日本とアジアの石油化学の現状その他を、各社のホームページや新聞雑誌情報を基にまとめ
た個人のデータベースです。

 他のページへ  トップページ  エチレン ナフサ価格 PE PP PS SM 

 ABS PVC VCM PC エンプラ EO PO フェノール MMA 合成ゴム その他石化業界 

 その他化学及び周辺業界 事業統合に対する公取委判断 中国市場 

 日本のコンビナート図(トップ) 石油化学年表(トップ) 各社中長期経営計画 ほか(トップ)

 アジアの石油化学 欧米の大企業                         連絡先 [email protected]

 

化学工業日報 2003/12/15

トクヤマ、韓国 LG化学と戦略提携
 VCMを長期供給、関連技術交流も 徳山事業所、操業安定化で競争力

トクヤマは、韓国のLG化学と戦略的提携関係を構築した。塩化ビニルモノマー(VCM)の長期供給ならびに塩ビ関連を中心とした技術の供与などに関する包括的な契約を締結した。契約の詳細は明らかにしていないが、VCM供給量は年数万トン程度とみられる。国内の塩化ビニル樹脂(PVC)需要に頭打ち感が色濃いなか、系列の新第一塩ビのPVC向けの余剰分をLG化学に振り向けることで自家発電、電解、VCMからなる生産チェーンの操業を安定化させるのが狙い。
一方のLG化学は中国事業拡大に向けて原料の安定確保が可能となる。