日本とアジアの石油化学の現状その他を、各社のホームページや新聞雑誌情報を基にまとめ
た個人のデータベースです。

 他のページへ  トップページ  エチレン ナフサ価格 PE PP PS SM 

 ABS PVC VCM PC エンプラ EO PO フェノール MMA 合成ゴム その他石化業界 

 その他化学及び周辺業界 事業統合に対する公取委判断 中国市場 

 日本のコンビナート図(トップ) 石油化学年表(トップ) 各社中長期経営計画 ほか(トップ)

 アジアの石油化学 欧米の大企業                         連絡先 [email protected]

 

 (PVC続き)                                        Back

1990/6/13 呉羽化学工業、サン・アロー化学、住友化学工業、日本ゼオン発表    

第一塩ビ販売グルーブ 塩化ビニール樹脂製造に関する合弁会社設立の件

1.合弁会社の概要
 @社名   第一塩ビ製造有限会社(仮称)
 A本社   東京都中央区
 B資本金   5億円(設立時2億円)
 C出資比率   呉羽化学工業 24%          
サン・アロー化学 12%
住友化学工業 36%
日本ゼオン梶@ 24%
第一塩ビ販売  4%
 D社長   未定(住友化学工業鰍謔闡I出予定)
 E設立時期   平成2年7月(予定)
2.立地    住友化学工業叶逞t工場内
3.生産能力   80千トン/年
4.製品引取   呉羽化学工業梶@ 20千トン/年
サン・アロー化学梶@ 10千トン/年
住友化学工業 30千トン/年
日本ゼオン 20千トン/年
5.採用技術   4社の共同開発技術
6.完成時期   平成4年初(予定)
7.運営   建設、運転その他の管理業務は合弁会社が住友化学工業鰍ノ委託

  


化学工業日報社説 1990/6/21

新しい風が吹き始めた塩ビ業界の課題

第一塩ビグループの共同投資会社「第一塩ビ製造」の発足によって、新しい時代の扉を開くことになった。

現実には設備の老朽化、原料高、低収益性など内包する課題は多い。塩ビ工業の真の安定発展のために、業界の英知を集めて山積する課題を解決して欲しい。

過去の教訓を生かし、業界の英知を集めて、200万トン時代の塩ビ工業の新しい世紀を築いてほしいものである。


新第一塩ビ設立に伴う第一塩ビグループの動き

1994/12/5 日本ゼオン・住化・徳山曹達・サンアロー 新第一塩ビ設立発表
         呉羽化学 不参加発表

1995/1/1  呉羽化学 第一塩ビ販売から実質離脱(営業権再譲受)
    2/1  呉羽化学 第一塩ビ販売の持株を譲渡

住化、ゼオン、サン・アロ−が呉羽から第一塩ビ販売の株式を購入、同時にトクヤマがサン・アロ−持株の一部を買い取り。これにより出資比率は新第一塩ビの出資比率に合致。(ゼオン40% / 住化30% / サン・アロ−20% / トクヤマ 10%) 

1995/7/1  新第一塩ビ スタート
         第一塩ビ製造 改組
           出資比率  新会社 76%, 呉羽 24%,
           引取比率  新会社 3/4, 呉羽 1/4


日本経済新聞 1998/4/16

住友化学など3社 呉羽と塩ビ提携解消  老朽設備廃棄し競争力  

新第一塩ビは呉羽化学と共同出資する塩ビ製造会社、第一塩ビ製造の株式のうち、呉羽化学の持ち株24%を引き取り全額出資子会社にした。


化学工業日報 1998/10/2

第一塩ビ製造を吸収 新第一塩ビ  

 新第一塩ビは、10月1日付で子会社の第一塩ビ製造を吸収

 住友化学工業・千葉工場の年産能力3万5千トン設備は、老朽化にともなって9月末で生産を停止