日本とアジアの石油化学の現状その他を、各社のホームページや新聞雑誌情報を基にまとめ
た個人のデータベースです。

 他のページへ  トップページ  エチレン ナフサ価格 PE PP PS SM 

 ABS PVC VCM PC エンプラ EO PO フェノール MMA 合成ゴム その他石化業界 

 その他化学及び周辺業界 事業統合に対する公取委判断 中国市場 

 日本のコンビナート図(トップ) 石油化学年表(トップ) 各社中長期経営計画 ほか(トップ)

 アジアの石油化学 欧米の大企業                         連絡先 [email protected]

 

信越化学 社史より                                PVCへ

高度成長下で既存事業の積極的拡大(昭和41〜44年)
 鹿島コンビナートヘの参加
  石油化学の大型化を背景に

2.大型塩化ビニル工場の建設
 原料・製法転換への模索

 第1 石油化学、塩化ビニル工業を取り巻く情勢の変化である。
  
エチレン誘導品としての塩化ビニルの成長見通し、さらにオキシ法の登場など

 第2 第4次増設計画以降、原料、製法そして立地について明確な展望なし

 第3 
三菱商事を通じて鹿島計画参加の打診

 塩ビモノマーセンター構想の登場


アンモニア法ソーダの電解法への転換

アンモニア法4社はそれぞれEDCの生産を開始した。
 その後
塩ビモノマーセンターを建設する計画を推進

三菱油化 年産30万トン計画を通産省に提出
   他企業との提携もしくはコンビナートヘの参加を求めて実施することを前提に検討
     
塩ビモノマー、食塩電解、塩ビ樹脂およびアンモニア

 鹿島進出で基本合意

共同出資による鹿島塩ビモノマー、鹿島電解、鹿島アンモニアの設立



3.鹿島塩ビモノマー、鹿島電解の設立と工場建設

 
鹿島塩ビモノマーに50%出資
 
 昼夜を分かたぬ突貫工事
 
 世界初の大型重合機で製造開始

 昭和45年7月には鹿島塩ビモノマーのプラントが完成

 130mという世界初の大型重合機による塩化ビニルの製造