日本とアジアの石油化学の現状その他を、各社のホームページや新聞雑誌情報を基にまとめ
た個人のデータベースです。

 他のページへ  トップページ  エチレン ナフサ価格 PE PP PS SM 

 ABS PVC VCM PC エンプラ EO PO フェノール MMA 合成ゴム その他石化業界 

 その他化学及び周辺業界 事業統合に対する公取委判断 中国市場 

 日本のコンビナート図(トップ) 石油化学年表(トップ) 各社中長期経営計画 ほか(トップ)

 アジアの石油化学 欧米の大企業                         連絡先 [email protected]

 

日本の塩ビマップ                       Back

   1995〜97  vs  2000〜


 鹿島塩ビモノマー改組
  ・増設に際し、三菱化学が50千トンの引取り権を獲得(東亜合成川崎向け)
  ・2000年改組:旭硝子、三菱化学が引取り権を放棄


千葉地区(1995−96)

1995/7 新第一塩ビ設立(住化千葉工場 → 新第一塩ビ)
1993  京葉モノマー設立、1995/7 呉羽化学が参加
1996/4 大洋塩ビ設立(電気化学千葉工場 → 大洋塩ビ)


(1998〜)

1998/3  第一塩ビ製造の呉羽枠を新第一塩ビが買収、98/9 住化千葉 旧工場停止
1998/10 新第一塩ビが第一塩ビ製造を吸収合併
1998/8  旭ペン、VCM停止
1998/9  電化が千葉塩ビモノマー離脱、千葉電解・千葉EDC・袖ヶ浦ケミカル解散
        電化は東ソーからVCM購入
1999/7  千葉塩ビモノマー解散   2000/5 チッソ千葉工場停止
2003/1  呉羽化学、大洋塩ビに営業譲渡 錦工場は大洋塩ビから製造受託

 


川崎地区

1996 三菱化学/東亞合成提携 (東西スワップ、三菱技術による川崎増設)
1998 新プラント完成

 


2000/4 ヴイテック設立 (三菱化学/東亜合成)
      川崎工場能力見直し


セントラル化学 2003/3でVCM生産停止、PVC販売停止
ヴイテック    2003年初 旧プラント停止


四日市地区

1996/4 大洋塩ビ設立 (東ソー、三井東圧、電気化学)
東ソー ビニルチェーン拡大
2000/4 ヴイテック設立 (三菱化学、東亞合成) 四日市能力見直し
       2003年 四日市能力再見直し → 104,000  

 


大阪地区

1996/4 大洋塩ビ設立(東ソー、三井東圧、電気化学)


1996/9 鐘化大阪停止(高砂に集約) 
1997/12 東亞合成徳島停止(川崎に集約)
鐘化・住化の委託加工契約終焉で新第一塩ビ 愛媛向けはトクヤマが供給
1999/4 三井化学・鐘化のVCM契約終焉、東ソーVCMに切替
1999/12 三井化学 電解、VCM停止(VCMは全量 東ソー品に)
2000/3 山陽モノマー停止で旭化成向けVCMを鐘化が供給
       (旭化成は三菱に75千tを製造委託、不足分を鐘化から購入)


水島地区(1995)

1995/7 日本ゼオン、住友化学、トクヤマ、サン・アローが新第一塩ビを設立
        ゼオン水島、高岡PVC工場 → 新第一塩ビ


2000

2000/3 山陽モノマー、新第一塩ビ水島 停止
2000/4 ヴイテック設立 (三菱化学60%、東亞合成40%)
      山陽モノマー停止で旭化成がヴイテックにVCM委託(チッソ、旭化成延岡へ)        不足分は鐘化から購入 
2000/3 チッソ廃業、水島工場は鐘化から製造受託 

2003/3 チッソ水島工場停止(鐘化からの受託停止)
2002年末能力修正  新第一塩ビ高岡工場  50,000t
               ヴイテック 水島    115,000
                      四日市   104,000t
                      川崎    115,000t 


徳山地区(1996)


1995/7 新第一塩ビ設立 (日本ゼオン、住友化学、トクヤマ、サン・アロー)
1996/4 大洋塩ビ設立 (東ソー、三井東圧、電気化学)
       東ソーのペーストはそのまま


2000〜

東ソーのビニルチェーン拡大 (エチレン購入増)
  電化の千葉塩ビ離脱、三井のVCM停止、鐘化からの購入打ち切りで
  大洋塩ビの千葉、 大阪工場に南陽から全面供給(四日市不足分も)
2000/7 チッソ水俣停止(2000/3でチッソはPVC事業から撤退)
1996/11 サン・アロー VCMをS&B (135千t → 300千t)
        1999/4 トクヤマが吸収合併