日本とアジアの石油化学の現状その他を、各社のホームページや新聞雑誌情報を基にまとめ
た個人のデータベースです。

 他のページへ  トップページ  エチレン ナフサ価格 PE PP PS SM 

 ABS PVC VCM PC エンプラ EO PO フェノール MMA 合成ゴム その他石化業界 

 その他化学及び周辺業界 事業統合に対する公取委判断 中国市場 

 日本のコンビナート図(トップ) 石油化学年表(トップ) 各社中長期経営計画 ほか(トップ)

 アジアの石油化学 欧米の大企業                         連絡先 knak@js2.so-net.ne.jp

 

Butanediol                                            Back

      ポリウレタン繊維 ←PTMG ← THF ← 1,4-ブタンジオール

                         
(BASF中国はブタンから直接THFを生産)

 

   14 ブタンジオール(14BD)生産能力
                (単位:トン/年)

会社名 工場 生産能力 備考  
出光BASF 千葉   25,000 出光石油化学50% BASF50% 改組
東燃化学 川崎  (30,000) 撤退  
三菱化学 四日市   90,000 2013/3 うち30,000トンを停止、廃棄  

出光BASF改組(2003/7/1)
 社名:出光BASF→BASF出光
 出資比率:BASF 50%、出光 50% →BASF 67%、出光 33%
 その他:BASFグループの事業をBASF出光に一本化

三菱化学    四日市  韓国BASF提携  アジア
BASF   出光BASF   Korea   USA 
保土ヶ谷化学   台湾

 

BASF、四日市事業所でのTHF/PolyTHF(R)生産活動を終了

ーーー

2012/3/28 三菱化学 

1,4ブタンジオール製造設備を一部停止

弊社は、伸縮性繊維やウレタン等の原料として使われる1,4ブタンジオールを四日市事業所にて製造しております
が、同製品の原料であるブタジエンが、合成ゴムの需要増により、近年高騰しております。そのため、弊社の1,4ブタンジオールの製造コストが上昇し、事業運営上厳しい状況が続いておりました。
そのため、採算の改善を図るべく、弊社は、2013年3月をもって1,4ブタンジオール製造設備2系列(2系列合計生産能力 90千トン/年)のうち、規模の小さい1系列(生産能力 30千トン/年)を停止することといたします。

2008/12/16 三菱化学、ブタジエンの新規製造技術を開発


2003/6/3  BASF ジャパン(株) 

BASF と出光、日本における1,4 ブタンジオール事業を再編
     
http://www.basf-japan.co.jp/news/html/030603.html

 

 BASF (本社:ドイツ ルートヴィッヒスハーフェン)
  2003 年7 月1 日付けで出光BASFの持株比率を50%から67%に引き上げ、
  社名をBASF 出光株式会社(BIC )へと変更

  年間生産能力25,000 トンの1,4 ブタンジオール(BDO )プラント


化学工業日報 2001/4/13

東燃化学、無水マレイン酸、1・4BDから撤退

事業構造の再構築を推進、2月にはポリフェニレンサルファイド(PPS)樹脂事業売却を発表。


化学工業日報  2001/2/16 

三菱化学、アジアでも1・4BD−PBT統合プラント

1・4−ブタンジオール(1・4BD)−PBT(ポリブチレンテレフタレート)統合プラント構想を推進
2004−5年をめどにPTMG(ポリテトラメチレンエーテルグリコール)を含めた大型連続重合設備を建設

四日市事業所で2002年の1・4BD、PBT増設で国内市場への対応は完成


1999/3/25 BASF

BASF Announces Plans for North American Butanediol Plant