化学会社の海外進出一覧 AGC (旭硝子 欧州

 

化学品の販売、カラーブラウン管用ガラスバルブ営業・テクニカルサービス

社名 Asahi Glass Europe B.V.
場所 Amsterdam,Netherlands
株主 旭硝子
設立  
能力  
備考  


PTFE樹脂の製造

社名 AGCケミカルズ・ヨーロッパ

旧称 旭硝子フロロポリマーズU.K

場所 英国ランカシャー州ソーントン・クレバリーズ
株主 AGCケミカルズアメリカ(株) 100%
設立 1999/9
  米国、英国のICIの事業を買収
能力
フッ素樹脂「フルオン(R)ETFE」の生産設備新設 2006/1着工、2007/1完工
備考 1999/1 日本のPTFE樹脂事業合弁(ICIフロロポリマーズ 1981設立 旭硝子 50%/ICI 50%を解消、
旭硝子 100%(
旭硝子フロロポリマーズ)
その後、吸収合併

 

フッ素系医農薬中間体

社名 F2 Chemicals Ltd.
場所 英国ランカシャ−州プレストン
株主 当初 BNFL(英国核燃料会社) 100%

2000年買収
旭硝子 51%
三菱商事グループ 49%(三菱商事 34%、ミテニ 15%)
設立 1992 
能力  
備考 F2ケミカルズの技術の特徴
  ・フッ化コバルトを用いるフッ素化技術
  ・選択的直接フッ素化技術(SDF=Selective Direct Fluorination)
 

ミテニ MITENI S.p.A
  本社:イタリア ミラノ市
  三菱商事 90%
  フッ素系ファインケミカルズ、フルオロカーボン類の製造・販売

 

微生物を用いた生物製剤原薬及び医療向けタンパク質の開発・製造受託サービス

社名 AGC Biologics                            米国本社
    http://www.agc.com/news/detail/1196453_2148.html

 旧称 Biomeva GmbH

場所 ドイツ ハイデルベルグ
株主 旭硝子 100%
  2016年8月、Biomeva Holdingより買収
  http://www.agc.com/news/20160906.pdf
設立 1983
能力  
備考 開発製造受託企業(CDMO:Contract Development & Manufacturing Organization )
欧州での製造、開発拠点を獲得

2018/1/9 日米欧の事業を統合、米国を拠点
 
  従来は
AGC旭硝子が日本・アジア地域、Biomevaが欧州地域、CMC Biologicsが北南米・欧州地域を中心に活動する3極運営体制。
  これを統合し、米国を拠点。
  CMC Biologics、Biomeva GmbHの社名をAGC Biologics社に統一

    http://www.agc.com/news/detail/1196453_2148.html

 

2019/11/11   米国および欧州生産拠点の設備増強を決定  

米国シアトル工場に500リットル動物細胞バイオリアクターを1基増設
欧州コペンハーゲン工場では精製ラインを新設
総投資額は約20億円を見込んでおり、米国設備の稼働は2020年4月、欧州設備の稼働は同年10月を予定

https://www.agc.com/news/detail/1200056_2148.html

 

2020/11/7  デンマーク拠点の現施設の隣接地を購入し、工場棟とオフィス棟から成る新社屋を建設
                   シングルユース仕様の2,000リットル動物細胞培養槽を増設  本増強の総投資額は約200億円、稼働開始は2023年を予定

   https://www.agc.com/news/detail/1201710_2148.html

 

 

 

バイオ医薬品原薬の開発製造受託企業(CDMO:Contract Development & Manufacturing Organization )

社名 AGC Biologics  
    http://www.agc.com/news/detail/1196453_2148.html
 

 旧称 CMC Biologics

場所 本社 デンマーク(コペンハーゲン)→ 米国シアトル

製造拠点
 
デンマーク(コペンハーゲン)
 米国(シアトルおよびバークレー)

株主 旭硝子
 2016/12 Monitor Clipper Partners および European Equity Partners を含む全株主との間で株式譲渡契約を締結(約600億円で取得)
  http://www.agc.com/news/20161220.pdf
設立  
能力  
備考 動物細胞と微生物を用いたCDMO
医薬品開発から商業医薬品向けに、プロセス開発、スケールアップおよび商業製造までの高付加価値のサービスを提供

 database

2017/9/25  シングルユース仕様の2,000リットル動物細胞培養槽を5基増設    ( 2,000リットル→最大12,000リットル
  http://www.agc.com/news/detail/1195904_2148.html

2018/1/9 日米欧の事業を統合、米国を拠点
 
  従来は
AGC旭硝子が日本・アジア地域、Biomevaが欧州地域、CMC Biologicsが北南米・欧州地域を中心に活動する3極運営体制。
  これを統合し、米国を拠点。
  CMC Biologics、Biomeva GmbHの社名をAGC Biologics社に統一
    http://www.agc.com/news/detail/1196453_2148.html

 

 

 

合成医薬品原薬の製造・販売 

社名 AGC Pharma Chemicals Europe
   2019/10 改称

旧社名 Malgrat Pharma Chemicals, S.L.U.

場所 スペイン王国 カタルーニャ州
株主 AGC 100%
  2018/12 ドイツBoehringer Ingelheimとの間で同社子会社の株式譲渡契約を締結
    http://www.agc.com/news/detail/1198403_2148.html

  2019/3 買収完了
    http://www.agc.com/news/detail/1198908_2148.html

設立 2018年(製造工場として1961年から操業開始)
能力 2020/4 増強決定
 既存の製造設備を改修し生産能力を1.3倍に増強(2022年5月より稼働を開始)すると共に、研究開発施設を新設(2021年3月)

https://www.agc.com/news/detail/1200615_2148.html  

備考 cGMPに対応した合成医薬品原薬の製造において長い歴史と豊富な実績を持つ。
独自のフッ素技術と、自社創薬を含む豊富な経験を持つAGCにMPCを加えることで、欧州で合成医薬品中間体から原薬まで一貫して生産できる体制を構築

 

遺伝子/細胞治療 創薬・CDMO 

社名 Molecular Medicine S.p.A.
場所 イタリア ミラノ
株主 AGC、2020/3 全発行済普通株式取得を目指しTOB

筆頭株主であるFininvest社(発行済株式の23.13%を保有)が同意

https://www.agc.com/news/detail/1200558_2148.html

当局が承認 買付期間は、2020年6月1日午前8時30分から、2020年7月24日午後5時30分まで

2020/7  TOB 完了
  https://www.agc.com/news/detail/1201154_2148.html

設立 1996年
能力  
備考 遺伝子・細胞治療の研究・開発・製造を行うバイオ医薬品分野の企業。

細胞加工・ベクター製造のプラットフォーム技術を有し、バイオベンチャーから大手バイオ医薬品製薬会社に至るまで様々な客にGMP対応の遺伝子・細胞治療CDMOサービスも提供。