日本とアジアの石油化学の現状その他を、各社のホームページや新聞雑誌情報を基にまとめ
た個人のデータベースです。

 他のページへ  トップページ  エチレン ナフサ価格 PE PP PS SM 

 ABS PVC VCM PC エンプラ EO PO フェノール MMA 合成ゴム その他石化業界 

 その他化学及び周辺業界 事業統合に対する公取委判断 中国市場 

 日本のコンビナート図(トップ) 石油化学年表(トップ) 各社中長期経営計画 ほか(トップ)

 アジアの石油化学 欧米の大企業                         連絡先 [email protected]

 

2004/01/16 富士経済

エンプラ市場調査を実施
−用途拡大が期待されるエンプラ市場の動向と応用製品の使用実態を調査−
  
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=62889

 総合マーケティングビジネスの(株)富士経済(東京都中央区日本橋小伝馬町 社長 原 務 03−3664−5811)は、「海外重合拠点の新設」が活発化しているエンジニアリングプラスチック業界の動向を調査した。報告書「2004年 エンプラ市場の展望とグローバル戦略」では、ワールドワイドという観点から各種エンプラ市場の動向を詳細にまとめた。


2004/01/16  富士経済

バイオ関連市場調査を実施
2010年、バイオ事業市場は1兆1,170億円と2003年から56%成長すると予測
   
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=62888

 総合マーケティングビジネスの(株)富士経済(東京都中央区日本橋小伝馬町 社長 原 務 03−3664−5811)は、バイオ事業の代表的企業51社の実態と戦略を調査した。今回の調査は、バイオ事業を研究支援市場と医療市場に限定した。研究支援市場では、解析機器・試薬、受託サービス、バイオインフォマティクスの3品目、医療市場では遺伝子診断、モノクローナル抗体診断薬、バイオ医薬について市場規模を集計し、その将来予測を行なった。
 このほどその結果を報告書「バイオ関連企業要覧2003」(A4判 123ページ)にまとめた。