日本とアジアの石油化学の現状その他を、各社のホームページや新聞雑誌情報を基にまとめ
た個人のデータベースです。

 他のページへ  トップページ  エチレン ナフサ価格 PE PP PS SM 

 ABS PVC VCM PC エンプラ EO PO フェノール MMA 合成ゴム その他石化業界 

 その他化学及び周辺業界 事業統合に対する公取委判断 中国市場 

 日本のコンビナート図(トップ) 石油化学年表(トップ) 各社中長期経営計画 ほか(トップ)

 アジアの石油化学 欧米の大企業                         連絡先 [email protected]

 

シンガポール(続き)                                     Back

(Chemnet Tokyo 2002/3/8)

三井化学、シンガポールのフェノール20万トン工場が8日竣工


 MPHSは資本金54百万USドル(三井化学90%、三井物産10%出資)。
 生産能力はフェノール20万トン/年、アセトン12万トン/年。
  フェノールは日本の50万トンと合わせて年産70万トン能力となった。


Chemnet Tokyo 2002/4/8

シンガポールのフェノール事業「量産拠点の強み生かす」と三井化学の田中さん


三友新聞 2001/1/11

三井化学の全額出資子会社 シンガポールでBPAプラント建設          完成
  東洋エンジニアリングが連続受注
 
        http://www.mki.co.jp/mitsuiPR/news/file/news685.htm 

  

  ミツイ・ビスフェノール・シンガポール(MBS、坪井正雄社長)に、ビスフェノールA(BPA)
    第一プラント(年産能力7万トン、既に完成)
    第二プラント(年産能力7万トン、今年8月引渡し)
    第三プラント(年産能力7万トン) 着工は5月で、完工は2002年10月

 


化学工業日報 2002/3/1)

三井化学、シンガポール拠点でBPA輸出体制強化

原料からの一貫体制で結ばれた帝人ポリカーボネート・シンガポール(TPS)向け以外の市場を一定に確保することが狙い。


2003/1/29 三井化学

シンガポールにおけるビスフェノールA第3系列が営業運転開始
     
 http://www.mitsui-chem.co.jp/whats/030129.htm



ご参考 ミツイ・ビスフェノール・シンガポール社の概要

1.社名 : MITSUI BISPHENOL SINGAPORE PTE LTD
2.本社 : 65 Chulia Street No.38-01,OCBC Centre,Singapore 049513
3.工場 : ジュロン島
4.設立 : 1997年6月
5.資本金 : 113.6百万シンガポール$
6.社長 : 吉浦 春樹
7.事業概要 : ビスフェノールAの製造、販売

千代田化工 2000/10/17 発表 

シンガポールでポリカーボネート樹脂製造プラント増設工事を受注
     
http://www.chiyoda-corp.com/index_j.html

Teijin Polycarbonate Singapore Pte Ltd.(略称TPS)より
  ポリカーボネート樹脂製造プラント第3期工事のEPC(設計・調達・建設)業務を受注

第1期工事(年産6万トン)の実績が高く評価され、第2期工事に続き、第3期工事を連続で受注
帝人グループは第4期工事(年産5万トン)の建設も決めており、引続き受注を狙う。第4期までの工事でTPS社の生産能力は年産18万トン


2001/9/20 三井化学発表 

シンガポールにおけるタフマープラント起工式開催の件
    
 http://www.mitsui-chem.co.jp/

 

1. 社  名: MITSUI ELASTOMERS SINGAPORE PTE LTD
2. 設  立: 2001年2月26日
3. 資 本 金: 35百万US$(三井化学100%出資)
4. 所 在 地: 65 Chulia Street #38−04 OCBC Centre
    Singapore 049513
    (電話:+65-532-4030 FAX:+65-533-6423)
5. 社  長: 吉 田 耕
6. 事業内容: 高機能エラストマー「タフマー」を中心としたエラストマー製品の製造・販売
7. プラント概要:
    生産能力: 10万トン/年
    スケジュール: 完工 2002年12月
     営業運転開始 2003年4月
    総投資額 100百万US$

 なお、プラント(立地:ジュロン島メルバウ地区)完成後は、日本国内(市原工場)と合わせて、当社グループのタフマー生産能力は年産20万dとなり、世界におけるトップメーカーの地位が更に強化されることになります。


(化学工業日報 2002/3/15)

三井化学、シンガポールで樹脂改質剤設備が11月完成へ


メタロセン触媒を用いたアルファ−オレフィン共重合体(製品名・タフマー)
年産能力10万トン設備


2003/4/10 三井化学

シンガポールにおけるタフマープラント営業運転開始
    
http://www.mitsui-chem.co.jp/



高性能エラストマー(商品名「タフマー」) 年産10万トン


 
ミツイ・エラストマーズ・シンガポール社の概要

1.社名   Mitsui Elastomers Singapore Pte. Ltd
2.本社   65 Chulia Street No.38-05/06 OCBC Center, Singapore 049513
3.工場   Jurong島
4.設立   2001年2月7日
5.資本金   35百万US$(三井化学100%出資)
6.社長    吉田耕
7.事業内容   高機能エラストマー「タフマー」を中心としたエラストマー製品の製造・販売

2003年11月11日 Chemnet Tokyo

ミツイ・エラストマーがシンガポールで11日竣工式
高機能エラストマーの現地生産が順調に

 三井化学の全額出資によるラストマーの製造・販売会社「ミツイ・エラストマー・シンガポール社(MELS)」は11日、現地のリッツカールトンホテル・シンガポールで高機能エラストマー(商品名・タフマー)新設備の竣工式を開いた。営業運転は今年4月であった。


2005/12/27 三井化学

シンガポールにおけるフェノール及びビスフェノールA子会社の統合について
http://www.mitsui-chem.co.jp/whats/2005_1227_2.htm

 当社(社長:藤吉建二)は、フェノール事業の一体運営による事業の強化を図るため、シンガポールにおけるフェノール・アセトンの製造販売子会社であるMitsui Phenol Singapore Pte. Ltd.(社長:竹本元、三井化学90%、三井物産10%出資) と ビスフェノールAの製造販売子会社であるMitsui Bisphenol Singapore Ptd. Ltd. (社長:竹本元、三井化学100%出資) を2006年1月1日付けで統合し、Mitsui Bisphenols Singapore Ptd. Ltd.として発足させることと致しました。

新会社の概要は、以下のとおりです。
1. 会社の名称 : Mitsui Phenols Singapore Pte. Ltd.
2. 資本金 : 120百万US$ (三井化学 95%、三井物産 5%)
3. 本社所在地 : 1 Raffles Place #36−00 Centre Singapore 048616
4. 社長 : 竹本 元
5. 事業内容 : フェノール、アセトン及びビスフェノールAの製造と販売
6. 生産能力 : フェノール 25万d/年
          アセトン 15万d/年
          ビスフェノールA 23万d/年
7. 売上高 : 500百万US$ (2006年)

参考資料>
Mitsui Phenol Singapore Pte. Ltd. 及びMitsui Bisphenol Singapore Ptd. Ltd.の概要

社 名 Mitsui Phenol Singapore Pte. Ltd. Mitsui Bisphenol Singapore Ptd. Ltd.
事 業 内 容 フェノール及びアセトンの
製造・販売
ビスフェノールAの製造・販売
設 立 1999年 4月 1997年 6月
資 本 金 54百万米ドル 114百万シンガポールドル
(約66百万米ドル)
出 資 比 率 三井化学 90%、三井物産 10% 三井化学 100%
本 社 シンガポール シンガポール
社 長 竹本 元 竹本 元
売 上 高 420百万米ドル 390百万米ドル