トップページ

  

顔料                                       Back

住化カラー      2006/6 住化カラー、次世代型CCMシステムを開発

大日本インキ化学  2004/11 中国・南通におけるオフセットインキプラントの完成

             2003/2 バイエルの米子会社部門買収完了

             2002/2  バイエル米国子会社の有機顔料事業の買収

             2001/5 有機顔料およびインキ中間体の中国生産計画

東洋インキ製造   2003/10 95億円投じ工場新増設 

             2001/3 川崎化成工業との顔料用原料生産JV解散

日本板硝子     2003/1 光輝性顔料事業で米社と業務提携

メルク         2003/10 東洋アルミニウムと自動車用塗料市場向け顔料を開発

伊藤忠        2004/1 蓄光顔料VBに出資


日刊工業新聞 2003/2/17

大日本インキ、バイエルの米子会社部門買収で顔料事業を強化

米国子会社であるサンケミカルを通じて進めていた独バイエルの米国子会社であるバイエルポリマーの有機顔料事業の買収が完了

 


2003/2/6 Sun Chemical

Sun Chemical Completes Acquisition of Bayer's High Performance Organic Pigment Business
     http://www.sunchemical.com/press_bayerpolymers.html


Sun Chemical Corporation, a $3 billion specialty chemicals company and the world's leading manufacturer of printing inks and organic pigments, today announced the completion of its acquisition of Bayer Polymers LLC's high performance organic pigment business located in Bushy Park, South Carolina.


2002/2/20 大日本インキ化学

バイエル米国子会社の有機顔料事業の買収について
  
http://www.dic.co.jp/release/020220-1.html


100%出資のグラフィックアーツ材料メーカー、米サンケミカルを通じて、独バイエルの米国子会社であるバイエルコーポレーションと、同社の米国における有機顔料事業を買収することでこのほど基本的合意に達しました。

買収の対象はサウスカロライナ州にあるバイエルコーポレーションのBushy Park工場の有機顔料プラント、同工場内の研究所、試験設備、パイロットプラント、営業権および知的財産権などが含まれています。なお、この買収にともない、約180名の人員がサンケミカルに移管されます。


2002/2/19 Sun Chemical

Sun Chemical To Acquire Bayer Corporation's Organic Pigments Plant Located at Bushy Park, South Carolina
   http://www.sunchemical.com/press_bayer.html


Sun Chemical Corporation, the world's leading manufacturer of printing inks and organic pigments, has agreed to purchase Bayer Corporation's organic pigments business, located in Bushy Park, South Carolina. Pending approval by regulatory groups, transfer of ownership is expected April 1, 2002.


2001/5/21 大日本インキ化学

有機顔料およびインキ中間体の中国生産計画について
     
http://www.dic.co.jp/release/010521-1.html

 

このたびの計画は、顔料の製造に適した良質な水が確保できる中国江蘇省南通市に新会社「南通迪愛生色料有限公司」(Nangton DIC Colour Ltd.)を資本金2,070万USドル(邦貨約24億円)で本年7月に設立するものです。

なお有機顔料は、チバ・スペシャリティ、クラリアント、BASFなど世界の大手化学メーカーが参入しており、当社は日本(鹿島工場)、米国(サンケミカル社)、デンマーク(サンケミカルA/S社)、インド(スダルシャン社、当社29%出資)の世界4極に生産拠点を持ち、世界市場の約28%を占めています。


2004 年11 月17 日 大日本インキ化学工業

中国・南通におけるオフセットインキプラントの完成について
http://www.dic.co.jp/release/041117-1.pdf

 大日本インキ化学工業株式会社(本社:東京都中央区、社長:小江紘司)は、中国・江蘇省南通市にある100%子会社、南通迪愛生色料有限公司(Nantong DIC Color Co., Ltd.)において、第二期工事が完工したことから、本日、同地において竣工式を行います。第二期では、印刷インキ用ワニスおよびオフセットインキのプラントを新設するとともに、有機顔料およびインキ中間体については生産能力の増強を図っています。

 このたびの新増設は、中国における高品質の印刷インキへの旺盛な需要に対応するとともに、アジア地域への製品供給を担うために行ったものです。オフセットインキの生産能力は
年産11,000 トンで、ワニスの新設分および有機顔料・インキ中間体の増設分は自家消費に充当します。これにより南通迪愛生色料は、印刷インキの主原料である有機顔料・ワニスから、最終製品である印刷インキまでを一貫生産する体制を確立したこととなります。


2001/3/16 東洋インキ製造

▼川崎化成工業株式会社との合弁契約解消並びに合弁会社の解散(清算)に関するお知らせ
     
 http://www.toyoink.co.jp/news/2001/01031601.html

川崎化成工業との顔料用原料生産事業(合弁会社東洋化成工業)に関する合弁契約の解消を行うことを決議

東洋化成工業株式会社の概要

所 在 地 : 神奈川県川崎市川崎区千鳥町1−2
代 表 者 : 代表取締役社長  永島 陸郎
: 代表取締役副社長 庄田 悦久
設立年月日 : 昭和46年8月20日
資 本 金 : 1億円
株主構成 : 川崎化成工業株式会社    50%
: 東洋インキ製造株式会社   50%

* 川崎化成  三菱化学グループ

 

 


日刊工業新聞 2003/1/24

日本板硝子、光輝性顔料事業で米社と業務提携

パール顔料の世界2大メーカーの一つ、米エンゲルハード社(本社ニュージャージー州)と進めていた光輝性顔料の業務提携が基本合意に達したと発表


2003/10/16 メルク

メルク(株)、東洋アルミニウム(株)と共同で新規顔料を開発
   
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=57298


メルクは、東洋アルミニウムとの共同開発計画に基づき、新規意匠性顔料の開発に努めてきたが、その第一段として、主として自動車用塗料市場向けに、アルミニウムフレークに酸化鉄を被膜した赤みのオレンジ色のパール顔料を市場投入する方向で調整にはいった。年内に日米欧にてサンプル出荷の予定。


日本経済新聞 2004/1/7

蓄光顔料VBに伊藤忠が出資

伊藤忠商事は運営している中小企業育成ファンドを通じ、蓄光顔料の專門メーカー、イージーブライト(大阪府寝屋川市)に1億円を出資した。出資比率は25.7%。グループの伊藤忠建材、伊藤忠プラスチックスなどと連携して顔料の用途開発や販路開拓を進め、企業価値を高める。


イージーブライト株式会社   http://www.ez-bright.co.jp/

設   立   平成12年3月10日
資 本 金   55,550,000円
事業内容   蓄光顔料の製造、販売及びアプリケーション開発
本   社   大阪府寝屋川市石津南町13−14  イージーブライトビル
     
会社沿革   1997年 発光体アプリケーションの試作開始
1998年 発光体顔料の研究、試作開始
2000年 イージーブライト株式会社法人設立
2000年 中国江蘇省に直営工場設立

蓄光顔料

弊社の開発した蓄光顔料は、各種材料に無機顔料を添加させ用途に適した諸物性を発揮しています。この蓄光顔料は、これまでの製品と比較して大幅に性能を上げ、初期発光輝度が数倍高く、その残光時間は8〜12時間以上にも延び、物性強度・耐候性にも優れています。従来の蓄光顔料の多くは、水や湿気と反応して急速に性能を落とすために利用用途が限定されていましたが、当社開発の蓄光顔料はそういった問題を見事に解決しています。
また、弊社蓄光顔料は、製造工程でのロスを最小限に抑えた結果、他社の蓄光顔料より安価に市場への供給が可能です。そのうえ粒径を円滑化することによって、分散性を高めているので各種樹脂や材料に練りこみ易く、その応用製品は、屋内・屋外を問わずあらゆる生活空間で無限の可能性を秘めています。