化学会社の海外進出一覧 旭硝子 欧州

 

化学品の販売、カラーブラウン管用ガラスバルブ営業・テクニカルサービス

社名 Asahi Glass Europe B.V.
場所 Amsterdam,Netherlands
株主 旭硝子
設立  
能力  
備考  


PTFE樹脂の製造

社名 AGCケミカルズ・ヨーロッパ

旧称 旭硝子フロロポリマーズU.K

場所 英国ランカシャー州ソーントン・クレバリーズ
株主 AGCケミカルズアメリカ(株) 100%
設立 1999/9
  米国、英国のICIの事業を買収
能力
フッ素樹脂「フルオン(R)ETFE」の生産設備新設 2006/1着工、2007/1完工
備考 1999/1 日本のPTFE樹脂事業合弁(ICIフロロポリマーズ 1981設立 旭硝子 50%/ICI 50%を解消、
旭硝子 100%(
旭硝子フロロポリマーズ)
その後、吸収合併

 

フッ素系医農薬中間体

社名 F2 Chemicals Ltd.
場所 英国ランカシャ−州プレストン
株主 当初 BNFL(英国核燃料会社) 100%

2000年買収
旭硝子 51%
三菱商事グループ 49%(三菱商事 34%、ミテニ 15%)
設立 1992 
能力  
備考 F2ケミカルズの技術の特徴
  ・フッ化コバルトを用いるフッ素化技術
  ・選択的直接フッ素化技術(SDF=Selective Direct Fluorination)
 

ミテニ MITENI S.p.A
  本社:イタリア ミラノ市
  三菱商事 90%
  フッ素系ファインケミカルズ、フルオロカーボン類の製造・販売

 

微生物を用いた生物製剤原薬及び医療向けタンパク質の開発・製造受託サービス

社名 Biomeva GmbH
場所 ドイツ ハイデルベルグ
株主 旭硝子 100%
  2016年8月、Biomeva Holdingより買収
  http://www.agc.com/news/20160906.pdf
設立 1983
能力  
備考 開発製造受託企業(CDMO:Contract Development & Manufacturing Organization )
欧州での製造、開発拠点を獲得

 

旭硝子は、1985年にバイオ事業を発足、2000年初めよりバイオ医薬品製造受託事業を開始し、主に日本で微生物を用いたCMO(Contract Manufacturing Organization)  事業を行ってきた。

 

バイオ医薬品原薬の開発製造受託企業(CDMO:Contract Development & Manufacturing Organization )

社名 CMC Biologics
場所 本社 デンマーク(コペンハーゲン)

製造拠点
 
デンマーク(コペンハーゲン)
 米国(シアトルおよびバークレー)

株主 旭硝子
 2016/12 Monitor Clipper Partners および European Equity Partners を含む全株主との間で株式譲渡契約を締結(約600億円で取得)
  http://www.agc.com/news/20161220.pdf
設立  
能力  
備考 動物細胞と微生物を用いたCDMO
医薬品開発から商業医薬品向けに、プロセス開発、スケールアップおよび商業製造までの高付加価値のサービスを提供

 database