日本とアジアの石油化学の現状その他を、各社のホームページや新聞雑誌情報を基にまとめ
た個人のデータベースです。

 他のページへ  トップページ  エチレン ナフサ価格 PE PP PS SM 

 ABS PVC VCM PC エンプラ EO PO フェノール MMA 合成ゴム その他石化業界 

 その他化学及び周辺業界 事業統合に対する公取委判断 中国市場 

 日本のコンビナート図(トップ) 石油化学年表(トップ) 各社中長期経営計画 ほか(トップ)

 アジアの石油化学 欧米の大企業                         連絡先 [email protected]

 

アルキルベンゼン                          Back

 

能力  単位:千トン

    LAB BAB  

日本石油洗剤*1

川崎

40

50

販売=新日本石油化学
BAB 03/8停止

協和油化

千葉

(45)

 

2002/5休止

三菱化学

四日市

45

(30)

BAB 97/3休止
LAB 2006/3 停止

日本アルキレート*2

愛媛

(30)

 

95/末解散

LAB リニアアルキルベンゼン 直鎖状、ソフト型
BAB ブランチアルキルベンゼン 分岐状、ハード型

*1 日本石油洗剤 

1960 日本石油化学(55%)、Chevron Chemical(45%)JVとして設立 BAB生産
1968 UOP技術でLAB生産
1993 日本石油化学100%

*2 日本アルキレート

1966 日本アトランチック設立(住化、花王石鹸、Atlantic Richfield 均等出資)
1980 ARCO撤退、住化・花王石鹸 均等出資に。
1981 日本アルキレートと改称
1995 解散


協和発酵、リニアアルキルベンゼン事業から撤退

新日本石油化学、03年8月に分岐型アルキルベンゼン事業から撤退

三菱化学、四日市事業所ソフトアルキルベンゼン(SAB)プラント停止



化学工業日報 2001/2/28

協和発酵、リニアアルキルベンゼン事業から撤退

化学品事業の構造改革の一環。

1988年に日産化学から事業買収、協和発酵が販売を継続していた事業
生産は95年に
「ナルケン」のビスタ・ケミカルの出資分を取得、100%子会社にしたうえで、97年から協和油化千葉工場が担当
千葉工場で年産4万5000トンの能力


2002/7/9 新日本石油化学

BAB(Branched Alkyl Benzene; 分岐型アルキルベンゼン)事業撤退について
     
http://job8.nikki.ne.jp/?news=80880


 新日本石油化学(旧 日本石油化学)は、このたび、BABの事業から撤退することを決定いたしました。

<BAB(分岐型アルキルベンゼン)事業撤退の概要>
1.生産・販売を中止する品目

・ BAB(分岐型アルキルベンゼン)

アルケン56N、アルケン60NH、アルケン50P、アルケン100P、アルケン20T、アルケン68、TAB、TBB、ハイゾールP、ハイゾールF

・ プロピレンポリマー
   粗ノネン、ドデセン、56Nポリマー、テトラマー56N、ハイマスポリマー

2.撤退スケジュール
   平成15年8月の工場定期修理に合わせて、生産および販売を中止する予定。

3.BABおよびプロピレンポリマーの生産能力
     BAB装置         : 5.0万トン/年
     プロピレンポリマー装置 : 3.5万トン/年

4.BABおよびプロピレンポリマーの生産工場
   新日本石油化学株式会社 川崎事業所 川崎工場


平成17年12月26日 三菱化学

四日市事業所ソフトアルキルベンゼン(SAB)プラント停止の件
http://www.m-kagaku.co.jp/newsreleases/2005/20051226-2.html

三菱化学株式会社(本社:東京都港区、社長:冨澤 龍一)は、2006年3月末を目途に四日市事業所(三重県四日市市)で稼動中のソフトアルキルベンゼン(以下「SAB」という。)製造設備(生産能力45千トン/年)を停止し、同事業から撤退することを決定いたしました。