日本とアジアの石油化学の現状その他を、各社のホームページや新聞雑誌情報を基にまとめ
た個人のデータベースです。

 他のページへ  トップページ  エチレン ナフサ価格 PE PP PS SM 

 ABS PVC VCM PC エンプラ EO PO フェノール MMA 合成ゴム その他石化業界 

 その他化学及び周辺業界 事業統合に対する公取委判断 中国市場 

 日本のコンビナート図(トップ) 石油化学年表(トップ) 各社中長期経営計画 ほか(トップ)

 アジアの石油化学 欧米の大企業                         連絡先 [email protected]

 

日本経済新聞 2002/3/20  

三井物産・三菱商事など4社 サウジでメタノール生産
 年100万トン、世界最大規模 20年ぶり石化大型投資

 

新設の合弁会社は「インターナショナル・メタノール・カンパニー」(IMC、ジュベール市)

出資比率
現地の化学品メーカー「
サウジ・インターナショナル・ペトロケミカル」(SIPC、アルコバル市)が65%、物産が約20%、商事とダイセル化学工業、飯野海運がそれぞれ約5%。

サウジでは3番目のメタノール製造会社となる。
   注 
@AR-RAZI Saudi Methanol Compan:三菱ガス化学ほか出資
     A
IBN SINA National Methanol Company

 


2002/8/6 日本経済新聞

サウジでプラント受注 千代田化工 メタノール最大級

 


 

SAUDI INTERNATIONAL PETROCHEMICAL COMPANY

    http://www.zamil.com/web/sp.html

 


 1997/6/2 三菱ガス化学

サウジメタノールカンパニー第4期計画 世界最大のメタノール単一工場さらに増強
   1999年4月完成予定、生産能力300万トン/年超に


 第4期メタノール計画の概要

  ●計画内容   メタノール製造プラントの1系列増設
  ●プロセス   MGCプロセス(第1期、第2期、第3期プロセスと同じ)
MGCは同時に運転指導、技術協力を行う
  ●契約内容        詳細設計、機器製作および調達、現地建設工事をMHIが請け負う、フルターンキーベース
  ●設備能力   2,500トン/日、85万トン/年
  ●完成予定   1999年4月


 第3期プラント完成により、約220万トン/年体制となり、メタノール単一工場としては世界最大となりますが、第4期プラントが完成すれば
年間生産能力は300万トンを上回り、工場運営の合理化に大きく寄与するものと期待されます。


〈日本・サウジアラビアメタノール株式会社 概要〉

  設立   1979年11月12日
  資本金   4,620百万円
  資本構成   三菱ガス化学株式会[email protected]
海外経済協力基金   30.0%
三井東圧化学株式会社  5.0%
住友化学工業株式会社  5.0%
株式会社クラレ     5.0%
伊藤忠商事株式会社   5.0%
新日鉄化学株式会社   1.0%
東邦理化工業株式会社  1.0%
日本化成株式会社    1.0%


〈サウジメタノールカンパニー(AR-RAZI) 概要〉

  設立   1980年2月9日
  資本金   259百万サウジリアル
  資本構成   日本・サウジアラビアメタノール株式会社    50%
SAUDI BASIC INDUSTRIES CORPORATION 50%