古河電工 光ファイバー

 

1999/1/29 「JDSファイテル社」が米国の光発光部品製造販売会社「ユニフェイズ社」と対等合併することを承認

1999/2/9  古河電、米社株を売却  含み益なお1兆5000億円 放出は保有分の6%

2000/10/17 会社研究 古河電工 次世代光通信軸に急成長

2001/7/24  米国ルーセント・テクノロジーの光ファイバ・ケーブル部門を27.5億ドルで買収

2001/11/16 米国ルーセント社光ファイバ部門買収契約の修正と買収後の運営形態について

2006/2/24  古河電工 さらば「光の巨人」

 


1999年1月29日 古河電工

カナダの光受動部品製造販売子会社「JDSファイテル社」が米国の光発光部品製造販売会社「ユニフェイズ社」と対等合併することを承認http://www.furukawa.co.jp/what/juc.htm

 古河電工は、
52%の株式を保有するカナダの光受動部品製造販売子会社「JDSファイテル社」(JDS Fitel Inc.、本社:カナダオンタリオ州オタワ、最高経営責任者:ジョセフ・ストラウス氏、資本金:1億6,800万カナダドル、売上高2億2,720万カナダドル、経常利益7,560万カナダドル)が、米国の光発光部品製造販売会社「ユニフェイズ社」(Uniphase Corporation、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、最高経営責任者:ケビン・カルコーベン氏、資本金:3億740万米ドル、売上高1億7,580万米ドル、経常利益2,980万米ドル)と対等合併することを承認した。

 合併は諸手続きを経たのちの今春を予定しており、合併後の社名は
JDS ユニフェイズ社(JDS Uniphase Corporation)となる。なる。

 JDSファイテル社は、
光通信システム、特にWDMシステム(光多重伝送システム)を構築するのに重要な光受動部品の製造販売会社で、システムの最も重要な部品である光増幅器も手がける世界トップクラスのメーカーである。

 

 なお今回の合併により、古河電工は新会社
JDS ユニフェイズ社の26%の株式を保有する筆頭株主となるが、持株比率50%超の子会社JDSファイテル社が、持株比率50%以下の関連会社JDS ユニフェイズ社となるこの機会に、JDSファイテル社の株式を一部売却し、投資の回収を行う予定である。今回の株式売却後も、古河電工は新会社JDS ユニフェイズ社の20%以上の株式を保有する筆頭株主として、影響力を保持する。


日本経済新聞  99/2/9

古河電、米社株を売却 
 含み益なお1兆5000億円 放出は保有分の6%

 古河電気工業は8日、カナダの100%子会社が保有する米国企業株を先物取引契約で今年8月に売却するのに伴い、2001年3月期に約千億円の売却益が発生する見通しだと発表した。急成長を続ける光通信関連部品大手JDSユニフェイズ(JDSU:JDS Uniphase Corporation)の株式で、手放すのは保有株の6%分のみ。古河電には
売却後も約1兆5千億円の巨額の含み益が残ることになる。
 
 JDSU株の持ち株比率は現在18.33%で、売却後は
17.20%程度に低下するが、引き続き筆頭株主となる見込み。


JDS Uniphase, a world leader in optical technology, was formed in 1999 with the merger of JDS Fitel (known for its passive optical components) and Uniphase Corporation (known for its active components and lasers). The company grew rapidly to meet the high market demand for fiber optic technology, leading the fiber optics component industry by offering the broadest portfolio of products and achieving revenues at the height of the telecommunications boom of over $1B per quarter. Although its innovative technology provided solutions in laser, optics and display, decorative, and brand authentication markets, the JDS Uniphase brand became best known for fiber optic communications components.


日本経済新聞 2000/10/17

会社研究 古河電工 次世代光通信軸に急成長
 WDMに集中投資継続 巨額の含み益 効率活用課題


  買いの材料となったのがWDM事業。
WDMは1本の光ファイバーに複数の波長を伝えるシステムで、情報伝達量が数十倍に増える。市場規模は8千億円前後と見られ、年率40−50%の成長が続く可能性が高い。 古河電はWDMの効率化に欠かせない主要部品で主導権を握った。ファイバー内で減衰する光信号を増幅する「1480ナノメートル帯励起レーザー」で、世界の約70%のシェアを確保した模様。他社に先駆けて10年前に開発に着手、世界最高出力を達成するなど技術面で先行している。
 古河潤之助社長は「
WDMに経営資源のほとんどを集中する」と強調、2001年3月期も100億円以上を投じて生産設備の増強を続ける。WDM分野では国内トップの座を確保、世界でも最大手の米JDSユニフェイズ(JDSU)などを追撃している。


2001/7/24 古河電工

米国ルーセント・テクノロジーの光ファイバ・ケーブル部門を27.5億ドルで買収
―米国コーニングに次ぎ世界シェア2位に、全世界規模の特許権を継承―
http://www.furukawa.co.jp/what/lucent010724.htm

 古河電工は、日本時間2001年7月24日、ルーセント・テクノロジー社(以下ルーセント)から光ファイバ・ケーブル部門(以下OFS)を買収することについて、ルーセントと合意に達し、買収契約書にサインを行った。買収価格は27.5億ドル。当社は光ファイバ・ケーブル分野で世界規模の特許使用権を継承し、世界シェア2位となる。

 ルーセントOFSは、1996年に米国AT&Tから分離・独立したルーセントの一事業部門で、各種光ファイバ・ケーブル、DWDM用光部品に使われるスペシャルティファイバ、その他光コネクタ・部品を世界的規模で製造・販売しており、2000年度(9月決算)の売上高は19.25億ドルで推定世界シェア2位。同4位の古河電工は、1992年から米国でルーセントと光ファイバ・ケーブル製造の合弁会社を共同運営するなど、良好な関係を維持してきた。
OFSを買収後、光ファイバ・ケーブル事業は米国コムスコープ社と合弁会社を設立して運営、DWDM用スペシャルティファイバ事業については、自主運営していく予定である。新会社の商号、代表者、資本比率、日程、見通し等は未定。

<ルーセント・テクノロジー社OFS部門の概要>
Optical Fiber Solution of Lucent Technologies

・ 本部機能 Headquarter  ルーセント・ジョージア州アトランタ工場内 Atlanta(GA)
・ 部門長 President Denys Gounot
・ 売上高 Sales 19.25億ドル $1.925B(2000年9月期実績)
・ 従業員数 Employees 6,300
・ 設立年  Incorporated in 1996(founded in 1869)
・ 拠点 Locations Norcross(GA),Sturbridge(MA),Denmark,Germany,Brazil,Russia等11ヶ所
・ ホームページ Website http://www.lucent.com

<コムスコープ社の概要>
Commscope,Inc.

・ 所在地 Headoffice 1375 Lenoir Rhyne Boulevard,SE Hickory,NC 28603-0339
・ 会長兼最高経営責任[email protected]&CEO Frank M. Drendel
・ 社長兼最高業務執行担当責任[email protected]&COO Brian D. Garrett
・ 事[email protected] ケーブルテレビ用同軸ケーブル等の設計製造・販売
      designing and manufacturing of coaxial cables for cable television
・ 売上高 Sales 9.5億ドル $950M(2000年12月期)
・ 総資産 Total Assets 7.2億ドル $720M(同)
・ 従業員数 Employees 4,000
・ 設立年 Incorporated in1997
・ ニューヨーク証券取引所上場 NYSE Symbol:CTV
・ ホームページ Website http://www.commscope.com

<古河電気工業の概要>
Furukawa Electric Co.,Ltd.

・ 所在地 Headoffice 東京都千代田区丸の内2-6-1 6-1,2-chome,chiyoda-ku,Tokyo
・ 社長 President Junnosuke Furukawa
・ 売上高 Sales 8270億円 \827B(2001年3月期連結)
・ 従業員数 Employees 23000
・ 設立年 Incorporated in 1920 (founded in 1884)
・ 光関連拠点 Locations  千葉、三重 Chiba, Mie
・ 光関連売上 2190億円 \219B(2001年3月期グループ合計)

<買収後の運営形態> 

<世界主要光ファイバー・ケーブルメーカーのシェア(当社推定)>


2001年11月16日 古河電工

米国ルーセント社光ファイバ部門買収契約の修正と買収後の運営形態について
http://www.furukawa.co.jp/what/lucent011116.htm

出資金額の変更

    当初合意   最終出資金額
古河電工   18.75億ドル 21.27億ドル
コムスコープ    6.50億ドル  1.73億ドル
  25.25億ドル 23.00億ドル
(ルーセント中国分は除く)
         

今後の運営形態



各新会社の概要
Fitel USA Corporation
 President : 佐藤 修(古河電工取締役米国光事業推進室長)
 資本金:10億6千万米ドル 所在地:Norcross, Georgia, U.S.A.

OFS Fitel, LLC
 Chairman : 大久保 勝彦(非常勤、古河電工専務取締役)
 President& CEO : Marvin S. Edwards,Jr.
 資本金:13億6千万米ドル 所在地:Norcross, Georgia, U.S.A.

OFS BrightWave, LLC
 Chairman : 大久保 勝彦(同上)
 President& CEO : Marvin S. Edwards,Jr.
 資本金:9億4千万米ドル 所在地:Norcross, Georgia, U.S.A.


日本経済新聞 2006/2/24

古河電工 さらば「光の巨人」
  バランス経営に軸足移行

 かつて「光(ファイバー)の巨人」と呼ばれた古河電気工業が、同分野を最優先した一本足経営に別れを告げようとしている。浮沈の激しいIT(情報技術)分野で一発長打を狙うのではなく、軽金属など素材関連を軸に主力5部門で着実に利益を稼ぐ企業へ変貌しつつある。

■確実性の高い買収案件発掘
 古河電は2005年12月、ドイツで自動車のプラスチック内装材を手掛ける
化学品加工会社トロセレンを買収した。「労働争議の不安はないか」「他社との長期契約の残りは」。経営幹部らは休日返上で投資の回収可能性を検証した。
 

■情報通信部門で巨額赤字
 00年前後には、光通信バブルに沸いた情報通信部門に経営資源を集中。03年までの3年間で設備投資総額の6割に当たる900億円をつぎ込んだ。当時、同部門は1カ月で経常利益40億円を稼いだ。だが、北米通信不況の直撃で事態は一変。
巨額赤字を計上した02年3月期を境に生産規模を縮小、リストラに追い込まれた。

連結当期損益
 2001/3 +167,392百万円
 2002/3  - 3,384
 2003/3 -114,026

 同部門の屋台骨を支えるはずだったOFS社は、買収後05年12月期まで4期連続で営業赤字を計上し、債務超過が続く。回収が滞っている貸付金700億円については債務の株式化(デット・エクイティ・スワップ)を軸に検討しているが、財務が改善しても収益力回復の道筋は不透明だ。