日本とアジアの石油化学の現状その他を、各社のホームページや新聞雑誌情報を基にまとめ
た個人のデータベースです。

 他のページへ  トップページ  エチレン ナフサ価格 PE PP PS SM 

 ABS PVC VCM PC エンプラ EO PO フェノール MMA 合成ゴム その他石化業界 

 その他化学及び周辺業界 事業統合に対する公取委判断 中国市場 

 日本のコンビナート図(トップ) 石油化学年表(トップ) 各社中長期経営計画 ほか(トップ)

 アジアの石油化学 欧米の大企業                         連絡先 knak@js2.so-net.ne.jp

 

日本のMMAモノマー業界

                        

業界地図        海外活動      

  世界TOP 7  各社関連図

各社能力    メタアクリル樹脂能力    アジアのPMMAメーカー

出荷実績  毎月更新

プロセス

各社関連記事(含むPMMA)    同左海外活動

トピックス   水族館 日プラ・敷山社長 

             アクリル板を溶かすと柔らかスポンジに 阪大教授が発見 

        Technology review: MMA know-how

東ソー、MMA原料TBA製造プラントを四日市事業所に新設

奇美実業、LCD用アクリル押出板で日本市場に進出

クラレ、アクリル系熱可塑性エラストマー開発

三井化学は直酸法MMAプロセスのライセンス展開を 拡大する。
三井化学は大阪工場に4万トンのMMAプラントを運営しているが、今後規模を 拡大する事業とは位置付けてはいない。しかし、クラレと共同開発した直酸法プロセスは競争力があると判断しており、これまでに韓国・湖南石化の5万トンプ ラント、エボニック(上海)の10万トンプラントなど計3件のライセンス供与実績があるほか、数件の引き合いもある。

業界地図     三井化学とクラレ、「共同モノマー」の合弁を2005/9月末で解消 (三井100%へ)
                 →
2009年4月1日に三井化学が吸収合併


各社能力    

MMAモノマー 

単位:トン/年 2014/12/末〜2016/12/末 

会社名 工場 能力  

旭化成工業

川崎

   100,000

三井化学

大阪

40,000

2005/9三井100%へ
当初共同モノマー 三井化学50%/クラレ50%

クラレ

中条

67,000

住友化学

 

愛媛

40,000

当初 
日本メタアクリルモノマー
(住化50%/日本触媒50%)

JVから住化へ移管

姫路

32,000

(住化64%/日本触媒* 36%)

三菱ガス化学

新潟

51,000

三菱レイヨン

大竹

217,000

合計

547,000

 *日本メタアクリルモノマー製品は住友化学が販売。
    日本触媒は メタアクリル酸(18,000トン)を引取

 

  単位:千トン 各年12月末         三菱レイヨンMMA事業まとめ

 

 00年

 01年

 02年

 03年

旭化成

100

100

100

100

日本メタアクリルモノマー
     (住友化学・愛媛)
     (日本触媒・姫路)

90
(40)
(50)

90
(40)
(50)

32
(−)
(32)

32

愛媛工場 住化へ
姫路工場50のうち、MMA32は住化が引取
残り18はメタアクリル酸として日触が引取

住友化学

   

40

40

旧・日本メタアクリル愛媛工場を住化に移管

三井化学(千葉)

(15.7)

 

 

 

ACH法 96/9停止

共同モノマー
     (三井化学)
     (
クラレ

40
(20)
(20)

40
(20)
(20)

40
(20)
(20)

40
(20)
(20)

三井化学とクラレ、「共同モノマー」の合弁を9月末で解消 
   三井100%へ  
    →
2009年4月1日に三井化学が吸収合併

クラレ

63

65

65

85

三菱ガス化学

41

41

41

51

三菱レイヨン

215

217

217

217

合計

549

553

535

545

   *日本メタアクリルモノマー 1982/11設立 住化/日触 50/50
     1984 愛媛工場(直酸法 40)完成  
         住化(愛媛)ACH法(16.5)、日触(姫路)実証プラント(15)停止
     1989 姫路工場(直酸法 40)完成→1995増強(→50)
     1991 韓国で
ラッキーMMA設立
     2002 住化/日触 
MMAとアクリル酸交換      
           日本メタアクリルモノマー 愛媛工場は住化帰属
           同 姫路工場はJVのまま(日触はメタアクリル酸のみ引取り)

   原料イソブチレン
    住化(千葉)&
日本イソブチレン(三菱化学・水島工場内)
             1988/9設立 住化 50%/三菱化学50%

*共同モノマー 1988/10 三井東圧が設立、
            89/6  協和ガス化学参加(50/50JVに)
            89/10 クラレが協和ガス化学を吸収合併 

  三井化学 茂原工場ACH法
プラント 15.7千トン 96/9停止

    三井化学とクラレ、「共同モノマー」の合弁を2005/9月末で解消 →三井100%  
            →
2009年4月1日に三井化学が吸収合併

*
三菱ガス化学(新潟) 他に メタクリル酸エステル 28千トン

*
三菱レイヨン(大竹工場) ACH法  105千トン
                  直酸法  110千トン
 
                 
原料TBAは三井化学千葉ほか    


出荷実績 

   
 
   

 


プロセス            

 

Evonik 新ACH法(AVENEER 硫酸の代わりに触媒を使用

三菱瓦斯化学

 かつて私たちは、優れた透明性・耐候性を持つメチルメタクリレート(MMA)樹脂の原料モノマーであるMMAを、世界的に主流なACH法で製造していました。しかし、ACH法でMMAを製造すると副生物=硫安がその2倍もできてしまいます。硫安は肥料として使えるものの、大量 使用は酸性土壌化を引き起こすなど環境に影響を及ぼすため、巨額な設備投資をして処理します。私たちは、そうしたACH法の抱える非合理性や環境問題を考慮しACH法によるMMA製造の中止を決断。新製法の研究に取り組み、反応成績と経済性に優れた触媒の開発に伴う「ACH新法」を実現しました。「ACH新法」の原料は入手が容易なアセトンとメタノール。経済性に優れているうえ、硫安を副生しないので、硫安の処理やそのための設備が不要。しかも、利用価値の高い中間体を生み出す特性を併せ持つなど、環境にやさしいプラントです。現在もACH法が主流の中、「ACH新法」がどう評価され生かされていくかは未知数です。しかし私たちは、伝統と実績のある製法を捨てて新製法の研究・開発に踏み出し、それを実現・事業化したことを誇りに思います。そして、これからも時代や社会の要請を先取りし、柔軟な姿勢で事業に取り組む企業であり続けたいと思います。

*直酸法、直メタ法の原料イソブチレンはC4留分からブタジェンを抽出したあとのラフィネート1にブテン1、ブテン2、ブタンとともに含まれている。
イソブチレンは蒸留では分離できないため、メタノールと反応させてMTBEorTBAとして他の留分と分離したあとで、メタノールを除いて得る。

Technology review: MMA know-how


海外マップ     旭化成 タイ国PTT社とのMMAおよびPMMAの共同事業化の検討

                     旭化成、タイでのANおよびMMAプラントの建設決定

             三菱レイヨン テキサスでMMA及びMAA(メタクリル酸)14万トン 2010年商業運転

             三菱レイヨン、韓国でMMA事業展開 湖南石化と合弁

         三菱レイヨン(タイMMA)
           MMA モノマー(増設) 9万トン(既存の第1系列と合わせ18万トン)
           アクリル樹脂板(新設) 2万トン/年

         三菱レイヨンが英ルーサイト買収へ  → 2009/8/11 三菱レイヨングループのMMA能力  

   米国におけるLucite International社のメタクリル酸の製造設備の建設

 

 住友化学       住友化学、台湾におけるMMAシート製造・販売会社の営業開始 10千トン

             
LG MMA 2003年 monomer倍増→100千t          2008 m-MMA +90→223
             
LG MMA 2007/12 →176千t                     p-MMA +50→100
             
2009/8 LG MMA aims to complete MTBE expansion work by mid-October

2012シンガポールでPMMA +50(→150)、韓国で増強中(+20) 完成後合計318千t

 

三菱レイヨン(タイ) M-MMA → 90
               ブチルメタクリレート 10(新設)


各社関連記事   

住友化学
  2008/4   シート販売の100%子会社「住化アクリル販売会社」営業開始  きめ細かい営業活動
  2004/1   住友化学、MMA押出板の増設装置の本稼動を開始
   2002/11   愛媛でPMMAを増強
  2002/10    MMAシートの国内営業を強化
  2002/5   成形材料などPMMAを増強
  2001/11   日本触媒・住友化学  アクリル酸とMMAモノマーの事業交換発表
  2001/11    鐘淵化学・住友化学 発泡アクリル樹脂の試験発売開始
  1999/3   クラレ・住友化学 アクリル樹脂製品の相互生産委託等
       
三井化学/クラレ
  2008/12   2009年4月1日付けで三井化学が共同モノマーを吸収合併
  2005/7   三井化学とクラレ、MMAモノマー製造・販売会社「共同モノマー」の合弁を9月末で解消
       
クラレ
  2007/2   クラレ、メタクリル樹脂成形材料増設設備の稼動開始
  2006/12   クラレ、メタクリル樹脂キャスト板等の生産体制変更
  2003/6   メタクリル樹脂押出板生産設備の増設
  2002/11   メタアクリル樹脂成形材料生産設備の増設
  2002/11     メタアクリル樹脂シート・複合材の業務移管
       
旭化成
  2008/3   旭化成、タイでのANおよびMMAプラントの建設決定
  2005/10   旭化成ケミカルズ、独社にMMA技術供与
  2002/10    MMAシート、年産6,000トン設備完成
  2002/5    川崎にMMAシートでも新設備を設置へ :千葉工場成形材料も
  2002/3   旭化成、能力増強 (7万トン→10万トン)
  1999/1   旭化成 直メタ法設備完成 (旧MAN法設備は休止)
       
三菱レイヨン
  2003/5   三菱レイヨン、ブチルメタクリレートを新増設
  2002/10    三菱レイヨン、クラレ アクリル樹脂事業拡大  
     
    麗水でモノマー、樹脂
ダイセル・デグサ、PMMA事業をデグサ・ジャパンから取得
       

海外活動   

三菱レイヨン   
  2014/6  

三菱レイヨン、サウジアラビアにおけるMMAモノマー/PMMA合弁会社設立

      三菱レイヨンと三井物産、米国でのMMAモノマー製造販売JVの基本合意
  2011/2   大山MMA、麗水でMMAモノマー、樹脂
  2009/6   三菱レイヨンの韓国 大山MMA、MMAモノマー生産開始
  2009/4   中国商務部、条件付で三菱レイヨンのLucite International 買収を承認
  2008/11   三菱レイヨンが英ルーサイト買収へ
  2007/1   タイMMA社 MMAモノマー、アクリル樹脂板プラントの新・増設
  2006/6   三菱レイヨン、モノマー能力増強などで韓国に合弁会社を設立
  2006/1   三菱レイヨン、韓国でMMA事業展開 湖南石化と合弁
  2005/7   三レ、中国でアクリル樹脂板と塗料用樹脂の生産を開始
  2005/6   三レ、米国でMMAモノマー建設、ルーサイトと提携
  2005/5   恵州恵菱化成、中海シェル石油化学と原料供給契約締結
  2005/1   タイでBMAモノマー生産開始
  2004/9   三菱レイヨン、中国広東省の「MMAモノマー新社」建設に着工
      中国政府、三菱レイヨンのMMAモノマー計画承認
  2004/8   三菱レイヨン、タイでMMAモノマー増強、ブチルメタクリレート新設
  2004/2   三菱レイヨン、中国でMMAモノマー生産、06年春から年9万トン
  2004/1   三菱レイヨン、中国のMMA樹脂工場が本稼動
  2003/12   中国でアクリル系塗料用樹脂を事業化
  2003/9   三菱レイヨンの中国のMMA成形材料工場が完成
  2003/7   三菱レイヨンの中国のアクリル樹脂成形材料工場、来月に完成
   2002   三菱レイヨン、旭化成 中国でアクリル生産
→2002/12 
三レ 江蘇省にアクリル樹脂板の製造販売会社を設立
  2002   MMA事業で中国戦略を強化
  2001/9   外資初の中国アクリル樹脂成形材料新社設立
  2000/7   北米生産検討開始
  2000/1   アクリル樹脂のタイにおける事業展開の強化   

     TPIポリアクリレート社

  1999/4   アクリル樹脂のアジア新拠点の竣工
     
     タイMMAモノマー中国:MMA 系の高級エステル
  1997/10   アメリカにおけるアクリル樹脂シート製造販売会社設立
       
旭化成
  2005/2   タイ国PTT社とのMMAおよびPMMAの共同事業化の検討
  2006/1   旭化成ケミカルズ、韓国デラグラス(株)における液晶テレビ用拡散板生産ライン新設
  2004/2   旭化成ケミカルズ、中国でMMAモノマー事業のFSを開始
  2004/2   Japan's Asahi Kasei mulls acrylic panels plant at Suzhou, China
  2003/11   韓国におけるアクリル樹脂導光板合弁会社の商業運転開始
  2000   MMAでアジア攻勢 台湾を拠点に
       
住友化学
  2010/10   住友化学、シンガポールでPMMAの生産能力拡大に着手
      シンガポール第2プラントは反応器のトラブルにより2008年3月以来停止していた。修復工事が完了したことにより、2010年2月中頃に運転を再開する。
  2009/1   住友化学、台湾におけるMMAシート製造・販売会社の営業開始
  2007/12   LG MMA starts new MMA unit ahead of schedule
  2006/4   住友化学、シンガポールにおいてMMAの第三期増強の起工式
  2005/8   住友化学、韓国でMMAモノマー供給体制を拡大
  2005/5   アクリル原料 住友化学が増産 シンガポールで200億円投資
  2004/9   住友化学、韓国LG MMAで高品質MMAポリマー供給体制を整備
  2003/7   LG MMA officially confirms doubling capacity to 100 kt/yr
  2003/4   MMA事業強化でシンガポールの生産設備能力を増強
  2002/12   MMAシートの「スミペックス・タイランド社」生産・販売軌道にのる
  2002/8    MMA板の新成形法を韓国・三進技研に供与
  2002/8    韓国LG MMA、年内にPMMAを2万トン増強
  2002/6    MMAでアジア戦略
  2002/5    メタクリル樹脂板の中国メーカーと提携交渉
  2001   シンガポールMMA工場の生産能力を増強
  1999/1   住化/日本触媒/LG合弁 p-MMA事業をLGから移管
       
クラレ
  2004/3   メタクリル樹脂シートの中国生産
       
クラレ/三井東圧
      韓国・韓南石化にMMA技術輸出

Chemnet Tokyo 2002/06/17

住友化学、MMAでアジア戦略 日、韓、シンガポールを結ぶ

 

日本、シンガポール、韓国での設備能力を3カ国合計(合弁を含む)で、現在の 年産19万5,000トンから2003年から2004年にかけて34万5,000トンへと7割近くに 増強する。  

国内では、愛媛工場の4万2,000トンに、日本触媒から事業統合(住化64%、日触36%の姫路工場は存続)した5万トンが加わり、来年の10月に三井化学・クラレ合弁の大阪工場分(4万トン )が加算されるので、三井住友化学となる来年10月には国内13万2,000トンの供給体制が確立する。

シンガポールでは現在5万3,000トン設備に加えて7万〜8万トン設備を増設する計画
韓国では合弁会社・LG化学の現有5万トン設備を10万トンに増設


(2002/3/4 旭化成発表

MMA製造設備の能力増強について
  
http://www.asahi-kasei.co.jp/asahi/jp/news/2001/ch020304.html

 

MMA製造設備増強の内容

(1) 生産能力   現行 7万t/年を、10万t/年とする。(3万t/年の増強)
(2) 工   期   2002年2月〜11月
(3) 立   地   当社 川崎支社内


2001/11/5 日本触媒/住友化学発表
                                                 
 
アクリル酸とMMAモノマーの事業交換について

    
 http://www.sumitomo-chem.co.jp/japanese/1newsrelease/pdf/20011105.pdf

「事業交換」

1. 住友化学は同社愛媛工場のアクリル酸製造プラント(80,000d/年)および製品の営業を日本触媒に譲渡する。
2. 日本メタアクリルモノマー有限会社(日本触媒50%、住友化学50%)は次のとおり改組する。
  1) 同社第1工場(愛媛)MMAモノマー製造プラント(40,000d/年)および製品の営業は、住友化学が譲り受ける。
  2) 同社第2工場(姫路)MMAモノマー製造プラント(50,000d/年)は、新たに住友化学64%、日本触媒36%の合弁会社とし、住友化学は32,000d/年までのMMAモノマーの製品引取権を、日本触媒は18,000d/年までのメタクリル酸の製品引取権を持つ。
3. 日本触媒は、シンガポールMMAモノマー社(53,000d/年、住友化学シンガポール60%、日本触媒40%)の全持分を住友化学に譲渡する。

 

 


1999/1/26 旭化成発表

MMAモノマー新製法設備の竣工について
  
http://www.asahi-kasei.co.jp/asahi/jp/news/1998/ch990126.html

 

直メタ法MMAモノマー製造設備が完成

(ご参考)

○ MMAモノマーの製法について
  直メタ法   イソブチレン → メタクロレイン → MMA
  直酸法   イソブチレン → メタクロレイン → メタクリル酸 → MMA
  MAN法   イソブチレン → メタアクリロニトリル → メタクリルアミド → MMA
  ACH法   アセトン+青酸 → アセトンシアンヒドリン → メタクリルアミド → MMA

 


1997/3/10 発表)                          化学工学会技術賞

MMAモノマー新製法確立と工業化について
 
 http://www.asahi-kasei.co.jp/asahi/jp/news/1996/ch970310.html

 

直メタ法

従来のMAN法プロセスに代えて、本プロセスを川崎製造所内で年産6万トンの規模で工業化


Engineering Business 2001/5      http://www.enb.co.jp/

化学工学会技術賞にMMA直メタ法など5件


化学工業日報 2002/1/29) 

三菱レイヨン、MMA事業で中国戦略を強化


日本企業との合弁による生産拠点を建設する計画
タイに続き
中国でのMMAチェーン構築を目指す。


化学工業日報 1999/1/14

PMMA事業を売却  韓LG化学、日系合弁社に


LG化学は、メタクリル樹脂(PMMA)の事業を
LG MMAに売却
LG MMAはLG化学50%、住友化学工業25%、日本触媒25%の出資構成


化学工業日報 2002/8/22

韓国LG MMA、年内にPMMAを2万トン増強


これにより総年産能力は5万トンとなる。


1999/4/8 三菱レイヨン 発表  

アクリル樹脂のアジア新拠点の竣工について
   
http://www.mrc.co.jp/press/p99/990408.html



1.
タイMMA社(タイ マプタプット)

 MMAモノマーを年産能力7万トン体制にて 生産開始

2.
蘇州三友利化工有限公司(中国 蘇州)

 吉林化学工業公司蘇州安利化工廠との合弁
 MMA 系の高級エステル・ブチルメタアクリレートを年産5千トン規模で生産開始


【資料】

タイ・エムエムエー社概要》
1.会社名 : THAI MMA CO.,LTD.
2.設立 :  1997年1月
3.事業内容 :アクリル樹脂モノマーの製造・販売
4.生産能力 :年産7万トン
5.資本金 : 13億バーツ(42億円)
6.出資比率 :三菱レイヨン 45%
       セメンタイケミカル(サイアムセメントグループ) 45%
       バンコクシンセティクス 5%
       三菱商事 4%
       タイ三菱商事 1%

7. 所在地    タイ国バンコク(本社)
          タイ国ラヨン県マプタプット工業団地(工場)

《蘇州三友利化工有限公司概要》
1.会社名 : 蘇州三友利化工有限公司
2.設立 :  1996年12月
3.事業内容 :メタクリル酸系高級エステルBMA(ブチルメタクリレート)の生産
4.生産能力 :年産約5,000トン
5.資本金 : 250万ドル
6.出資比率 :三菱レイヨン(株) 50%
       住友商事(株) 25%
       吉林化学工業公司蘇州安利化工廠 25%
7.所在地 : 江蘇省蘇州市


1996/11/27 MITSUBISHI RAYON

Establishment of MMA Monomer Manufacturing Company
     
http://www.mrc.co.jp/english/pressroom/p96/press1996_2.html


Thai MMA Co., Ltd.

1.Established in: 1997 January
2.Business: Manufacturing and Selling of MMA monomer
3.Capacity: 70,000 ton/year
4.Operational in: 1999 Spring
5.Capital: 1.3 billion Bahts (5.72 billion yen)
6.Shareholders: Mitsubishi Rayon Co., Ltd. 45%
          Cementhai Chemicals Co., Ltd. 45%
          Bangkok Synthetics 5%
          Mitsubishi Corporation 4%
          Thai MC 1%
7: Head office Location: Bangkok, Thailand
8.Plant Location: Map-Tha-Phut industrial district, Rayong prefecture, Thailand
9. Market: Thailand, Malaysia, Indonesia etc.
10. Sales Forecast: 66MUS$ in first year, 84MUS$ in third year

The Siam Cement Public Co., Ltd.

1.Location: Bangkok, Thailand
2.Established in: 1913 (established for national policy of industrialization)
3.Capital: 1.2 billion Bahts (4 billion Yen)
4.Principal Shareholder: Crown Property Bureau of Thailand
5.Business: Financed by Thai Royal Family, the company commenced operation as the first cement manufacturer in Thailand. Currently, the company is the Thai largest cement manufacturing conglomerate, owning more than 80 subsidiary companies.
6.Sales: 85.7 billion Bahts (1995, consolidated base)

Cementhai Chemicals Co., Ltd.

1. Location: Bangkok, Thailand
2.Established in: 1995
3.Capital: 5.405 billion Bahts
4.Shareholder: The Siam Cement Public Co., Ltd. 100%
5.Business: The Siam Cement Public Co., Ltd.'s holding company of petrochemical sector.


2000/7/4三菱レイヨン発表 
                                                    

アクリル樹脂モノマー及び誘導体の北米生産検討開始について
    
http://www.mrc.co.jp/press/p00/000704.html


タイMMA社に続く、次期海外展開として、北米における「アクリル樹脂モノマー(メチルメタクリル酸=MMA)」とその誘導体である「高級エステル」の生産拠点の本格的な検討を開始


2000/1/24 三菱レイヨン

アクリル樹脂のタイにおける事業展開の強化について
   
 http://www.mrc.co.jp/press/p00/000124.html


タイMMA社のアクリル樹脂モノマー製造の操業強化、並びにタイにおけるダウンストリーム事業強化を目的とし、TPIポリアクリレート社の経営権取得
  TPI社から買い取り後の当社の出資比率は、
77.5%


Business Development Asia 
Asian Specialty Chemicals Newsletter Issue 13, June 1999

 http://www.bdallc.com/news/Chemical/pdf/asian%20chem%20newsletter%20june%2099.pdf

TPI Polyacrylate Co - Thailand


The only producer of PMMA in Thailand, with capacity of
10,000tpa.

1999/12
 三レ 17.5%→77.5%
 TPI  65% → 5% 


2001/8/21  三菱レイヨン

外資初の中国アクリル樹脂成形材料新社設立について
   
 http://www.mrc.co.jp/press/p01/010821.html



中国江蘇省南通市にアクリル樹脂成形材料の製造・販売会社「
南通麗陽化学有限公司」を設立

新会社の概要

・名 称 : 南通麗陽化学有限公司(Nantong Rayon Chemical Co.,Ltd.)
・場 所 : 中国江蘇省南通市 南通経済技術開発区内
・代表者名 : 未定
・事業内容 : アクリル樹脂成形材料(ペレット)の製造・販売
・設 立 : 2001年9月
・稼 働 : 2003年秋
・資本金  : 1,600万US$(約19億2千万円)
・出資比率 : 三菱レイヨン  80%、 丸紅  20%
・従業員 : 約50名
・生産能力 : 4万トン/年
・売上目標 : 初年度 約60億円(年間)

 


Chemnet Tokyo 2003/7/3

三菱レイヨンの中国のアクリル樹脂成形材料工場、来月に完成
年産4万tの設備、営業運転は10月からの予定

 

アクリル樹脂成形材料の製造工場が8月に完成する見通し

これに続いて同じ区域内に
MMA樹脂板の工場も建設


2003/09/19 Chemnet Tokyo

三菱レイヨンの中国のMMA成形材料工場が完成


2004/1/21 Chemnet Tokyo

三菱レイヨン、中国のMMA樹脂工場が本稼動
日本、タイに続く第3の生産拠点

三菱レイヨンは21日、同社80%、丸紅20%の共同出資による中国・南通麗陽化学有限公司が江蘇省南通市経済技術開発区で昨年12月末からMMA成形材料の本格生産を開始したと発表した。
 
これは昨年秋、同区に建設した年産40,000トン能力の新工場が商業運転に入ったもの。採用技術は同社の高転化率連続塊状重合法。建設資金は2,950万ドルであった。
  


化学工業日報 2000/12/26

MMAでアジア攻勢 旭化成、台湾を拠点に  
  ポリマー奇美と生産委託提携、モノマー タスコ合弁、2002年稼働

 

奇美実業とMMA(メチルメタクリレート)で提携
 奇美実業が年産3万トンの設備を建設
 旭化成が成形材料(ペレット)とシートなどのMMAポリマーを生産委託

台湾石化合成股扮有限公司(タスコケミカル)とMMAモノマーで合弁事業化に向けてFS

 


2000/7/10 旭化成発表) 

台湾でのMMA企業化への共同F/Sの実施について
    
http://www.asahi-kasei.co.jp/asahi/jp/news/2000/ch000710.html

 

TASCO(台湾石化合成)社と共同でF/Sを実施

   計画の概要

製  品 MMAモノマー 50〜70,000トン/年
製  法 弊社直メタ法
立  地 台湾 林園コンビナートのTASCO敷地内
稼動目標 2002年末
(投資額・出資比率等は、検討中)
     

   TASCO社について

社  名 : TASCO Chemical Corporation (台湾石化合成)
社  長 : 呉 澄清 (C. C. Wu)
本  社 : 25-9A Sec.4, Jen-Ai Rd., Taipei, Taiwan, R.O.C
 (台北市大安区仁愛路四段25号9A)
工  場 : 1 Kung-Yeh 2nd Rd., Lin-Yuan, Kaohsiung, Taiwan
 (高雄県林園郷工業二路一号;林園コンビナート内)
設  立 : 1982年4月
生産品目 : MTBE(ガソリン添加剤)25万t
MEK(6万t)、無水マイレン酸(2万t)、ブテン(1万t)など

日刊工業新聞 2001/7/19

住化、シンガポールMMA工場の生産能力を増強

 

「シンガポールMMAモノマー」

並行して「スミカMMAポリマー」の生産能力も設備手直しにより年間3万5000トンに


Chemical Week 2002/6/5

Sumitomo Chemical to Expand Acrylics in Singapore

 


三菱レイヨン Homepage http://www.mrc.co.jp/unique/mma.html

生産量でも技術でも世界のトップレベル



 
MMA・企業別設備能力(千トン/年)   99年12月現在

   :
  企業グループ名 メンバー企業名 設備能力
1 Lucite International
(Ineos Acrylics)
Lucite(UK/USA), KMC   560
2 Roehm Group
(Degussa-Huls Group)→
Evonik
Roehm, Monacryl, Cyro   375→480
3 Rohm & Haas
  360→475
4 三菱レイヨングループ 三菱レイヨン、タイMMA社   270
5 Atofina

 155
下記参照

6 旭化成工業
   90
7 クラレ
   83

                                              

    世界TOP 7 各社関連図


Atofina  現状180,000t
       Rohm and Haas増設分引取で
250,000tへ。

      
PMMA部門 Rohm and Haasと事業統合(Atohaas) → R&H 持分購入 Atoglas 

住化/日本触媒   日本 90+韓国50+シンガポール 55


日本経済新聞 2002/5/6

三菱レイヨン、旭化成 中国でアクリル生産 LCD向け需要見込む



 三菱レイヨンは原料から樹脂、樹脂板までの一貫生産体制を整える計画

 旭化成も中国での樹脂生産の事業化調査に入った

 


化学工業日報 2002/5/24

住友化学、成形材料などPMMAを増強

 


Chemnet Tokyo 2002/8/30

住化、MMA板の新成形法を韓国・三進技研に供与
   国内、台湾、中国向けも急ぐ 導光板用に伸びる

 


2002/07/11 東ソー

TBAの製造設備並びに桟橋新設
 
 http://www.tosoh.co.jp/ne_inx.htm


MMAの原料であるTBA製造プラントを四日市事業所に新設
 TBA生産能力は年産7万トン


化学工業日報 2002/10/1

住友化学、MMAシートの国内営業を強化


日本経済新聞 2002/10/11

アクリル樹脂事業拡大
 三菱レイヨン 原料の生産倍増
 クラレ      新潟の設備増強


三菱レイヨンは2004−2006年度にかけて、大竹事業所、
中国・蘇州の工場にそれぞれ年産1万トン規模の設備を1系列ずつ増設

クラレは中条事業所(新潟県中条町)のアクリル樹脂の生産設備を1系列増やす。


化学工業日報 2003/5/23

三菱レイヨン、来年半ばにもBMAを新増設


日本経済新聞 2005/10/4

独社に樹脂原料量産技術 旭化成ケミカルズ

 
独クインプラスチック社(ロイナ市)にアクリル樹脂原料のメタクリル酸メチル(MMA)の技術を供与する。クイン社は2008年から年産10万トン規模で量産を開始する。ロシア、東欧で自動車生産が拡大する中、テールランプ向けの需要は伸びており、足がかりをつくる。


2009年6月2日

三菱レイヨン

韓国 大山MMA社 MMAモノマー生産開始

三菱レイヨン株式会社(本社:東京都港区、社長:鎌原 正直 以下当社)のグループ会社である大山MMA株式会社(本社:韓国忠清南道瑞山市、社長:李  安基、副社長:三木 宏 以下「大山MMA社」)は、2009年5月よりMMA(メチルメタクリレート)モノマーおよびMAA(メタクリル酸)モノマーの 商業生産を開始しました。

 2008年9月に、年産4万トン規模のPMMA工場が商業運転を開始し、この度、年産9万トン規模のMMA工場(年産8千トンのMAA併産可能)が商業生産を開始しました。これによりMMA、MAAからPMMAまでアクリル系製品の一貫生産体制が完成しました。

<大山MMA社概要>
会社名: 大山MMA株式会社(DAESAN MMA CORP.)
設立: 2006年8月
代表者: 共同代表理事 社長 李 安基
共同代表理事 副社長 三木 宏
資本構成: 湖南石油化学株式会社 50%、三菱レイヨン株式会社 50%
生産販売品目: MMAモノマー、MAAモノマー、PMMA

2011年2月24日 三菱レイヨン

大山MMA社(韓国)におけるMMAモノマーおよびアクリル樹脂成形材料工場の増設について

三菱レイヨンと湖南石油化学(本社:韓国ソウル市、以下湖南石化)は、両社の合弁会社である大山MMA社において、MMA(メチルメタクリレート)モノマー工場及びアクリル樹脂成形材料工場の増設を決定しました。総投資額は、180億円から200億円を予定しています。

1.増設の概要
<MMAモノマー>
生産能力:9.8万トン/年(既存の第1系列と合わせ、18.8万トン/年)
生産開始時期:2013年1月(予定)
所在地:韓国全羅南道麗水(Yeosu)市 湖南石化第3工場内
製造法:C4法(イソブチレン直接酸化法)*
*当社が開発した、ナフサからエチレン、プロピレン、ブタジエンを精製したC4留分の中のイソブチレンを原料にMMAをつくる方法。

<アクリル樹脂成形材料>
生産能力:6.0万トン/年(既存の第1系列と合わせ、11.0万トン/年)
生産開始時期:2012年11月(予定)
所在地:韓国全羅南道麗水市 湖南石化第3工場内
製造法:連続塊状重合法*
*水や溶剤を用いず、モノマーだけに重合開始剤を加えて、加熱して連続的に重合を行う方法。余分な成分を添加しないため純粋なポリマーが得られるのが特長。

2.増設の背景
当社グループは2009年に、英国ルーサイト社を統合し、グローバルでNo.1の設備能力と競争力を活かし、強固なMMAチェーンをワールドワイドに確立することを目指しています。
成長著しいアジア地域においては、自動車、IT向けの需要に加え、液晶LEDテレビ向け導光板需要が急伸し、今後もMMAモノマー及びポリマーの逼迫した状況が継続する見通しであり、アジアをはじめとする成長エリアでの生産体制を拡充することを基本戦略としています。
今回、液晶パネル事業をリードする韓国で、競争力ある韓国パートナー(湖南石化)との合弁会社である大山MMAにおいて、モノマー・ポリマーの一貫生産体制を強化することとし、需要家からの強い供給要請に対応していきます。
特に、アクリル樹脂成形材料の6.0万トンは、一系列では世界最大級であり、当社独自の連続重合技術による最新鋭の設備を導入し、液晶LEDテレビに代表される光学用途に最適な高品質製品を提供します。

3.大山MMA社概要
会社名:大山MMA株式会社(DAESAN MMA CORP.)
本社所在地:韓国忠清南道瑞山市大山邑  事務所:韓国ソウル市
設立:2006年8月
資本金:1,200億 韓国ウォン
資本構成:湖南石油化学株式会社 50%、三菱レイヨン株式会社 50%
代表者: 共同代表理事 社長 李 安基
共同代表理事 副社長 三木 宏
事業内容:
 (1)MMA・MAA(メタクリル酸)モノマーの製造・販売
        (現有生産能力:MMA9.0万トン、MAA0.8万トン)
 (2)アクリル樹脂成形材料の製造・販売(現有生産能力:5.0万トン*)

*2011年1月に4.0万トンから5.0万トンにデボトル実施


2014年06月26日 三菱レイヨン 

サウジアラビアにおけるMMAモノマー/PMMA合弁会社設立およびプラント工事の発注について

 三菱レイヨンは、2011年5月31 日付「サウジ基礎産業公社との業務提携に関するお知らせ」でお知らせしたとおり、サウジ基礎産業公社(Saudi Basic Industries Corporation「SABIC」)と共同で、サウジアラビアにおけるメタクリル酸メチル(MMA)モノマー及びアクリル樹脂成形材料(PMMA)プロジェクトを進めてきましたが、このたび、同国アルジュベイル地区においてMMAモノマーおよびPMMA製造を目的とする合弁会社を設立し、また、台湾 CTCI社に対し、プラント建設を発注しましたので、お知らせいたします。 
 
 合弁会社The Saudi Methacrylates Companyは、当社、SABIC社がそれぞれ50%を出資し、6月9日に現地において設立登記が完了しました。その他Saudi Methacrylates社の概要は、末尾のとおりです。
 
 MMAモノマー/PMMAプラントは年内を目途に建設工事を開始する予定であり、2017年年央の営業運転開始を目指します。生産能力は、MMAモノマーは世界最大規模である年産25万トン、PMMAは年産4万トンです。
 
 本プロジェクトは、強いコスト競争力を持つサウジアラビアのガス原料、ユーティリティー、インフラを最大限活用し、当社グループのルーサイト社が持つ新しいMMAモノマー製造技術である「新エチレン法(アルファ法)」を用いて、圧倒的な競争力のあるMMAモノマー/PMMA事業を実現します。世界の MMAモノマー需要は引き続き各国GDPプラス1.5〜2.0%の伸びが期待されており、当社は、Saudi Methacrylates社を東欧、インド、中東、アフリカなど成長する新興国市場に対する戦略的な供給拠点として活用していきます。
 
Saudi Methacrylates社の概要
社名:               The Saudi Methacrylates Company                        
代表者:               社長執行役員 Nick J Cordingley
所在地:               サウジアラビア王国アルジュベイル地区
設立日:               2014年6月9日
資本金:               1,350百万サウジリヤル(約360百万USドル)
資本構成:        三菱レイヨン50%※、 SABIC社50% 
事業内容:           MMAモノマー(年産25万トン)およびPMMA(年産4万トン)の製造
 ※本プロジェクトのために設立された日本サウディメタクリレート合同会社(三菱レイヨン100%)を通じて出資。