日本とアジアの石油化学の現状その他を、各社のホームページや新聞雑誌情報を基にまとめ
た個人のデータベースです。

 他のページへ  更新情報 日本の石油化学(トップ) その他化学及び周辺業界 アジアの石油化学  欧米の大企業 

                                     連絡先 knak@js2.so-net.ne.jp          

         

石油精製  

 資料   メタンハイドレート

       

     出光興産、インドネシア石炭会社の株式取得

       コスモ石油 アスファルト流出事故

     Shale gas 開発

               北極海 石油開発レース

            World Oil Supply More Diverse            Mr. O

       BP statistical review of world energy 2008  

   ナブッコパイプラインNabucco Pipeline

   ロシア サハリンーウラジオ間ガスパイプライン着工

   サハリンプロジェクト(サハリン1、2)  

   中東・中央アジア諸国の原油・天然ガス輸出パイプライン計画  BTC   

   Oil and Gas Pipeline Infrastructure in the Former Soviet Union

   アルバータ州のオイルサンド   

   サトウキビからのバイオエタノール   

   東シベリアで油田権益 日ロ共同開発合意へ                

 業界     石油備蓄 備蓄基地   石油無機起源説  東シナ海ガス田

 米国MTBE問題   エタノール   アラビア石油   Standard Oil と BP  

 アブダビ   アブダビ 油田権益を20年延長 新規鉱区付与も検討

再編

第1波 1985 昭和シェル石油発足
     1986 コスモ石油発足

第2波 1999 日本石油と三菱石油が合併、日石三菱に
     2000 東燃とゼネラル石油が合併、東燃ゼネラル石油に
     2002 エッソ石油とモービル石油が合併、エクソンモービルに

第3波 2007 アブダビ首長国の投資機関がコスモ石油筆頭株主に
     2008 新日石が九州石油を吸収合併     

 ニュース

2015/3   南西石油、精製中止へ
2014/6   下記で更なる覚書締結
2013/10   コスモ石油千葉製油所と極東石油工業千葉製油所の共同事業検討に関する覚書締結
2013/9   東燃ゼネラル、三井石油を買収へ
2012/12   東シベリア原油パイプラインが全線で稼働
    JX日鉱日石エネルギーに対する高圧ガス保安法に基づく行政処分
2012/11   出光興産、インドネシア石炭会社の株式取得
2012/3   Inpex、豪 Prelude FLNG Project権益をShellから取得
2012/3   JX日鉱日石エネルギー、カナダでXstrata Coalと原料炭合弁事業
2012/1   東燃ゼネラル石油、エクソンモービル有限会社の持分取得、ExxonMobilとの新たな提携関係に移行
2012/1   オーストラリア イクシスLNGプロジェクト 最終投資決定
2012/1   米エクソン、日本事業を縮小 東燃ゼネ株3割超売却
2011/12   米国のイラン制裁法案、原油取引に影響
2010/10   エクソン、ガソリンスタンド売却へ   誤報
2010/8   三菱商事、カナダPenn West Energy Trust のシェールガス開発プロジェクトへの参画
2010/7   エネルギー供給構造高度化法で重質油利用促す新基準 石油業界の再編圧力に
2010/6   JX、 ペトロベトナムの製油所増設計画に参加
    エネ庁とサウジアラムコ、沖縄原油タンク活用で基本合意
2010/2   国際石油開発帝石、ベネズエラの石油開発に参加
2009/4   新潟GTL実証プラントの竣工  ← 着工 ← 「日本GTL技術研究組合」の設立
2009/2   Petrobras JV to start E3 gasoline pilot sales in Tokyo from March   BRAZIL-JAPAN ETHANOL
2008/12   双日、ブラスケム社とバイオETBEの長期売買契約を締結
    新日石・新日鉱 10年春に事業別に完全統合
 (2008/12/8 
新日本石油と新日鉱ホールディングス、経営統合

 →  
新日本石油と新日鉱ホールディングスとの経営統合契約の締結 
    
 (2009/11/3 新日本石油と新日鉱ホールディングスとの経営統合契約の締結

  新日本石油と新日鉱ホールディングスとの経営統合に関する公正取引委員会への事前相談の結果

  JX日鉱日石エネルギー株式会社における製油所、製造所および支店の体制ならびにブランド

2008/10   3大ガス国が協力合意 「ガス版OPEC」へ布石
2008/9   国際石油帝石 豪の「日の丸ガス田」 事業費2兆円に膨張
2008/7   ジャパンエナジー、石油精製設備を活用した廃プラスチック熱分解油処理の実用化
2008/6   日中、ガス田開発合意 
2008/5   Bill Gates investment vehicle slashes Pacific Ethanol stake
    新日石・大阪製油所、CNPCが資本参加
2008/3   出光・三井化学 ベトナムに石油基地
    新日石、九州石油を合併 10月メド (Map 参照)
    天然ガス版OPEC構想 
2008/1   露のガスパイプライン南ルート計画 ブルガリアと建設合意
    カスピ海油田開発、カザフ国営 比率拡大
2007/12   アラビア石油、カフジ撤退へ 元祖「日の丸油田」に幕
2007/11   石油ピークが来た
    OPEC Riyadh Declaration
    ブラジル国営石油、南西石油買収し1000億円投資  Petrobras delays upgrade decision to 2010
2007/10   サハリン2 来年操業開始
    アジア最大のガス田権益 インドネシア、6割要求
    エクアドル 石油収入超過分99%国庫に
2007/9   アブダビ政府系機関 コスモ石油の筆頭株主に 900億円、20%出資
2007/8   カザフ 最大油田の開発中断 「環境違反」で外資に圧力
    新日本石油、新日本石油精製と新日本石油化学を08年4月に吸収
2007/7   昭和シェル、国際トレーディング事業をシェルに移管
2007/6   ベネズエラ主要油田 米石油大手、権益失う エクソンは撤退 資源国有化で
    BP、ロシアのガス田 ガスプロムに売却
2007/4   サウジに沖縄の設備提供、原油備蓄
    日中企業、エネルギーで6件合意 
    ガス版OPEC検討 輸出国会合合意
2007/3   新日石 中国石油と提携拡大
    天然ガスの固形化 三井造船が事業化へ
2007/1   President Bush's State of the Union address
    新燃料、経産省・業界が作業着手
    新日本石油とSK(韓国)の戦略的業務・資本提携
    バイオガソリン 石油連盟vs環境省       バイオ燃料 直接混合か化合物利用
    ロシア vs ベラルーシ     ロシア、輸出関税を削減 対ベラルーシ 石油問題が決着
2006/12   事業費膨らむサハリン2 ロシアに利益補てん
    サハリン2 株式過半譲渡で合意 
    サハリン2株、過半要求 ガスプロム シェル・日本側に
2006/11   太陽石油 石油化学品など増産 500億円投資 重油低迷、生産シフト
    出光やコスモ石など4社、カタール製油所に出資
    コスモ石油 1000億円投資、ナフサ増産
    帝人、バイオ燃料に参入 欧州に生産会社
    輸入義務米をバイオ燃料に 農水省、エタノール化推進
2006/10   LNG調達 将来に不安 各国争奪、開拓にリスク
    アザデガン油田 日本、開発権10%に下げ
    「日本GTL技術研究組合」の設立    着工   竣工
    ミャンマー 「ガス外交」 中・印・タイが争奪戦
2006/9   米ヘッジファンド巨額損失  天然ガス急落響く
    RITEとHonda、セルロース系バイオマスからのエタノール製造新技術を共同開発
    アザデガン油田着工、日本との交渉を継続    アザデガン日の丸油田 視界不良
    春暁ガス田開発問題について、中国外交部報道官コメント
    Brazil's Petrobras eyeing refinery purchase in Japan
  ブラジル国営石油会社、南西石油買収へ
    
ブラジル国営石油総裁 「日本で精製・販売狙う」
    ロシア、欧州ルート掌握狙う エ一ゲ海油送管建設合意
2006/8   チャド、国際石油2社に退去命令 
    Panda Energy (ethanol from corn, powered by cattle manure)
    サハリン開発 ロシア、外資に圧力 投資に影響も
(2006/9)     ロシア当局提訴 サハリン2 停止求める 
    新日本石油、サハリン原油を初購入
    イノベーション 日本の底力 CO2回収
    BP to Shutdown Prudhoe Bay Oil Field
2006/7   BP and GE to Develop Hydrogen Power Plants and Technologies
    米エネルギー省、セルロースエタノールによるガソリン代替へのロードマップ発表
2006/6   Nabucco Pipeline
    日本の原油の1/4動かす  新日本石油国際事業本部 藤原佳代さん
    欧州石油大手 バイオ燃料投資本格化
    国際石油開発/双日 ブラジル油田商業生産 2009年4月に
    BP and DuPont Announce Partnership to Develop Advanced Biofuels
    日揮、米国でバイオエタノール生産事業に参画
    Louisiana Governor announces coal gasification plant in Ascension Parish
    CNOOC Ltd. Announces the Startup of SES Gas Project PhaseT
    ガソリン、バイオエタノール混合に転換
    石炭からガソリンや軽油精製 中国に液化技術提供   NEDO技術
2006/5   「新・国家エネルギー戦略」
    東南ア、バイオ燃料生産設備を増強
2006/3   ジャパン石油開発のアブダビ沖石油開発
2006/2   丸紅、油田に1300億円投資 メキシコ湾鉱区、権益を取得
    深海資源・メタンハイドレート 実用化へ
2006/1   State of the Union Address by the President Bush
    日揮・大ガス、石油代替燃料GTLの低コスト製造技術開発
    三菱ガス化学、中国で天然ガス開発に参画
    ウクライナ ガス交渉決着   → 2008/2 ロシアとウクライナ ガス紛争の再燃も
2005/12   国際石油、イラン油田の本格開発に来年着手
    国際石・帝石の統合会社、新日石と連携 
    三菱重、シェルに採掘技術 CO2使い延命も可能
2005/11   Global Environmental Energy Corp
    国際石油開発と帝石 共同で持株会社設立
      新日本石油、帝国石油の株式買増し
2005/10   BTC Oil Pipeline グルジア部分開通
    リビアの油田開発 日本5社が落札
2005/9   昭シェル、東亜石油を子会社化 
    三井物産、カタールで世界最大級のLNG生産計画に参加 
    AOC、185億円増資 昭シェルと提携 石油を安定供給へ   
    住友化学、AOCホールディングスとの業務提携強化
    商社、原油を一斉増産
    石油備蓄放出 日量200万バレル即日実施 IEA発表
    新日本石油開発 メキシコ湾権益
    三菱商事米国メキシコ湾における原油生産開始並びにオペレーターシップ取得
2005/8   石油精製設備 10年ぶり大型投資
2005/6   新日本石油、仙台製油所に石化プラント:キシレン30万トン、プロピレン10万トン
2005/5   東シナ海ガス田 30日から日中協議  境界線で対立
2005/4   三菱商事、シェルと組みカタールでGTLを量産
2005/4   シェブロン ユノカルを買収
2005/4   新日本石油化学、管理・販売・研究開発部門を新日本石油に統合
2005/3   新日本石油、石油公団保有株式を取得
2005/3   出光・三菱商事 LPG事業統合
2005/3   ロシアで巨大エネルギー企業誕生へ
2005/2   富士石油、Jエナジー保有の富士石油株購入  
2004/12   サウジ 原油生産能力増強 2009年にも150万バレル増
2004/12   千代田化工 カタールで世界最大LNG設備共同受注
2004/11   鹿島地区における包括的連携強化に向けた具体的方策の検討開始
2004/11   「サハリン1」天然ガス 日本への供給 白紙に
2004/10   双日、メキシコ湾ガス田鉱区権益を取得
2004/10   出光/新日石/帝石、ベトナム南部海上鉱区取得
2004/10   新日石、潤滑油事業の再構築計画決る
2004/10   新日石、電力卸供給70万キロワット体制確立
2004/9   三愛石油 キグナスを買収 
2004/8   新日石、Sinopecと潤滑油JV設立へ
2004/8   中部電、「超重質油」利用技術開発、2008年に事業化
    J-エナジー、コスモ石油から鹿島石油の株式譲受け
2004/7   サウジ・アラムコ 昭和シェルに15%出資
2004/6   新日本石油 マレーシア・サラワク沖 セライ・ガス田の商業生産開始
2004/6   新日石 中国向け石油受託精製 中国石油と提携  →契約締結
  2005/3 
新日石、チャイナオイルとの受託精製契約更新
2004/5   出光興産、出光石油化学と合併
2004/5   住化、サウジ・アラムコと石油精製・石油化学事業開発の共同企業化調査実施
2004/5   三井物産、南アでバイオディーゼル生産
2004/2   イランのアザデガン油田 日本開発で合意
2004/2   宇部興産、西部石油の株式を昭和シェルに一部譲渡
2003/7   Jエナジー、保有の富士石油株 富士石油に購入要請 → 購入
2003/7   イラン油田 米、公式に開発中止要請
2003/6   東京ガス/東京電力 「ダーウィンLNGプロジェクト」への正式参画
2003/5   サハリン1 来月に掘削着手     コスモ石油が離脱へ
2003/5   サハリン2 原油・ガス事業、日欧3社、1兆2000億円投資 → 事業化宣言
2003/2   コスモ石油 精製能カを削減
2003/1   ラクラク運べる丸い天然ガス 三井造船が固形化
2003/1   ジャパンエナジー、知多の遊休設備を芳香族原料備蓄に活用へ
    新日石・出光 貯蔵も協カ 沖縄の油槽所共同利用 提携分野を拡大
2002/12   アラビア石油 クウェイトとの新契約調印
    アラビア石油・富士石油 経営統合
2002/12   石油精製 新日石・出光が提携   新日石発表   出光発表
2000/9   ジャパンエナジー/昭和シェル石油 精製事業の共同化
2002/2   日石三菱精製/興亜石油/東北石油の合併
2001/7   東燃ゼネラル石油、キグナス石油精製を吸収合併
1999/10   日石三菱とコスモ石油の販売を除く提携

 事業統合に対する公正取引委員会判断

1999/10   エクソンとモービルの統合について
1999/3   日本石油鰍ニ三菱石油鰍フ合併に係る事前相談について

    


石油業界    東燃ゼネラル石油、エクソンモービル有限会社の持分取得、ExxonMobilとの新たな提携関係に移行

             新日本石油/ジャパンエナジー 業務提携に関する基本協定締結

           東邦石油、2004/3/17 中部電力の100%子会社、同年3月末には石油精製業から撤退

           サウジ・アラムコ 昭和シェルに15%出資

           新日本石油、新日本石油精製と新日本石油化学を08年4月に吸収

           2008/10 新日本石油、九州石油を吸収合併

           新日石・大阪製油所、CNPCが資本参加

           新日石・新日鉱 10年春に事業別に完全統合 

  

 

常圧蒸留能力   最新能力

グループ 会社名 製油所 能力(B/D)    
出光

 新日石と提携

出光興産 北海道

140,000

 

千葉

220,000

 

愛知

160,000

 

兵庫

0

80,000B/D 2003/4停止
徳山

120,000

 

640,000

 

沖縄石油精製 沖縄

0

110,000B/D2004/春停止
出光グループ合計

640,000

新日石

 出光と提携

 コスモと提携

新日本石油精製 室蘭

180,000

 
根岸

340,000

 
水島

250,000

 
(興亜石油)
新日本石油精製と合併
大阪

115,000

→JV(新日石51%/CNPC49%)
麻里布

127,000

(東北石油)
新日本石油精製と合併
仙台

145,000

 

新日本石油精製 計   1,157,000

**

日本海石油 富山

60,000

和歌山石油精製 海南

0

2001/4停止(50,000)
新日石グループ合計

 1,217,000

コスモ

 新日石と提携

コスモ石油

(大協石油/丸善石油)
(アジア石油吸収)

千葉

240,000

(旧 丸善石油)
四日市

155,000

(旧 大協石油)

80,000

(旧 丸善石油)
坂出

120,000

(旧 アジア石油)

595,000

坂出 2-4万減
ジャパン
エナジー

昭和シェルと提携

ジャパンエナジー

(元 日鉱共石
=日本鉱業/共同石油)

知多

0

2001/6停止(100,000)
水島

205,000

205,000

鹿島石油 鹿島

200,000

ジャパンエナジー 70.575% *
三菱化学19.875%、東京電力、日本郵船
*コスモから17.15% 譲受
ジャパンエナジーグループ合計

  405,000

AOC 富士石油 袖ヶ浦    192,000 アラビア石油と統合
昭和シェル石油

(昭石/シェル)

ジャパンエナジーと
提携

昭和四日市石油 四日市

210,000

 
東亜石油 京浜

185,000

水江 65 + 扇町 120
西部石油 山口

120,000

昭和シェルグループ合計    515,000
エクソンモービル 東燃ゼネラル石油 川崎

335,000

252 + 旧キグナス 83

156,000

和歌山

170,000

661,000

極東石油工業 千葉

175,000

南西石油 西原

100,000

エクソンモービルグループ合計

936,000

その他 九州石油 大分

155,000

東邦石油 尾鷲

0

2004/3月末には石油精製業から撤退
太陽石油 四国

102,000

帝石トッピングプラント 頚城

4,410

合計   4,796,410  


日本経済新聞 2002/12/10               出光発表    新日本石油発表

石油精製 新日石・出光が提携 日量9万バレル 相互融通し設備廃棄 業界再編にらむ


石油元売り最大手の新日本石油と2位の出光興産は石油精製で提携する。

 


2002/12/10 出光興産

供給体制の見なおしについて
  (兵庫製油所・沖縄石油精製の製油所機能停止)
        
http://job8.nikki.ne.jp/companyarticle/110391/


兵庫製油所8万BD(グループ83万BDの9.6%に相当)の原油処理を停止

沖縄石油精製株式会社(社長:児玉宣夫、出光興産出資比率100%)11万BD(同13.3%に相当)も原油処理停止

停止時期

(1) 兵庫製油所
   平成15年4月末を目処に停止  
(2) 沖縄石油精製株式会社  
   平成16年春を目処に停止  



出光グループの原油処理能力の推移 (単位:千BD)

  現状 変更後 備考
北海道製油所  140  140  
千葉製油所  220  220  
愛知製油所  160  160  
兵庫製油所   80    0 平成15年4月停止
徳山製油所  120  120  
出光興産(株)合計    720  640  
沖縄石油精製(株)  110    0 平成16年春停止
グループ合計  830  640  

 


2002/12/10 新日本石油

出光興産(株)との精製提携及び当社グループの原油処理能力削減について
   
http://info.eneos.co.jp/press/2002_2003/e71_pr_20021210_01.html


1.出光興産(株)への製品供給の概要

(1)数量 : 4万BD(約200万KL強/年)
(2)供給期間 : 平成15年4月から10年間
(3)供給製品 : ガソリン、灯油、ジェット燃料、軽油、A重油、C重油
(4)製品供給場所 : 新日本石油精製(株)*水島製油所、大阪製油所、及び当社神戸油槽所
(5)提携効果 : 当社及び出光興産(株)の両社合計で、年間50億円の見込み

  *:新日本石油精製株式会社・・・社長:掛札 勲、当社出資比率:100%

2.原油処理能力の削減

(1)原油処理能力の削減内容    単位:BD=バーレル/日

  根岸製油所*   ▲2.0万BD(現行36.0万BD → 34.0万BD)
  大阪製油所   ▲1.0万BD(現行12.5万BD → 11.5万BD)
  水島製油所   +2.0万BD(現行23.0万BD → 25.0万BD)
       
  合   計   ▲1.0万BD(現行71.5万BD → 70.5万BD)

  *:根岸製油所については、第3トッパー(常圧蒸留装置)を休止する。

(2)削減時期:平成15年4月1日より

(3)効  果:当社グループ全体で、年間3億円の見込み


【参 考:当社グループ製油所と原油処理能力状況】

単位:BD(=バーレル/日)

製 油 所 名    現 状    削減後
平成15年4月以降
増 減
室蘭製油所(新日本石油精製)   18.0万BD   18.0万BD   −
仙台製油所( 同   上 )   14.5万BD   14.5万BD   −
横浜製油所( 同   上 )    0    0   −
根岸製油所( 同   上 )   36.0万BD   34.0万BD ▲2.0万BD
大阪製油所( 同   上 )   12.5万BD   11.5万BD ▲1.0万BD
水島製油所( 同   上 )   23.0万BD   25.0万BD +2.0万BD
麻里布製油所( 同  上 )   12.7万BD   12.7万BD   −
富山製油所( 同   上 )    6.0万BD    6.0万BD   −
新日本石油グループ合計  122.7万BD  121.7万BD ▲1.0万BD

注:日本海石油株式会社・・・社長:渡辺 靖夫、当社出資比率:66.0%


日本経済新聞 2003/1/20

新日石・出光貯蔵も協カ 沖縄の油槽所共同利用 提携分野を拡大


新日本石油と出光興産は2004年春以降、沖縄県で石油製品の貯蔵施設である油槽所の共同利用を始める。出光の施設を利用し、新日石は油槽所1カ所を閉鎖する。


2003/6/10 BP

World Oil Supply More Diverse; Non-Opec Production Increasing
   http://www.petromin.safan.com/mag/pjul03/r22.pdf


World oil supply is becoming more diverse and world oil production capacity comfortably exceeds world oil demand, said BP chief economist Peter Davies today.


2004/02/10 宇部興産

西部石油株式の一部譲渡について
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=64803

 宇部興産株式会社(会長兼社長:常見和正)は、所有する西部石油株式会社(社長:清水幸男)の株式のうち、13.5%に相当する株式を譲渡することについて、昭和シェル石油株式会社(会長 新美春之)と合意し、本日取締役会において決議いたしましたのでお知らせいたします。

 これにより、当社所有株式は24.5%から11.0%となりますが、株式譲渡後も引続き当社は、昭和シェル石油ならびに他主要株主との協力関係を保ちつつ、共同歩調を取って西部石油の競争力強化・発展に向け支援する所存です。

 なお、譲渡予定日は3月中旬を目処としており、また、今回の株式譲渡による損益への影響は、本日2月10日付で発表いたしました業績予想に織り込み済みです。

 西部石油株式会社 資本金:80億円
              本 社 :東京都千代田区三番町8番地7
              製油所:山口県小野田市西沖5番地
              原油処理能力:12万バーレル/日


BTCパイプラインプロジェクト


カスピ海沿岸のアゼルバイジャン共和国バクー市からグルジア共和国トビリシ市を経由し、地中海に面するトルコ共和国ジェイハン市を結ぶ総延長1,760kmにおよぶBTC原油パイプラインプロジェクト

BTCパイプラインプロジェクトは、11社で構成される国際コンソーシアムによって、建設され、操業が行われます。同パイプラインの建設は2003年に開始され、2005年からACG油田で生産される原油の輸送を開始する予定であり、通油量は約100万バレル/日が見込まれております。

BP 30.10% / Socar 25.00% / UNOCAL 8.90% / STATOIL 8.71% / TPAO 6.53% / ENI-AGIP 5.00%/TOTAL 5.00% / ITOCHU 3.40% / 国際石油開発(INPEX) 2.50% / ConocoPhillips 2.50% / Amerada Hess 2.36%


日本経済新聞 2005/9/28

東亜石油を子会社化 昭シェル

 昭和シェル石油は27日、グループ内で石油精製を手掛げる東亜石油を10月31日付で子会社化すると発表した。東亜が実施する総額約69億円の第三者割当増資を全額引き受け、持ち株比率を37.4%から50.1%に高める。精製部門強化を目指す昭シェルと、有利子負債削減などに充てる資金を調達したい東亜の恩惑が一致した。

 

 

 

 

 

 

 

 

p