asahi-kurare

 

2016/12/20  旭硝子

旭硝子、CDMO大手 CMC Biologics を買収

旭硝子は、大手バイオ医薬品原薬の開発製造受託企業(CDMO:Contract Development & Manufacturing Organization ) であるCMC Biologics の全株式を約600億円で取得することにつき、主要株主である Monitor Clipper Partners および European Equity Partners を含む全株主との間で株式譲渡契約を締結しました。

CMC Biologics は、動物細胞と微生物を用いたCDMOで、医薬品開発から商業医薬品向けに、プロセス開発。スケールアップおよび商業製造までの高付加価値のサービスを提供しています。約530名の従業員を有し、デンマーク(コペンハーゲン)と米国(シアトルおよびバークレー)の製造拠点をベースにグローバルに事業を展開しています。

当社は、1985年にバイオ事業を発足、2000年初めよりバイオ医薬品製造受託事業を開始し、主に日本で微生物を用いたCMO(Contract Manufacturing Organization)  事業を行ってきました。本年8月に微生物を使ったCDMOであるドイツのBiomevaを買収し、欧州での製造、開発拠点を獲得しました。それに続く今回の買収は、動物細胞を用いたバイオ医薬品製造技術の獲得とその主要市場であるお宇部うの顧客基盤獲得を目的とした、当社のバイオ事業戦略の一環です。