日本とアジアの石油化学の現状その他を、各社のホームページや新聞雑誌情報を基にまとめ
た個人のデータベースです。

 他のページへ  トップページ  エチレン ナフサ価格 PE PP PS SM 

 ABS PVC VCM PC エンプラ EO PO フェノール MMA 合成ゴム その他石化業界 

 その他化学及び周辺業界 事業統合に対する公取委判断 中国市場 

 日本のコンビナート図(トップ) 石油化学年表(トップ) 各社中長期経営計画 ほか(トップ)

 アジアの石油化学 欧米の大企業                         連絡先 [email protected]

 

2004/03/19 三菱化学/伊藤忠商事/三菱商事       

中国大シャ島高純度テレフタル酸(PTA)事業計画について    会見  調印  認可
http://www.m-kagaku.co.jp/newsreleases/2003/20040319-1.html

 三菱化学株式会社(本社:東京都港区、社長:冨澤 龍一、以下「三菱化学」)、伊藤忠商事株式会社(本社:大阪府大阪市、社長:丹羽 宇一郎、以下「伊藤忠」)及び三菱商事株式会社(本社:東京都千代田区、社長:佐々木 幹夫、以下「三菱商事」)は、今般、中国における高純度テレフタル酸(PTA)事業について事業進出計画を決定し、3月10日に詳細事業化計画書を中国政府に提出いたしました。本計画書の中国政府最終認可は本年6〜7月になる予定です。

 本事業計画は、以下の内容を骨子とします。(本事業計画の概要については別紙1ご参照)

(1) 三菱化学、伊藤忠及び三菱商事の日本側3社が寧波PTA投資株式会社(以下「日本投資新社」)を日本で設立。
(2) 日本投資新社が中国中信集団("CITIC")の出資を得て、PTAの製造・販売を行う寧波三菱化学有限公司(以下「中国合弁新社」)を中国国内に設立。
(3) 中国合弁新社は、2004年6月設立、2006年7月プラント完成、2006年9月営業運転開始の予定。

 伊藤忠商事は、「ポリエステル・チェーン」を化学品ビジネスにおける重点戦略分野として位置付けており、PTAの取扱量では、商社NO.1の地位にあります。中でも中国向けは総輸入量の約10%を占め、中国国内に確固たる販売網を構築しております。

別紙1 中国におけるテレフタル酸事業計画概要

1.日本投資新社の概要
(1)設立   2004年2月
(2)社名   寧波PTA投資株式会社
(3)本社所在地   東京都港区
(4)資本金(予定)   約103億円
(5)出資比率(予定)   三菱化学(株) 61%
伊藤忠商事(株) 35%
三菱商事(株) 4%
(6)社長   船田昌興(三菱化学専務取締役)
     
2. 中国合弁新社の概要(予定)
(1)設立   2004年6月
(2)社名   寧波三菱化学有限公司
(3)本社所在地   中国浙江省寧波市
(4)資本金   108百万米国ドル(約115億円)
(5)出資比率   寧波PTA投資株式会社 90%
中国中信集団(CITIC)   10%
(6)総経理/董事長   三菱化学から派遣
(7)売上高   377百万米国ドル(2007年見通し)
(8)従業員数   約190人(内日本人従業員14人)
(9)製造設備建設計画   イ.総投資額 314百万米国ドル(約333億円)
ロ.立地    中国浙江省寧波市大シャ島(別紙4地図参照)
ハ.設備能力 60万トン/年
ニ.着工    2004年7月
ホ.営業運転開始 2006年9月

別紙2−−−日本投資新社及び中国合弁新社出資構成図

三菱化学のPTA拠点・生産   

インド No.2 800千トン 2009/2完成 →1,270千トン
今回のインドでの増設によって三菱化学グループ全体のPTAの当面の設備能力は、日本25万トン、韓国160万トン、中国60万トン、インドネシア64万トンを合わせて446万トンとなる。

当社のテレフタル酸は自社技術で製造されていますが、その製法は2つあります。
 ●工程1 :パラキシレンに酢酸と触媒を混合して、高温高圧条件で空気を吹き込み酸化させて
 ●工程2 :工程1で出来たテレフタル酸を精製し、純度を高める
上記の二段階の工程を経て製造されるものを当社ではPTA、
工程1をより精密なものにして、工程2の精製工程を省略する(一段酸化法)ものをQTAと呼んでいます。
http://www.m-kagaku.co.jp/rel/1997/97082002.htm

 

別紙4−−−地図


Chemnet Tokyo 2004/3/19

三菱化学と伊藤忠商事がPTAの中国計画で会見
初年度からフル稼働と黒字計上を実現と強い自信示す

 三菱化学の船田昌興専務と伊藤忠商事の丹波俊人常務は19日記者会見し、両社と三菱商事の3社が中国中信集団(CITIC)との共同投資で実現を目指すPTA(高純度テレフタル酸)事業の計画概要を明らかにした。
 この計画は、三菱化学が第4世代の技術と呼称している最新鋭技術を使って、1系列単位では世界最大規模となる年産60万t能力のPTAプラントを中国・浙江省寧波市大しゃ(木編に射)島の新立地に06年7月に完成し、9月から稼動させるというもの。三菱化学にとっては、日本(松山)、韓国(三南石油化学)、インドネシア(三菱化学インドネシア)、インド(MCC PTA INDIA)に続く5件目のPTAの製造・販売拠点となる。
 
 記者会見した二人のうちの船田専務は「中国のPTAの需要は今年以降も引き続き年率10%以上の伸びを遂げる見通しにあり、したがって新プラントはスタート当初からフル稼働できると確信している。また、共同出資による製造・販売新会社“寧波三菱化学有限公司”は初年度からただちに黒字を計上していける見込みにある。このプロジェクトをスムースに立ち上げ、三菱グループ全体の今後の中国における事業の本格展開に重要な弾みがつけられるように持っていきたい」と事業展開に対する強い自信と意欲のほどを示した。
 
 また丹波常務は「今回のプロジェクトは、当社の
新中期経営計画“スーパーA&P”の実現の強力なエンジンとなり得るもの。さいわい当社はかねてから、PTAの取り扱い量で商社ナンバー1の地位をキープしており、中国についても総輸入量の10%を取り扱い、多くの需要家を確保している。これには、中国の繊維産業に強い基盤を有していることが大きな武器となっており、今回の新事業の展開にはこうした多くの知見や経験、さらには原料PXを安定的に確保していける強みなどを活かして十分に貢献していきたい」と抱負を述べた。


China Chemical Reporter 2004/6/16

China and Japan Sign Contract on PTA Project

On June 12, 2004 CITIC Group and Mitsubishi Chemical Corporation of Japan signed a contract on the joint construction of the first phase 600 000 t/a PTA project on the Daxie Island of Ningbo, Zhejiang Province.
The project is jointly constructed by CITIC Group and Ningbo PTA Investment Co Ltd, which is formed by Mitsubishi Chemical Corporation, Itoh & Co Ltd and Mitsubishi Corporation.
The project has a total investment of US$314 million and Mitsubishi Chemical will subscribe 90% of the investment and the Chinese partner holding 10%, with registered capital of US$108 million.
 


2005/2/4 China Chemical Weekly

Mitsubishi Chemical gets final approval for PTA project in Ningbo

The Chinese government has given the final approval for Japan
¨s Mitsubishi Chemical-led 600 000 tonne/year PTA project in Ningbo, Zhejiang Province.

Mitsubishi had secured initial approval for the project in the middle of 2003, and the company submitted a feasibility study to China
¨s government in March 2004, and awarded the building contract to Mitsubishi Heavy Industries in May, and expected to receive final approval in the middle of 2004; but the final approval was delayed.

According to the initial planning of Mitsubishi, the plant would start up in September 2006; but it maybe delayed to H1 2007 due to the late coming of the final approval.

The Ningbo
¨s project is a 90:10 jv between Ningbo PTA Investment Co Ltd and China International Trust & Investment Corp (CITIC). The Ningbo PTA Investment Co Ltd was established by Mitsubishi (61%), Itochu Corp (35%) and Mitsubishi Corp (4%).

According to latest statistics from the Customs, China
¨s imports of PTA in 2004 reacheded 5.7 Mt, up approximately 24% over 2003. The strong imports should be owed to higher demand from the Chinese chemical fibre industry, in particular the polyester industry.
China imported 3.1 Mt PTA in 2001, 4.3 Mt PTA in 2002 and 4.55 Mt in 2003.


2005/2/4 三菱化学発表

2月1日付で中国政府より最終認可を取得いたしました。

中国政府との申請
/認可に関する現在までの経緯と今後の予定は、以下の通りです。

(1) 国家発展計画委員会(現:国家発展和改革委員会)に第1次事業計画申請書(項目建議書)を提出(2001年2月)
(2) 同申請書批准(2003年6月)
(3) 詳細FS及び出資条件等の検討(〜2004年2月)
(4) 国家環境保護総局による環境アセスメント大綱認可(2003年11月)
(5) 国家環境保護総局に最終環境報告書提出(2004年2月)
(6) 最終事業化計画書(可行性研究報告)提出(2004年3月10日)
(7) 環境報告書批准(2004年4月)
(8) 最終事業化計画書認可(2005年2月1日)
(9) 中国合弁新社設立(寧波三菱化学有限公司)(2005年4月予定)
(10)建設開始(2005年4月予定)
(11)営業運転開始(2006年9月予定)