日本とアジアの石油化学の現状その他を、各社のホームページや新聞雑誌情報を基にまとめ
た個人のデータベースです。

 他のページへ  トップページ  エチレン ナフサ価格 PE PP PS SM 

 ABS PVC VCM PC エンプラ EO PO フェノール MMA 合成ゴム その他石化業界 

 その他化学及び周辺業界 事業統合に対する公取委判断 中国市場 

 日本のコンビナート図(トップ) 石油化学年表(トップ) 各社中長期経営計画 ほか(トップ)

 アジアの石油化学 欧米の大企業                         連絡先 [email protected]

                                               合成ゴムへ

2002/10/10 デュポン ダウ エラストマー/昭和電工

クロロプレンゴム事業の合弁解消について
   
http://www.sdk.co.jp/contents/news/index.htm



デュポン ダウ エラストマー社と昭和電工は、日本におけるクロロプレンゴム(商品名:ネオプレン)事業の合弁解消に合意

合成ゴム「ネオプレン」の製造会社である昭和ディー・ディー・イー製造株式会社(神奈川県川崎市・追川滋社長:以下SDEM、出資比率 デュポン ダウ 50%、SDK50%)
→ 
SDKの100%子会社
   「昭和電工エラストマー株式会社」と社名変更し
「ショウプレン」の生産を継続

「ネオプレン」をはじめとするエラストマー製品の販売会社であるディー ディー イー ジャパン株式会社(東京都品川区・中井千春社長:以下ディー ディー イー ジャパン、出資比率 デュポン ダウ 69.9%、SDK 30.1%)
→ 
デュポン ダウの100%子会社


2002/10/10 昭和電工

エラストマー事業の積極展開について
    
http://www.sdk.co.jp/contents/news/index.htm


1.ショウプレン事業について
   従来の工業材料向け販売を強化しつつ、ラテックス分野等にも注力いたします。
   
2.エラスレン事業について
   硬質塩ビ樹脂の改質、難燃性ABSの改質等の汎用用途以外に、優れた電気絶縁性、高いフィラーローディング性等の特質を生かし、高機能材料用途への開発を積極的に進めてまいります。
   
3.機能性コンパウンド事業について
   当社グループが持つ、無機材料技術・無機フィラー、有機材料技術・有機表面処理技術等を複合し、光触媒マスターバッチ、紫外線吸収マスターバッチ、導電性マスターバッチ、電波シールドコンパウンド等機能性コンパウンド事業も進めてまいります。
   
4.新規開発製品について
   昨年上市した微ハロゲン難燃エラストマー「エコフレイマー」は、着実に実績を伸ばしております。耐候性および色相に優れる新塩素系ゴムの本格販売も年内には開始する予定であります。さらに現在開発中の、環境にやさしい無可塑エラストマーあるいはフッ素系ゴム等の上市を目指しております。

平成15年8月12日 昭和電工

子会社との合併に関するお知らせ
    
http://www.sdk.co.jp/contents/news/index.htm



昭和電工エラストマー株式会社と合併