日本とアジアの石油化学の現状その他を、各社のホームページや新聞雑誌情報を基にまとめ
た個人のデータベースです。

 他のページへ  トップページ  エチレン ナフサ価格 PE PP PS SM 

 ABS PVC VCM PC エンプラ EO PO フェノール MMA 合成ゴム その他石化業界 

 その他化学及び周辺業界 事業統合に対する公取委判断 中国市場 

 日本のコンビナート図(トップ) 石油化学年表(トップ) 各社中長期経営計画 ほか(トップ)

 アジアの石油化学 欧米の大企業                         連絡先 [email protected]

 

2004/04/26 日清紡績

高機能性樹脂素材『カルボジライト®』生産設備の増設についてのお知らせ
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=70466

 日清紡績株式会社(本社:東京都中央区、社長:指田禎一、以下「日清紡」)は、徳島工場(所在:徳島県徳島市)に高機能性樹脂素材"カルボジライト®(CARBODILITE®)"※1の生産設備、ならびに化学製品のパイロット設備を導入いたします。これにより、カルボジライト®の生産能力を現在の10倍以上に引き上げ、量産体制を確立し、カルボジライト®の本格的な事業化を推進してまいります。


【設備投資概要】
 ◆カルボジライト®生産設備
  [1]設置場所:徳島工場
  [2]投資額:970百万円
  [3]生産能力:100t/月
  [4]完成予定:2005年3月

 ◆化学製品パイロット設備
  [1]設置場所:徳島工場
  [2]投資額:680百万円
  [3]完成予定:2005年3月

※1 カルボジライト®とは…

高機能性ポリマー"ポリカルボジイミド"をベースとした商品群の総称で、水性・油性・粉末状・液状などのタイプがあります。
日清紡では、1994年頃からポリカルボジイミドの化学反応性に着目し、各種の樹脂改質剤を開発しております。
主に次のような規制に対する分野での効果が期待されております。

化学物質の規制…揮発性有機化合物(VOC)規制、環境ホルモン問題、シックハウス問題、重金属(鉛)規制、ハロゲン不使用、化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律(化審法)の強化
CO2排出規制…植物由来原料の用途拡大

※2 ポリカルボジイミドとは…

分子中に「−N=C=N−」(カルボジイミド基)を有する日清紡が独自に開発したポリマー(高分子)のことで、一般的には、カルボジイミド化触媒の存在下ジイソシアネートの脱炭酸縮合反応によってつくられます。

ポリカルボジイミドは化学反応性を有し、カルボキシル基やアミノ基などと反応します。
反応性ポリマーのなかで毒性のない安全性を持つほか、水性化100%を実現し、環境にも優れている特長があります。

 
【カルボジライト®の主な商品群】
 水性樹脂架橋剤 ペースト状接着剤 ポリエステル樹脂改質剤


2006/5/10

DuPont Packaging & Industrial Polymers Launches New Family of High-Performance Modifiers

DuPont Packaging & Industrial Polymers today announced that it is launching a new family of high- performance modifiers that will impart specific desired properties to a wide variety of polymers. The first product in the DuPont(TM) Entira(TM) line to be introduced globally is Entira(TM) AS.

Developed by DuPont-Mitsui Polychemicals Co., Ltd., a joint venture between DuPont and Mitsui Chemicals Inc., Entira(TM) AS offers excellent antistatic properties, high frequency weldability and high moisture permeability. Typically, less than 40 percent by weight of Entira(TM) is needed in a polymer compound to achieve the desired benefits. The launch of Entira(TM) AS in the Japanese market was also announced today by DuPont-Mitsui Polychemicals.

化学工業日報 2006/5/11

 三井・デュポンポリケミカルは、米デュポンの技術をベースとした自社開発のエチレン系高機能樹脂(製品名・エンティラ)を事業化し、デュポンと共同で世界規模での市場展開に乗り出した。
 エンティラは優れた帯電防止性、高周波シール性、透湿性が特徴で、ポリオレフィン樹脂などの改質材として採用拡大を図る。
 大竹工場の既存プラントで生産し、数百トン規模で販売し、09年度に10億円の売り上げを目指す。