra S.p.A(イタリア)に売却
   
http://www.m-kagaku.co.jp/newsreleases/2002/20020405-1.html

 

エリスリトール合弁事業  解消

社名 M & C Sweeteners, LLC
場所 米国ネブラスカ州ブレアー(カーギル社工場敷地内)
株主 三菱化学アメリカ 50%
カーギル 50%
設立 1997年
 http://www.m-kagaku.co.jp/newsreleases/1997/19970930-1.html
能力 エリスリトール年産2万トン
備考 2000年合弁解消、撤退
 全額出資子会社の三菱化学フーズ株式会社を通じての日本国内のエリスリトール販売事業は、維持推進
 
http://www.m-kagaku.co.jp/newsreleases/2000/20001117-01.html

 

炭素繊維の製造販売 

社名 SGL Carbon Fibers LLC
場所 ワイオミング州エバンストン
株主 Mitsubishi Rayon Carbon Fiber and Composites 100%

 2017年4月初旬までにSGL Technologies North America から同社の全持分を取得
      https://www.mrc.co.jp/press/detail/pdf/20170110102828.pdf

設立  
能力  
備考