トップページ

  

染料                             Back

   住友化学  1994/10 ベルギー染色技術サービスセンター設立 

   田岡化学、事業再構築で染料生産を国内に集中

三井化学   2002/8  三井BASF染料(株)の全持株をダイスターグループに譲渡 

富士フイルム アビシア社インクジェットプリンター向けインク染料部門を買収

日本化薬、中国で染料生産能力を3倍増

世界の染料市場

DyStar     

  Ciba and Clariant not interested in Dystar

   Platinum Equity signs agreement to acquire DyStar

  New DyStar facility paves the way for further growth in China


1994/10/17 住友化学

ベルギー染色技術サービスセンター設立
   
http://www.sumitomo-chem.co.jp/japanese/1newsrelease/pdf/19941017.pdf

 

【スミトモ ケミカル ベルギーの概要】
1 .社名   Sumitomo Chemical Belgique S.A.
2 .本社   ブリュッセル
3 .社長   古市公久 Sumitomo Chemical Deutschland 社長が兼務
4 .資本金   54 百万ベルギーフラン
5 .出資者   Sumitomo Chemical Deutschland 100 %
6 .設立   1994 年11 月(予定)
7 .事業内容   各種化学品の製造・販売
     
【スミトモ ケミカル ドイチェラントの概要】
1 .社名   Sumitomo Chemical Deutschland GmbH
2 .本社   デュッセルドルフ
3 .社長   古市公久
4 .資本金   1,500 千独マルク
5 .出資者   住友化学 100 %
6 .設立   1994 年4 月
7 .事業内容   各種化学品の販売
     
【CAPA 社の概要】
1 .社名   CAPA S .A .
2 .本社   ブリュッセル
3 .社長   Miohel Leclerc
4 .事業内容   各種染料、及び染色助剤の販売

住友化学の染料

住友化学の染料は、大正5年(1916)発足の日本染料製造(株)に始まります。
現在では従来のパウダータイプに加えて、染料工場のFA化に対応し、より進化した形態のリキッドおよび顆粒タイプの染料も多く提供し、暮らしに優しい彩りを添えています。


2002/8/5  三井化学

三井BASF染料(株)の全持株をダイスターグループに譲渡
   
http://www.mitsui-chem.co.jp/whats/020805.htm



三井ビーエーエスエフ染料の持分株式を、繊維用染料分野で世界トップのDyStar Textilfarben GmbH & Co. Deutschland KG(ダイスター社)グループに譲渡

MBDは、1974年に、三井化学とBASFジャパンの合弁会社として設立
2000年10月1日に、
ダイスター社がBASFの繊維用染料事業を統合
  
MBDは、ダイスタージャパンと三井化学が50%づつ株式を保有する会社

MBDの株式はダイスタージャパンが100%保有することになります。

三井ビーエーエスエフ染料株式会社の概要
・設  立 : 1974年
・資 本 金 : 10億円(出資:三井化学50%、ダイスタージャパン50%)
・本社所在地 : 大阪府大阪市中央区城見2−2−53
・事業拠点 : 営業/大阪 、 工場/大牟田
・社  長 : ヴォルフガング・アエ
・従業員数 : 64人
・事業内容 : 繊維用分散染料等の製造・販売
・売 上 高 : 73億円(2001年)
   
DyStar Textilfarben GmbH & Co. Deutschland KG
・設  立 : 1995年
・株  主 : バイエル35%、ヘキスト35%、BASF30%
  (注 当初 バイエル50%、ヘキスト50%)
・本社所在地 : ドイツ・フランクフルト市
・事業拠点 : 地域本部/ドイツ・米国・シンガポール、
  生産拠点/世界6ヶ国、10工場
・代表取締役 : CEO/アルフレッド・ラート
・従業員数 : 全世界で約4,000人
・事業内容 : 繊維染料の製造・販売
・売 上 高 : 10.1億ユーロ(2001年)

DyStar

当初  - a 50:50 joint venture between Bayer and Hoechst
       ↓
     
バイエル35%、ヘキスト(→Aventis)35%、BASF30%
       ↓
     Platinum Equity signs agreement to acquire DyStar

 

1999/11/10 Hoechst

BASF, Bayer and Hoechst to combine their textile dyes businesses
 New joint venture planned
  Joint press release issued by Bayer and Hoechst
    http://www.archive.hoechst.com/english/news/99/pm111099_1.html


BASF, Bayer and Hoechst have announced plans to combine their global textile dyes businesses. For this purpose, the textile dyes businesses of BASF and DyStar, a 50:50 joint venture between Bayer and Hoechst, will be integrated. In principle, BASF, Bayer and Hoechst would be equal partners in the expanded company.


August 2000  DyStar

DyStar and BASF: Brussels has given the go-ahead


The European Commission has now given its approval for the amalgamation of the textile dyes business of BASF and DyStar. Preparations for the merger have been completed and the enlarged DyStar Group will start operating on October 1. A press conference will be held on September 28 to introduce the new company's goals and operations.

 


August 22, 2003 Financial Times

Ciba and Clariant not interested in Dystar

Ciba, the Swiss chemicals group, has announced that it is not interested in acquiring Dystar.

Market insiders also claim that Clariant, Switzerland's largest chemicals group, has no intention of buying Dystar.


世界の染料市場  2001/5 韓国LG

  *Yorkshireは米国事業(C&K Witcoより取得)を
  
Dystarに売却

FEBRUARY 2004 Dystar

Acquisition of the textile dyes business of Yorkshire Americas Inc. completed
http://www1.dystar.com/public/news_display.cfm?CFID=55943&CFTOKEN=62644746&jsessionid=c6302426871085785072836&tracker=1&news=136&lang=0044

DyStar has acquired the textile dye inventories and intellectual property of Yorkshire Americas Inc. of Charlotte, North Carolina, USA.

Yorkshire Americas Inc. is part of the Yorkshire Group, which took over the textile dyes business of CK Witco of America in 1999.


2004/5/28 BASF, Bayer and Hoechst/Aventis

Platinum Equity signs agreement to acquire DyStar
BASF, Bayer and Hoechst to divest their holdings
http://www1.dystar.com/public/news_display.cfm?CFID=55943&CFTOKEN=62644746&jsessionid=c6302426871085785072836&tracker=1&news=142&lang=0044

BASF, Bayer and Hoechst today announced that Platinum Equity, a global investment firm based in Los Angeles, California, plans to acquire DyStar, the Frankfurt-based manufacturer of textile dyes. A sales and purchase agreement has been signed with the current owners BASF (30 percent share), Bayer (35 percent share) and Hoechst (35 percent share), a subsidiary of Aventis. According to this agreement, Platinum Equity will acquire 100 percent of the shares of DyStar.


MARCH 2005 DyStar

New DyStar facility paves the way for further growth in China
http://www1.dystar.com/public/news_display.cfm?CFID=414597&CFTOKEN=58676849&jsessionid=c6301940281111098634009&tracker=1&news=169&lang=0044

DyStar is investing around USD 55 million in a new textile dyes facility in Nanjing to extend its production base in China and step up its focus on this key growth market. Situated about 300 kilometres north-west of Shanghai, Nanjing is the capital of Jiangsu Province, a key area for textile production. It will be DyStar


化学工業日報 2005/6/1

田岡化学、事業再構築で染料生産を国内に集中

 田岡化学工業は、企業体質強化に向けもう一段の事業再構築に乗り出す。合成染料事業では、中国・天津の関連会社の出資持分をすべて中国側パートナーに譲渡することで合意、今後生産を日本国内に集中する。また医・農薬中間体などの精密化学品事業では、同社淀川工場(大阪市淀川区)においてプラントの再編に着手、設備新鋭化による生産能力のアップおよび効率化を図る。


平成14年8月6日 田岡化学工業

海外新会社の設立について
http://www.taoka-chem.co.jp/information/info8-6.PDF

 当社(本社大阪市社長土屋広)は精密化学品および機能材製品の競争力強化と事業の拡大、発展を図るため、海外での立地を検討してまいりましたが、今回中国およびインドに生産拠点として新会社を設立することになりました。

1. 中国における新会社
 会社名:田岡(天津)有機化学有限公司
 所在地:天津市「天津市東麗経済開発区」
 資本金:192万USドル(約2.3億円)
 出資者:当社100%出資
 代表者:董事長土屋広(田岡化学社長)
 事業内容:

現在当社淀川工場で生産している電子材料用中間体、記録材料用中間体の一部、主として前工程の生産を移管する。将来は品目の拡充を図り、事業規模を拡大する。
当面の生産規模200トン/年売上高2億円/年

 従業員:25名(操業開始時)
 操業開始:2003年春予定


2005/12/26 富士写真フイルム

ファインケミストリー分野におけるコア技術を活用した材料ビジネスを拡大
富士フイルム インクジェットプリンター向けインク染料メーカーの英国アビシア社を買収
http://www.fujifilm.co.jp/news_r/nrj1455.html

 富士写真フイルム株式会社(社長:古森 重隆、以下富士フイルム)は、インクジェットプリンター向けインク染料のトップメーカーであるAvecia Inkjet Limited(本社:英国マンチェスター、以下アビシア社)を買収することを決定し、このほど買収契約を締結いたしました。買収額は150百万ポンド(約308億円)です。買収の手続き完了は平成18年2月を見込んでおり、富士フイルムはアビシア社を100%子会社として新たにスタートさせます。

 アビシア社は、インクジェットプリンター向けインク染料、顔料などの開発・製造・販売を世界レベルで展開しています。ホーム用インクジェットプリンターの普及に伴い、需要が大幅に拡大しているインク染料、顔料において、その高い性能・品質によりリーディングポジションを得ています。


アビシア社の概要>

創業 : AstraZeneca社のZeneca Specialties事業部を前身に1999年に創立
売上 : 約143億円(2005年12月期見込み)
人員 : 約340名(2005年7月末)
拠点 : 製造工場2箇所(英、米)、研究拠点1箇所(英)


Avecia Ink Jet Printing Materials
http://www.avecia.com/ink_jet/default.htm

Bringing Inkjet Solutions to Life

When Avecia Ink Jet Printing Materials was founded in 1985, inkjet printing was an industry in its infancy. Today it is one of the worlds fastest growing technology sectors - and Avecia remains at the forefront of innovation for ink and colorant development.

Avecia Ink Jet Printing Materials holds a market leading position in the development and supply of desktop / home office colorants and inks.

Inkjet technology is rapidly advancing beyond the home/office environment into a wide range of industrial markets, including commercial print, packaging, electronics and graphic arts. These applications have a highly diverse range of ink, substrate and image quality requirements which demand that ink developers have a wide range of technologies that can rapidly deliver solutions.

Avecia Ink Jet Printing Materials offers a unique combination of critical mass and capabilities.


日本化薬 2006/9/22

日本化薬、中国で染料生産能力を3倍増

 日本化薬は、中国での染料事業を拡大する。現地法人・無錫先進化薬化工有限公司(鈴木範男総経理)で合成染料の新工場を建設、同染料の能力を3倍に引き上げる。すでに着工しており、2007年初頭の完成を目指す。


 日本化薬は日本の合成染料メーカーで先陣を切って中国に進出。繊維用染料を無錫で、製紙用染料を山東省で生産している。無錫先進化薬化工は1996年に設立され、分散染料、反応染料および染色薬剤の生産販売を手掛けている。
現在の生産能力は、分散染料年産2000トン、反応・直接染料同1000トン、染色助剤・薬剤同1000トンなど。

 会社名:無錫先進化薬化工有限公司
 場所  :
江蘇省無錫市
 出資者:日本化薬 80%、トーメン 20%
 能力  :反応性染料 1,000トン/年
 設立  :1996/9