日本とアジアの石油化学の現状その他を、各社のホームページや新聞雑誌情報を基にまとめ
た個人のデータベースです。

 他のページへ  トップページ  エチレン ナフサ価格 PE PP PS SM 

 ABS PVC VCM PC エンプラ EO PO フェノール MMA 合成ゴム その他石化業界 

 その他化学及び周辺業界 事業統合に対する公取委判断 中国市場 

 日本のコンビナート図(トップ) 石油化学年表(トップ) 各社中長期経営計画 ほか(トップ)

 アジアの石油化学 欧米の大企業                         連絡先 [email protected]

 

(PVC続き)                                              PVCへ

日本経済新聞 1995/9/14  

東ソー・三井東圧・電気化学 塩ビ樹脂事業を統合
 共販超え1月新会社 生産能力58万トンに

 注 当初報道(下記記事)では三井東圧・東ソー2社の事業統合


日本経済新聞 1995/7/20

三井東圧・東ソー 塩ビ事業を統合 年内にも新会社 年産41万トン 国内最大級に


   

実際は東ソーと電化が三井東圧を引っ張りこんだという形。
    (電化は旭硝子、呉羽との提携をさきに進めていたが、東ソーの提案に乗ったもの)

1995/9/13  東ソー・三井東圧・電気化学 3社のJVの発表内容

社名   未定
設立   1996/1/1
営業開始   1996/4/1
資本金   10億円
出資比率   東ソ− 37% / 三井東圧 37% / 電化 26%
事業内容   PVCのみ(但し東ソ−のペ−スト[南陽工場]は除く)
設備はJVに譲渡せず、親会社が製造受託する。 
従業員   75名(営業、管理、研究・開発)
初年度売上   500 億円
能力   580 千トン    
 東ソ−(四日市) 250千トン(南陽ペ−スト25千トンは除外)
 三井東圧(大阪) 122
 電気化学(千葉)  94
 日本PVC(大阪) 114    三井東圧60% / 電化40% JV 
 (合   計) 580千トン
       
東ソ−は共同塩ビ販売、三井東圧と電気化学は日本塩ビ販売に属しているが、いづれも離脱する。