日本とアジアの石油化学の現状その他を、各社のホームページや新聞雑誌情報を基にまとめ
た個人のデータベースです。

 他のページへ  トップページ  エチレン ナフサ価格 PE PP PS SM 

 ABS PVC VCM PC エンプラ EO PO フェノール MMA 合成ゴム その他石化業界 

 その他化学及び周辺業界 事業統合に対する公取委判断 中国市場 

 日本のコンビナート図(トップ) 石油化学年表(トップ) 各社中長期経営計画 ほか(トップ)

 アジアの石油化学 欧米の大企業                         連絡先 [email protected]

 

2004/03/12  三井化学

中国における高純度テレフタル酸の投資認可申請書提出について
http://www.mitsui-chem.co.jp/whats/040312.pdf

 当社(社長:中西宏幸)は、コア事業である高純度テレフタル酸(PTA)事業の拡大を目指し、中国に生産拠点を確立すべく、建設予定地である江蘇省張家港保税区にPTA製造・販売会社設立に関わる投資認可申請書を、昨日(3月11日)提出しました。

<認可申請書の概要>
(1)会社名  :三井化学(張家港)有限公司
(2)出資形態:三井化学100%
(3)所在地  :江蘇省張家港
(4)事業内容:PTAの製造・販売
(5)設備能力:60万トン/年(三井化学技術)


[別紙] 三井化学グループのPTA生産能力
             (千トン/年)

工場立地 プラント 稼動年 能力
(2004 年
3 月現在)
能力
(2005 年秋)
能力
(中国完成後)

岩国
<三井化学>

第1号機

1976年

190

190

190

第2号機

1985年

160

160

160

第3号機

1990年

400

400

400

インドネシア
<アモコミツイPTAインドネシア>

第1号機

1997年

450

450

450

三井化学、Amoco Mitsui PTA Indonesiaの株式譲渡
タイ
<サイアムミツイPTA>

第1号機

1999年

450

450

450

第2号機

2002年

450

450

450

第3号機

2005年秋

+

500

500

中国(今回申請)
<三井化学(張家港)有限公司>

第1号機

+

+

+

600

合計

+

+

2100

2600

3200

 

2011/11の経営概況説明会ではPTAは戦略製品から外れている。

     2009/2/24  三菱化学、テレフタル酸事業の事業構造改革 (三井化学も)


2005/1/5 日本経済新聞               三井能力

合繊原料、タイ年産3倍 三井化学 ライン増設 2008年メド


 タイでの第3系列の稼働が決まっており、タイでの総生産能力は同140万トンとなる。08年には同60万トンの第4系列の増設を検討、実現すれば総生産能力は200万トンに拡大する。


 一方、中国・江蘇省では08年前後に同60万トンのPTAプラントを稼働させる計画で昨年3月に設立認可を申請したが、政府承認が遅れている。中国計画を優先すればタイでの増産を2−3年延期し、タイを優先した場合は中国計画を同様に遅らせる考え。


2005年11月14日 三井化学

タイ国高純度テレフタル酸No.3プラントが営業運転開始

 当社(社長:藤吉建二)のタイ国における連結子会社Siam Mitsui PTA Co., Ltd.(SMPC)は、この度、ラヨン県マプタプットにおいて高純度テレフタル酸(PTA)のNo.3プラント(生産能力50万トン/年)の営業運転を開始しました。

 今回のNo.3プラントの稼動により、SMPCの生産能力は、1999年のNo.1プラントの稼動開始(35万トン/年)以降、6年の間にアセアンでは最大となる合計140万トン/年となりました。


ご参考 Siam Mitsui PTA Co., Ltd.の概要
 本社:1 Siam Cement Road, Bangsue, Bangkok 10800, Thailand
 社長:津崎 明
 設立:1995年9月
 資本金:28億バーツ(約78億円)
 出資比率:三井化学 49%、CCC*49%、SMH Co., Ltd. 2%
 事業内容:PTAの製造、販売
   注)* CCC:Cementhai Chemical Co., Ltd.
        (Siam Cement 100%出資の石油化学会社)