化学会社の海外進出一覧 AGC
旧称 旭硝子
米国

 

北米地域統括

社名 Asahi Glass America Inc.
場所 Charlotte, NC
株主 旭硝子
設立  
能力  
備考 2012/11、ソーラー用カバーガラスの収益性改善を図るため、AGC Flatglass North America キングスポート工場(米国テネシー州)の閉鎖を決定
  http://www.agc.com/news/2012/1108.pdf

 

金融業務

社名 AGA Capital Inc.
場所 Charlotte NC
株主 旭硝子
設立  
能力  
備考  

 

化学品の販売

社名 AGA Chemicals, Inc.
場所 Charlotte NC
株主 旭硝子
設立  
能力  
備考  

 

天然ソ−ダ灰の販売

社名 AG Soda Corp.
場所 Charlotte NC
株主 旭硝子 100%
設立  
能力  
備考  

 

天然ソーダ灰の製造

社名 Solvay Soda Ash Joint Venture
場所 ワイオミング州グリーンリバー
株主 ソルベー・ミネラル社(ソルベー社100%子会社) 80%
AGソーダ 20%
設立 1990
能力 230万トン→300 ~350万トン
  
http://www.agc.co.jp/news/1996/0514.html
備考 旭硝子 20%引取

 

PTFE等フッ素樹脂のコンパウンド及び加工 (PTFE樹脂の製造停止)

社名 AGCケミカルズ・アメリカ

旧称 Asahi Glass Fluoropolymers USA,Inc.

場所 ベイヨン工場(ニュージャージー州ベイヨン ) PTFE樹脂 製造 →2007/12で停止、閉鎖
ソーンデイル工場(
ペンシルバニア州ダウニングタウン )  フッ素樹脂のコンパウンド及び加工          
株主 1999/9 米国、英国のICIの事業を買収
 
http://www.agc.co.jp/news/1999/1201.html
設立  
能力  
備考 日本のICI とのPTFE樹脂事業合弁
 
1981設立 
旭アイシーアイフロロポリマーズ (旭硝子 50%/ ICI 50%)
   
1999/1  合弁解消、旭硝子 100% 旭硝子フロロポリマーズ
    
http://www.agc.co.jp/news/1998/1124.html

ベイヨン工場で行っているフッ素化学品生産を07年12月末限りで停止し、同工場を閉鎖
    
http://www.chem-t.com/cgi-bin/passFile.php?NCODE=22345

 
 

高純度SiC(炭化珪素)部材〔商品名:ロイセラム-HSの製造

社名 AGPR, Inc.
場所 オレゴン州
株主 AG Electronic Materials, Inc(下記) 60%
太平洋ランダム 40%
設立 1996
能力  
備考 原料のSiCは、日本の太平洋ランダムより供給
製品を
AG Electronic Materials, Inc.を通して販売
 
http://www.agc.co.jp/news/1996/0508.html

 

SiC等の半導体装置部材の販売

社名 AG Electronic Materials, Inc.
場所 オレゴン州
株主 旭硝子 100%
設立 1996
能力  
備考  

 

ナノ構造形成技術開発及び応用製品開発

社名 Rolith, Inc.
場所 カリフォルニア州 プレザントン
株主 535万ドル
 2012/4 AGC アメリカ 200万ドル投資
     http://www.agc.com/news/2012/0404.pdf
設立 2008年
能力  
備考  

 

バイオ医薬品原薬の開発製造受託企業(CDMO:Contract Development & Manufacturing Organization )

社名 AGC Biologics   日米欧の事業を統合
    http://www.agc.com/news/detail/1196453_2148.html

 旧称 CMC Biologics

場所 本社 シアトル

 

旧本社 デンマーク(コペンハーゲン)

製造拠点
 
デンマーク(コペンハーゲン)
 米国(シアトルおよびバークレー)

株主 旭硝子
 2016/12 Monitor Clipper Partners および European Equity Partners を含む全株主との間で株式譲渡契約を締結(約600億円で取得)
  http://www.agc.com/news/20161220.pdf
設立  
能力  
備考 動物細胞と微生物を用いたCDMO
医薬品開発から商業医薬品向けに、プロセス開発、スケールアップおよび商業製造までの高付加価値のサービスを提供

 database

2017/9/25  シングルユース仕様の2,000リットル動物細胞培養槽を5基増設    ( 2,000リットル→最大12,000リットル
  http://www.agc.com/news/detail/1195904_2148.html

2018/1/9 日米欧の事業を統合、米国を拠点
 
  従来は
AGC旭硝子が日本・アジア地域、Biomevaが欧州地域、CMC Biologicsが北南米・欧州地域を中心に活動する3極運営体制。
  これを統合し、米国を拠点。
  CMC Biologics、Biomeva GmbHの社名をAGC Biologics社に統一
    http://www.agc.com/news/detail/1196453_2148.html
 

 

プリント基板材料であるCCL(Copper Clad Laminate、銅張積層板)の開発および製造

社名 Park Electrochemical のエレクトロニクス事業
場所 ニューヨーク州
株主 AGC 2018/7 エレクトロニクス事業を買収(約160億円)
  
http://www.agc.com/news/detail/1197406_2148.html

Park  Electrochemical は残るAerospace Businessを保有し、存続
  https://parkelectro.com/press-releases/park-electrochemical-announces-agreement-to-sell-its-electronics-business-to-agc-inc/

 

設立 1954年
能力  
備考