日本とアジアの石油化学の現状その他を、各社のホームページや新聞雑誌情報を基にまとめ
た個人のデータベースです。

 他のページへ  トップページ  エチレン ナフサ価格 PE PP PS SM 

 ABS PVC VCM PC エンプラ EO PO フェノール MMA 合成ゴム その他石化業界 

 その他化学及び周辺業界 事業統合に対する公取委判断 中国市場 

 日本のコンビナート図(トップ) 石油化学年表(トップ) 各社中長期経営計画 ほか(トップ)

 アジアの石油化学 欧米の大企業                         連絡先 [email protected]

 

塩ビ安定剤                                     PVCへ

  メーカー

  品川化工 海外拠点

 

  2002/9  堺化学、住友化学の連結子会社「共同薬品」を子会社化

  2010/4/28 堺化学 、共同薬品株式会社の完全子会社化
 

  2003/7  水澤化学 塩ビ樹脂用安定剤、非鉛系中国で拡販

 


日本無機薬品協会 塩化ビニール安定剤部会

・設 立 昭和35年8月
・部会長 勝田 耕永(勝田化工株式会社 取締役社長)

・部会員 塩化ビニル安定剤メーカー12社

昭島化学工業(株)/旭電化工業(株)/勝田化工(株)/キクチカラー(株)
共同薬品(株)/
堺化学工業(株)/三共有機合成(株)/品川化工(株)
東京ファインケミカル(株)/鉛市化学工業(株)/日東化成(株)
水澤化学工業(株)

 日本無機薬品協会(昭和23年設立/会長=松本博堺化学工業会長)の中に設けられた塩ビ安定剤メーカーの組織です。
 安定剤は熱加工時の塩ビの劣化を防止する性能のほか、塩ビ製品の耐候(光)性、電気絶縁性、透明性などを高める上でも大きく貢献しています。
 当協議会への入会は、環境問題への対応や化学物質の安全性向上が求められる社会状況に積極的に答えていこうという目的によるもので、今後、同部会では塩化ビニルに携わる各種団体との連携により、さらなる安全性の向上、環境問題の解決に向けて調査研究活動を強化していく方針です。


2002/09/18 堺化学工業

共同薬品株式会社の株式取得(子会社化)に関するお知らせ 
    
http://www.sakai-chem.co.jp/img/pr020918.pdf


住友化学工業株式会社などの株主より共同薬品株式会社の株式を取得し、同社を子会社化(連結対象)することを決議



化学工業日報 2002/8/22

品川化工、塩ビ安定剤・金属石鹸、インドに生産拠点
 現地社と合弁、年5000トン、増強視野に 南ア、中国でも計画

インド:塩化ビニル樹脂用安定剤および金属石けんの生産拠点を確保

シンガポール:サンエース・カコー(通称・SAK)が中軸になっており、SAKがバイニール・ケミカルの新規発行株式を引き受けて49%の株式を8月に取得。先週には社名も「サンエース・バイニールケミカル」に変えた。

中国:上海にSAKの支店があるが、来年末までに生産拠点を確保する方針


シンガポール、豪州、マレーシア、サウジアラビアおよびインドの5カ国に工場がある。南アフリカの合弁販売会社でも今年末をめどに塩ビ安定剤の生産を開始する予定のため、生産拠点を置く国は6カ国に増える。これに中国が加われば、SAKの支店のあるバーレーンを除いた7カ国に生産拠点が配置されるという体制になる。


化学工業日報 2002/7/4

品川化工、南アで塩ビ安定剤生産 年3000トン、年内にも稼働
   世界6.4万トン体制に

当初の年産能力は3000トンを計画。


 同社の主力事業は塩ビ安定剤と金属石けんで、グループ売上高の約7割を海外が占める。塩ビ安定剤の現有年産能力は、日本が14,400トン、シンガポールが24,000トン、マレーシアが7,000トン、豪州が12,200トン、サウジアラビアが7,000トンで世界全体で約61,000トン。南アフリカの3,000トンが加わると64,000トン体制と、世界大手の基盤が一段と強化される。
 サウジアラビアでは現地の合弁会社「サンエース・ガルフ」が昨年に商業生産を開始。また、今年に入ってシンガポールでCaIZn系塩ビ安定剤で年産2400トンの生産設備を追加して6月に立ち上げたほか、マレーシアでは5月に設備手直しで年産1000トンを増強。豪州では5月に米フェローの現地法人から樹脂添加剤事業を買収し、CalZn系塩ビ安定剤で年産5000トン、液状複合系塩ビ安定剤で同1200トンの能力が加わった。 


水澤化学工業

 昭和初期、日本では石油や油脂の精製に使用される活性白土はすべて輸入に頼っていました。 そこで、1937年(昭和12年)、国内生産に踏みきるために、武田薬品工業株式会社の出資によって設立されたのが武田白土工業株式会社、現在の水澤化学工業株式会社です。
  (武田薬品工業(株)53.1%、三井物産(株)10.0%)
 
 その後も、塩化ビニル成型時に使用する樹脂用安定剤、ノーカーボンペーパー用発色剤、湖沼汚染の原因となっていたリン酸塩にかわる無リン洗剤の助剤など画期的な製品の開発に成功。技術とともに、一歩いっぼ確実に発展の道を歩んできました。


 1990年には、タイに Siam Stabilizers and Chemicals Co.,Ltd.をタイ・プラスチック社および三井物産他1社と(合弁)で設立、塩ビ樹脂用複合安定剤を製造・販売しています。


化学工業日報 2003/7/23

水澤化学 塩ビ樹脂用安定剤、非鉛系中国で拡販 タイ拠点の稼働で

 
水澤化学工業は、塩化ビニル樹脂用非鉛系安定剤の中国市場開拓に乗り出す。タイの合弁拠点サイアム・スタビライザーズ・アンド・ケミカルズ(SSC)において年間1,200トンの新設備が稼働したのを機に、新規ユーザー開拓を本格化するもの。