AGCagc

 

2021年319

AGCインドシナ半島クロール・アルカリ事業統合再編決定

AGCは、2021318日開催取締役会において、当社子会社であるインドシナ半島クロールアルカリ事業3社、AGC Chemicals ThailandVinythai Public Company LimitedAGC Chemical Vietnam再編統合2022年前半完了目標実施し、統合新社設立することを決議しましたので、おらせいたします。

 

1.本決定目的

AGC グループは、経営方針AGC plus2.0注力事業のひとつとして、東南アジアにおける化学品クロール・アルカリ事業拡大目指しています。
東南アジア苛性ソーダ塩化ビニル樹脂(PVC)の市場は、年率4%程度成長見込まれています。

当社は、域内伸長する需要着実みと競争力強化目的とし、これまでインドネシアにおける既存拠点生産能力増強や、AGC Chemical (Vietnam)ベトナム)Vinythai タイ)買収により、東南アジアにおけるクロール・アルカリ事業トップポジション確固たるものにしてまいりました。

AGCグループは、本決定じて、統合新社株主であり、タイにおける大手石油メーカーであるPTT Global Chemical Public Company Limited( 「GC社」)との連携深化し、インドシナ半島クロール・アルカリ事業基盤強化なる成長目指します。

2.本決定する手続

本決定する手続きは以下予定しています。

@Vinythaiタイ証券取引所から上場廃止とする旨、Vinythaiにおける株主総会にて承認取得そのGCVinythai普通株式する株式公開買付い、Vinythai上場廃止するきを実施。なお、当社Vinythai上場廃止賛同GCによる本公開買付には応募しません。(→ Vinythai は一旦、GCの子会社とする。)

A上記並行し、当社ACVNACTH子会社とする手続きを実施。 (→ACVNをAGCの子会社とする。)

B @Aの手続完了後、VinythaiACTH統合新社設立 (→VinythaiとACVNを統合し、新社とする。)      (以下「本組織再編」)

C GC新社持分比率最大35%までげる権利ち、GCする第三者割当増資により、これを実施。

     AGC  65%、GC 35%-α

なお、上記のうちBCは、Vinythaiタイ証券取引所から上場廃止となる合併前提条件充足することを条件しています

3.本公開買付について

本公開買付諸条件などにする詳細情報は、タイ法令タイ証券取引所規則づきGCVinythaiタイ公表します。

4.本組織再編について
(1)
設立する会社概要 
   名称
 未
   設立
時期 2022前半予定
   
大株主及持株比率  AGC株式会社65以上予定 PTT Global Chemical Public Company Limited 35-a以下予定  そのa%予定