日本とアジアの石油化学の現状その他を、各社のホームページや新聞雑誌情報を基にまとめ
た個人のデータベースです。

 他のページへ  トップページ  エチレン ナフサ価格 PE PP PS SM 

 ABS PVC VCM PC エンプラ EO PO フェノール MMA 合成ゴム その他石化業界 

 その他化学及び周辺業界 事業統合に対する公取委判断 中国市場 

 日本のコンビナート図(トップ) 石油化学年表(トップ) 各社中長期経営計画 ほか(トップ)

 アジアの石油化学 欧米の大企業                         連絡先 knak@js2.so-net.ne.jp

 

中国の過去のアンチダンピング案件 -3                   中国以外の案件 

                    一覧表  法律   

 

対象製品  対象国 調査開始日 仮決定日 最終決定日
Benzofuranol 日本・EU・米国 2004.8.12 2005.6.16クロ 2006.2.13クロ

中国商務部、日本・EU・米国の化学品にアンチダンピング調査開始

 中国商務部は12日、公告41号で、日本・EU・米国原産のBenzofuranol(7-Hydroxy or Furan phenol) について反ダンピング調査を開始したと発表した。対象品の輸入税則番号は29329910。
 
 反ダンピング調査は通常1年以内に終わることから、この調査は2005年8月12日までに終わり、特別な事情があれば2006年2月11日まで延長することができる。

 中国のBenzofuranolの輸入数量は以下の通り。
  2001年   1274.5 t
  2002       1391.0
     2003        1956.2
     2004(1H)  1452.7

 2003年の輸入1956tのうち、910tはイタリア、756tは日本、残り290tが米国からとなっている。

2004-08-10 Ministry of Commerce Announcement No. 41

Ministry of Commerce issued an announcement in 2004, announcing an anti-dumping investigation on imported Benzofuranol originating in Japan, Europe alliance and the United State.

According to the Anti-dumping Regulations of the People's Republic of China, Ministry of Commerce made an investigation on proposer's qualification, related circs of investigated product, related circs of same genus product, investigated product's effect on national industry and related circs of requisition nation. Proposer's evidence indicate that the Benzofuranol's sum output of
Hunan Haili Zhujiang fine chemical industry Ltd. and Jiangsu Shenrong chemical industry Ltd. which support the application in 2002, 2003 and Jan to March 2004 has occupied 100% total output in national area. The fact has accorded with Article 11, 13 and 17 of Anti-dumping Regulations of the People's Republic of China.

According to the checkup result and Article 16 of Anti-dumping Regulations of the Penple's Repubilc of China, Ministry of Commerce decide to make anti-dumping investigation on imported Benzofuranol originating in Japan, Europe alliance and the united state. From the announcement issued date, the scheduled time is from 1st April 2003 to 31st March 2004, industry damage investigation time is from 1st January to 31st March 2004. The investigated product (Benzofuranol) is listed under No. 29329910 in Import-export Tariffs (2004) of the People's Republic of China.

With anti-dumping investigation any related interested parties can apply to imports and exports equity trade bureau of Ministry of Commerce to attend responses appeal within 20 days after the announcement being issued. Meanwhile, any involved case export dealer and manufacture dealer that attend responses appeal should offer the number and sum of the investigated product exported to China during April to March 2004.

With industry damage investigation, related interested parties can register response appeal to industry damage investigation bureau of Ministry of Commerce. Simultaneously, they should offer throughput, output, storage, and the plan of build and expand build and the number and sum of the investigated product.

If related interested parties don't register responses appeal within prescribed time, Ministry of Commerce is entitled to refuse accepting the submitted material.

Related interested parties can provide written comment and related evidence in 20 days after the announcement is issued. Ministry of Commerce will consider it according to the law.

The investigation starts from 12th August 2004, and ends up on 12th August 2005.It can be prolonged to 11th February 2006.


2005/6/17

中国商務部、日本・EU・米国のベンゾフラノールのダンピング調査でクロの仮決定

 中国商務部は16日の公告32号で、日本・EU・米国原産のBenzofuranol (7-Hydroxy or Furan phenol) のダンピング調査でクロの仮決定を下したと発表した。2004年8月からダンピング調査を行っていた。

 これに伴い、同日以降該当製品を輸入する業者は、仮決定で定められた各社のダンピング幅を保証金として税関に支払うこととなる。各社の保証金は以下の通り。

 米国企業
  1.FMC    74.6%
  2.その他  113.2%

 日本企業   113.2%

 EU企業    113.2%


2005/8/11

中国商務部、日本・EU・米国原産のベンゾフラノールのダンピング調査を半年延長

 中国商務部は12日の公告第54号で、日本・EU・米国原産のBenzofuranol (7-Hydroxy or Furan phenol) のダンピング調査を半年延長すると発表した。

 本件は2004年8月12日に調査を開始し、本年6月16日にクロの仮決定が出ている。反ダンピング調査は通常1年以内に終わることから、この調査は2005年8月12日までに終わる予定であったが、問題が複雑として2006年2月12日まで半年間延長する。

 なお米国・韓国・オランダ原産のEPDM に対するダンピング調査も8月5日の公告51号で2006年2月10日まで半年延長することを発表している。


2006/2/13

中国商務部、日本・EU・米国のベンゾフラノールのダンピング調査でクロの最終決定

 中国商務部は13日、公告2006年第7号で、日本・EU・米国原産のベンゾフラノール
(7-Hydroxy or Furan phenol) のダンピング調査でクロの最終決定を下したと発表した。2004年8月からダンピング調査を行い、2005年6月にクロの仮決定を行っている。

 各社のダンピング税は下記の通り。(  )は仮決定時のもの。

 米国企業
  1.FMC 44%(74.6%)
  2.その他 113.2%(113.2%)

 日本企業   113.2%(113.2%)

 EU企業   113.2%(113.2%)

 なお、
日本農薬鰍ニ米国のFMCは商務部とそれぞれ、価格協定を締結した。両社は協定を守る限り、ダンピング税を免除されるが、協定を破った場合にはダンピング税を課せられる。期間は5年。

Article 33
If the Ministry of Commerce deems that the price undertakings made by export managers are acceptable and conform to the public interests, it may decide to suspend or terminate the anti-dumping investigation without taking temporary anti-dumping measures or imposing anti-dumping duties. The decision to suspend or terminate the anti-dumping investigation should be announced by Ministry of Commerce.

Article 36
If any export manager violates his price undertaking, Ministry of Commerce may decide immediately to resume the anti-dumping investigations in accordance with the provisions of these Regulations, or on the basis of available optimum information, may decide to take temporary anti-dumping measures and backdate to anti-dumping duties on the products imported within 90 days prior to the implementation of temporary anti-dumping measures, except the products imported before the violation of price undertakings.


対象製品  対象国 調査開始日 仮決定日 最終決定日
EPDM 米国・韓国・オランダ 2004.8.10 2005.11.16クロ 2006.2.9調査中止

2004/8/10 Asia Chemical Weekly

China's MofCom initiate antidumping investigation on EPDM 

Today (August 10, 2004), the Ministry of Commerce released its Decree No. 42 on initiating antidumping investigation on imported Ethylene Propylene non-conjugated Diene Rubber (EPDM) which originating in United States, Republic of Korea, and Netherlands.  

EPDM under the antidumping investigation was listed as 40027010 and 40027090 in the tariff schedule of the Customs General Administration of the People¨s Republic of China. 

According to the Regulation of the Peoples Republic of China on Antidumping, the Ministry of Commerce will carry out investigations from the current day on dumping, dumping margin of imported EPDM from United States, Republic of Korea, and Netherlands as well as its injury, degree of injury to China¨s domestic industry. 

The antidumping investigation will complete within one year, that is, before August 10, 2005. However, it can be extended to February 9, 2006 under special circumstances.


2005/8/5 商務部 2005年第51号公告

  原産アメリカ、韓国とオランダの輸入EPDMのAD調査を2006年2月10日まで延長。


2005/11/16

中国商務部、米・韓・オランダ原産の輸入EPDMの反ダンピング調査でクロの仮決定 

 中国商務部は16日、公告2005年第76号を出し、米国、韓国及びオランダ原産の輸入EPDMの反ダンピング調査でクロの仮決定を下したと発表した。商務部は 2004年8月10日からダンピング調査を行っていた。

 これに伴い、16日以降当該製品を輸入する業者は、仮決定で定められた各社のダンピング幅を保証金として税関に支払うこととなる。各社の保証金は以下の通り。

 米国企業
  1. Dow(旧 DuPont Dow Elastomers L.L.C) :39 % 
  2. LANXESS Corporation:43 % 
  3. Exxon Mobil Corporation:3%
  4. その他:43%   
   *DuPont Dow はダウに事業を移管

韓国企業
  1. 錦湖Polychem:11% 
  2. その他:43%

オランダ企業
  1. DSM Elastomers Europe B.V.: 6%
  2. その他:43%


2006/2/9

中国商務部、米・韓・オランダ原産の輸入EPDMの反ダンピング調査 打ち切り

 中国商務部は9日、公告2006年第9号を出し、米国、韓国及びオランダ原産の輸入EPDMの反ダンピング調査の打ち切りを発表した。

 商務部は2004年8月10日から米国、韓国及びオランダ原産の輸入EPDMのダンピング調査を行い、昨年11月16日にはクロの仮決定を発表し、16日以降、当該製品を輸入する業者から、仮決定で定められた各社のダンピング幅を保証金として徴収していた。

 発表によれば、ダンピング調査を申請した吉林化学工業が本年1月23日に調査の中止を申請したため、ダンピング条例27条規定(調査継続が不適当と判断した場合は打ち切る)に基づき、調査を打ち切るもの。これまでに徴収した保証金は返還される。


対象製品  対象国 調査開始日 仮決定日 最終決定日 終了
フェノール 日本、米国、韓国、
台湾
2002.8.1 2003.6.9クロ 2004.2.1クロ  
2009.2.1   2010.1.30クロ 2015.1.30

2002/8/4 人民網 http://j.people.ne.jp/home.html

日本などのフェノール製品に反ダンピング調査を実施

 対外貿易経済合作部はこのほど公告を発表し、日本、韓国、米国、台湾地域が原産の輸入フェノール製品に対し、8月1日から反ダンピング立件調査を実施することを明らかにした。
 反ダンピング立件調査は通常、1年以内に終了するので、今回の調査は2003年7月31日までに終了する見込みだが、特別な事情があれば2004年1月31日まで延長するという。この立件調査は、中国にとって8回目の輸入製品のダンピングへの対抗措置。

提訴企業: 中国石油化工股分有限公司上海高橋分公司、中国石化北京燕化石油化工、
        中国石油天然気股分有限公司吉林化工、中国藍星ハルビン石化


Platts 2002/8/2

China investigates US, N Asia for phenol dumping

 
China on Friday launched an anti-dumping investigation into imports of phenol from Taiwan, Japan, South Korea and the US,


2002/8/21 人民網 http://j.people.ne.jp/home.html
 
輸入フェノール製品の反ダンピング調査を実施

 今月20日の午後5時は、対外貿易経済合作部が定めた輸入フェノール製品に対する反ダンピング調査の実施と、利害関係者の応訴申請提出の最終期限だった。韓国企業1社、日本と台湾地域の企業各2社、計5社の企業が外経貿部に応訴を申請した。
 外経貿部公平貿易局によると、今回の調査対象になっている
米国企業は期限内に応訴を申請しなかった。
 外経貿部は2002年6月18日、中国石油化工株式有限公司上海高橋支社、中国石化北京燕化石油化工株式有限公司、中国石油天然気株式有限公司吉林化工銷售センター、中国藍星哈爾濱石化有限公司の4社が、国内フェノール産業を代表して提出した反ダンピング調査の申請を正式に受理した。同調査は8月1日、正式な登録を済ませた。


化学工業日報 2003/2/18

需要家が取り消し嘆願、中国のフェノールダンピング提訴 供給不足を背景に


日本経済新聞 2003/6/10

樹脂原料、ダンピング仮決定

仮決定が出たのは日本のほか韓国、米国、台湾から輸入されている製品。日本企業のダンピング率は三井化学が7%、他のメーカーが144%。


2003/6/11 Ministry of Commerce Notice No. 20

The Ministry of Foreign Trade and Economic Cooperation (MOFTEC) announced an anti-dumping investigation into phenol imported from Japan, Republic of Korea, USA and as well as the Taiwan region (investigated product) in its Notice No.35 on Aug. 1, 2002. The investigated product is listed under No. 29071110 in the 2002 import tariffs of the General Administration of Chinese Customs.

MOFTEC and State Economic and Trade Commission have made investigation separately on dumping and the range of dumping, damage and the degree of damage to China's industries.

Approved by First Conference of Tenth National People's Congress, the Ministry of Commerce has carried out the anti-dumping investigation. According to the investigation and Anti-dumping Regulations of the People's Republic of China, Ministry of Commerce made original arbitration as follows:

The Ministry of Commerce confirmed that dumping of the investigated product had taken place, the investigated product had caused substantive damage to China's industries and there was a direct causal relationship between the dumping and the damage.

The dumping range of related companies is as follows:

Japanese Companies:
4. Mitsui Chemicals, INC. Japan: 7%
5. All others: 144%

Companies of Republic of Korea:
1. Kumho P&B Chemicals, INC. South Korea.: 10%
2. All others: 10%

All USA Companies: 29%

Companies of the Taiwan Region:
1. Formosa Chemicals & Fibre Corporation Taiwan: 7%
2. Taiwan Prosperity Chemical Corporation Taiwan: 10%
3. All others: 20%

According to Article 28 and 29 of Anti-dumping Regulations, the Ministry of Commerce has decided to take temporary anti-dumping measures in cash margin. Importers should pay relevant cash margin to the Customs of the People's Republic of China according to above range of dumping when they import the investigated products from above countries.

Related interested parties can provide written comment and related evidence in 20 days after the Notice is issued. The Ministry of Commerce will consider according to the law.


「人民網日本語版」2003730

輸入フェノールへの反ダンピング調査、期間を延長

商務部は
29日、日本、韓国、米国、台湾産の輸入化学薬品のフェノールに対する反ダンピング調査期間を6カ月延長し、200421日までとすることを発表した。

2003-07-30 Ministry of Commerce Notice No. 33

The Ministry of Foreign Trade and Economic Cooperation (MOFTEC) issued a notice on August 1, 2002, starting an anti-dumping investigation into imported phenol originating in Japan, Republic of Korea, USA and as well as the Taiwan region. The investigated product is listed under No. 29071110 in 2002 import tariffs of General Administration of Customs of the People's Republic of China..
Since this case is special, the Ministry of Commerce decided under Article 26 of Anti-dumping Regulations of the People's Republic of China that the investigation on this case will be prolonged for another 6 months up to February 1, 2004.


「人民網日本語版」200422

米日韓産フェノールに反ダンピング課税

 商務部は
1日公告を発表し、日本、韓国、米国、台湾地区から輸入する化学原料「フェノール」に対する反ダンピング調査について「クロ」の最終決定を下した。この決定にともない、公告の日から5年間、4カ国・地域製品の輸入時に3144%のダンピング課税が徴収される。
 フェノールをめぐる反ダンピング調査は
20028月に始まった。翌200369日には商務部が「クロ」の仮決定を下し、一時的な反ダンピング措置が取られた。仮決定後も調査機関による実態調査が続けられ、それを受けて商務部は今回、「ダンピングの事実は存在し、国内産業が損害を受けた」「ダンピングと損害との間には因果関係がある」との最終判断を示した。

ダンピング率
【日本】
 ◇三井化学    :
6
 ◇その他の企業 :
144
【韓国】
 ◇錦湖
P&B化学 :5
 ◇その他企業   :
16
【米国】
 ◇米国企業    :
36
【台湾】
 ◇台湾化学繊維 :
3
 ◇台湾信昌化学 :
5
 ◇その他の企業 :
19%

Chemnet Tokyo
 20040202

 フェノールの
AD調査は200281日、上海高橋、北京燕化、吉林化工、ハルビン石化の4社からの申請に基づき開始。0369日に仮決定公告を行った後、同年729日、調査期限を0421日まで延長すると公告していた。三井化学に対する仮決定時のダンピングマージンは7%、日本のその他企業に対しては144%だった。実施期間は今年21日から5年間となっている。
 なお、中国のフェノール輸入量は
2001年の205.3千トンから、02217.5千トン、03312.3千トンと推移、国別では台湾(55.5千トン)が最も多く、次いでアメリカ49.5千トン、日本19.8千トン、韓国6.3千トンの順となっている(2003年)。


2005-12-05  公告第88号

2005/10/25に LG Petrochemical が新規輸出企業として審査を要請したので審査する。.


2006/9/5

中国商務部、韓国LG石油化学に対するフェノールのダンピング税をゼロに

中国商務部は5日、公告第64号 を出し、韓国のLG石油化学に対するフェノールのダンピング税を見直し、ゼロにすると発表した。

商務部は2004年2月に日本、米国、韓国、台湾原産の輸入フェノールをダンピングと認定し、下記のダンピング税を課した。

【日本】
 ◇三井化学    :6%
 ◇その他の企業 :144%
【韓国】
 ◇錦湖P&B化学 :5%
 ◇その他企業   :16%
【米国】
 ◇米国企業    :36%
【台湾】
 ◇台湾化学繊維 :3%
 ◇台湾信昌化学 :5%
 ◇その他の企業 :19%

これに対して韓国のLG石油化学が昨年10月25日に再審査の要請を行い、商務部は12月から審査を行っていた。

審査の結果、ダンピング税をゼロにすることを決めたもので、これまで支払っていたダンピング税は還付される。

----

2009/12/1 公告102号

台湾の長春人造樹脂(Chang chun Plastics Co., Ltd)を追加 ダンピング税率 3.8%


2009/1/31 公告2009年第3号

日本、韓国、米国、台湾原産の輸入フェノール 期限切れで再調査開始

中国石油化工上海高分公司、中国石油化工北京燕山分公司、星化工新材料が延長申請

調査期間 2008年1月1日至2008年12月31日
被害調査 2004年1月1日至2008年12月31日


2010/1/30 公告2010年第2号

クロの決定

ダンピング率は以下の通り。
LG化学と長春人造樹脂は当初は「その他企業」に含まれていたが、両社の申請を受け、途中で税率が変更になった。

【日本】
 ◇三井化学    :
6
 ◇その他の企業 :
144
【韓国】
 ◇錦湖
P&B化学 :5
 ◇
LG化学     :16%→0
 ◇その他企業   :
16
【米国】
 ◇米国企業    :
36
【台湾】
 ◇台湾化学繊維 :
3
 ◇台湾信昌化学 :
5
 ◇
長春人造樹脂 :19%→ 3.8%
 ◇その他の企業 :
19%


2015-1-30  2015年第5号  5年の期間満了
 


対象製品  対象国 調査開始日 仮決定日 最終決定日
MDI(ジフェニルメタンジイソシアネート) 日本、韓国 2002.9.20   2003/11/28 調査中止

2002/9/21 人民網 http://j.people.ne.jp/home.html

対外経貿部、日韓のMDIに反ダンピング調査

対外貿易経済合作部は20日、2002年第38号公告を発表し、日本、韓国製のMDI(ジフェニルメタンジイソシアネート)を対象に反ダンピング(不当廉売)調査を開始した。関係する税関輸入税番号は29291030と38249090。


山東省万華ポリウレタン株式有限公司の申請に基づいて決定した。


2003-08-21 Ministry of Commerce Notice No. 42

The Ministry of Foreign Trade and Economic Cooperation (MOFTEC) announced an anti-dumping investigation into imported MDI originating in Japan and Republic of Korea in its notice on September 20, 2002. In response to an appeal from some interested parties, Ministry of Commerce decided to hold a hearing on damage of anti-dumping MDI case to domestic industries according to the provisions of Hearing Regulations of Investigation on Damage to Industries .

The interested parties applying to attend the hearing should fill in a registration form and submit it to the office of investigation on damage to industries of Ministry of Commerce in 15 days after the notice is issued. Every party can send two persons to attend the hearing.

The interested parties applying to make a statement in the hearing should submit the written summary of the statement and related evidence material when they submit the registration form. Appointed language in the hearing is Chinese.

Ministry of Commerce will decide which party can be allowed to attend the hearing and make statement according to the number of parties attending the hearing.

The date, place and other related issues of the hearing will be notified later.

The notice is also issued on www.mofcom.gov.cn. The registration form can be downloaded from the website. The name list of the interested parties approved by Ministry of Commerce to attend the hearing will be published on the website.


2003-09-15 Ministry of Commerce Notice No. 43

The Ministry of Foreign Trade and Economic Cooperation (MOFTEC) announced its investigation on imported MDI originating in Japan and the Republic of Korea in its Notice on September 20, 2002. The investigated product is listed under No. 29291030, 38249090 in 2002 import tariffs of General Administration of Customs of the People's Republic of China.

Since the situation in this case is complicated, Ministry of Commerce decided under Article 26 of Anti-dumping Regulations of the People's Republic of China that the investigation on this case will be prolonged for another 6 months up to March 20,2004.


人民報 2003/9/24

MDI反ダンピング調査で公聴会、商務部

商務部は22日北京で、日本・韓国産MDIの反ダンピング調査で産業損害調査公聴会を開催した。商務部設立後、初めての公聴会開催となる。

MDIはジフェニルメタンジイソシアネートとポリメチレンポリフェ二ルイソシアートの総称。ポリウレタンの主原料で、自動車の内装などに利用される。

反ダンピング調査については、2002年6月20日、山東煙台万華ポリウレタン公司が、日本と韓国産MDIに対し反ダンピング調査を実施するよう政府に要請。これを受けて、政府調査機関は2002年9月20日、「中華人民共和国反ダンピング条例」の規定に基づき調査開始を決定した。

調査対象となるのは、日本の三井武田ケミカル株式会社、日本ポリウレタン工業株式会社、住友化学工業株式会社、韓国の韓国BASF社、錦湖三井化学株式会社の5社。


2003/11/28

中国政府、日本・韓国からの輸入MDIに対する反ダンピング調査を中止

中国商務部は28日、公告66号で、日本・韓国からの輸入MDIに対する反ダンピング調査を中止すると発表した。 中国政府は2002年9月20日に調査を開始したが、11月6日に申請者から申請取り止めの申出があった。   本件調査対象は、日本の三井武田ケミカル株式会社、日本ポリウレタン工業株式会社、住友化学工業株式会社、韓国の韓国BASF社、錦湖三井化学株式会社の5社であった。

ーーーー
  「人民網日本語版」2003年11月29日 

 商務部は28日、日本と韓国から輸入されるポリウレタン原料の有機化学品ジフェニルメタンジイソシアナート(MDI)の不当廉売(ダンピング)調査の中止を発表した。異議申し立て取り下げによるもので、こうした例は中国では初めて。

  日本、韓国製MDIの不当販売調査は、山東省煙台の万華ポリウレタン有限株式公司の申し立てに基づき、対外経済貿易合作部(当時)が2002年9月20日に調査開始を発表した。

  申し立て後、日本、韓国製MDIの輸入価格が上昇したことから、中国国内の市場秩序が回復、国内産業の健全な発展に良好な条件が整ったとして、同公司は今月6日、申し立ての取り下げと調査中止を求める申請を商務部に提出した。 


ーーーー
 反ダンピング法第27条では「調査継続が不適切であると見なした場合は調査を中止する」となっており、商務部は万華ポリウレタンの主張が十分根拠あると見なし、11月28日、同日付で調査の中止を決定したもの。
 


煙台万華ポリウレタン
 
2003/8/8 MDI 16万トン計画起工式


Chemnet Tokyo 2003年12月04日

中国政府のMDI調査中止に業界の波紋

MDIには、ふつう精度によって、ポリメリックMDIと、モノメリックMDIの2つのタイプに分かれており、ポリは硬質ウレタンフォーム、モノタイプは自動車バンパー、塗料など非フォーム向けに使用されている。ところが中国側は、用途先も価格も異なるこの2つの製品をごちゃまぜにして調査していた。国内産業に与える影響や、ダンピングマージンなどを、どのように算定するつもりだったのだろうか。
 
日本側は、調査対象品目が適切でないと、すぐに気がつき、9月に北京で開かれた公聴会にも、業界代表とともに経産省担当官が出席して「ガットルール違反だ」と、強く主張した。TDIの場合にも、同じようなことがあった。経産省内には「ダンピングの判断そのもの不当だし、マージン算出の根拠もおかしい」と不満が高まり、一時はWTOへの提訴を本気で考えたほどだ。


対象製品  対象国 調査開始日 仮決定日 最終決定日  
モノエタノールアミン、
ジエタノールアミン
日本米国、ドイツ、イラン、マレーシア、
台湾、メキシコ
2003.5.14 2004.3.25クロ 2004.11.15クロ
ドイツは除外
 
日本米国、マレーシア、台湾 2009.11.13   2010.11.13クロ 2015/11/11 終了

「人民網日本語版」 2003/5/14

日本原産などのエタノールアミンに反ダンピング調査

 商務部は14日、日本、米国、ドイツ、イラン、マレーシア、台湾、メキシコから輸入される基礎化学品のエタノールアミンについて、反ダンピング調査を開始した。商務部の反ダンピング調査は今年3月の発足以来初めて。

 
エタノールアミンにはモノエタノールアミン、ジエタノールアミン、トリエタノールアミンの3種類があり、今回調査が行われるのはモノエタノールアミンとジエタノールアミンの2種類。

 「中華人民共和国反ダンピング条例」の規定では、反ダンピング調査が公布された当日から、商務部がダンピングの有無やダンピング率、輸入製品の国内産業への影響の有無や損害の程度について調査を行う。通常は1年以内に調査が終了するが、特別な事情が生じた場合は18カ月までの延長が可能。

調査申請を行ったのは、撫順北方化工有限公司と、吉林化学工業株式有限公司の両社。


2003-05-19 Ministry of Commerce Notice No. 12

The Ministry of Commerce received a formal application for anti-dumping investigation made by two Chemical Corporations from Fu Shun and Ji Lin on behalf of domestic ethanolamine industries. The applicants asked for an anti-dumping investigation into ethanolamine imported from Japan, the United States, Germany, Iran, Malaysia, Mexico and as well as the Taiwan region.

According to the Anti-dumping Regulations of the People's Republic of China, the Ministry of Commerce has examined the qualification of the applicants, the products applied for investigation, domestic products of the same kind, damage and the degree of damage of the product to domestic industries, related issues of the countries and region applied for investigation and the evidence of damage caused by dumping furnished in the application. The evidence shows that the total annual output of the two corporations in 2002 accounts for 83.68% of national total output in the same year, according with the regulations of applying for an investigation under Article 11, 13, and 17 of Anti-dumping Regulations of the People's Republic of China. The application also includes the content and related evidence of starting an anti dumping investigation under Article 14 and 15 of Anti-dumping Regulations of the People's Republic of China.

According to the examination, the Ministry of Commerce will start an investigation on ethanolamine imported from Japan, the United States, Germany, Iran, Malaysia, Mexico and as well as the Taiwan region as of May 14, 2003.

Relative issues are as follows:
As of the date of the Notice is issued, the Ministry of Commerce will start an anti-dumping investigation on ethanolamine imported from above six countries and the Taiwan region. The term of dumping investigation is from April 1, 2002 to March 31, 2003. The term of damage to domestic industries investigation is from January 1, 2000 to March 31,2003.

The investigated product is ethanolamine (Monoethanolamine and Diethanolamine) imported from Japan, the United States, Germany, Iran, Malaysia, Mexico and as well as the Taiwan region

The investigated product is listed under 29221100 and 29221200, 2002 in the tariffs of the General Administration of Chinese Customs. Monoethanolamine salt and Diethanolamine salt under import tariff No. 29221100 and 29221200 are not in the range of the investigation.

The investigation will begin as of May 14 and finish normally before May 14, 2004. In case of special situation the investigation could be extended to November 14, 2004.


「人民網日本語版」2004年3月25日

エタノールアミンの反ダンピング調査、クロの仮決定

商務部は25日、2004年第8号公告を発表し、日本、米国、ドイツ、イラン、マレーシア、台湾、メキシコが原産地の輸入エタノールアミンに対して行ってきたダンピング(不当廉売)調査に対し、ダンピングの事実を認める仮決定を発表し、合わせて調査対象商品に臨時の反ダンピング措置を取ることを決定した。

2004年3月25日から、輸入業者は日本、米国、ドイツ、イラン、マレーシア、台湾、メキシコが原産のエタノールアミンを輸入する場合、仮決定が各生産企業に対して定めたダンピング率(今回は一律9%)に応じて、中国の税関へ規定の保証金を現金納入しなければならない。

ダンピング率
 (一)日本公司 137%
 (二)美国公司
  1.英力士有限公司(INEOS LLC ) 32%   
  2.陶氏化学公司(The Dow Chemical Company ) 59%   
  3.其他美国公司 (All Others ) 112%
 (三)伊朗公司
  1.伊朗阿拉克石油化学公司(Arak Petrochemical Company )26%
  2.其他伊朗公司:(All Others) 27%
 (四)?来西?公司
  1.奥伯帝莫?来西?化学公司(OPTIMAL Chemicals (Malaysia) Sdn Bhd):9%
  2.其他?来西?公司(All Others) 40%
 (五)台湾地区公司
  1.台湾??化学股?有限公司(ORIENTAL UNION CHEMICAL CORPORATION )23%
  2.其他台湾地区公司(All Others) 43%
 (六)墨西哥公司 21%


2004-05-12 Ministry of Commerce Notice No. 17

  Ministry of Commerce issued a notice on May 14,2003, annoucing an anti-dumping investigation on ethanolaminne originating in Japan, USA, Germany, Iran, Malaysia, Mexico and as well as the Taiwan region(investigated product).

The investigated product is listed under No.29221100 and 29221200 in import tariffs of the Import-Export Tariffs of General Administration of Customs of the Peoples Republic of China. Minoethanolamine and Diethanolamine under No. 29221100 and 29221200 are not included in the investigation.

Since this case is special, Ministry of Commerce decided to extend the deadline of the investigation for another 6 months under Article 26 of Anti-dumping Regulations of the People's Republic of China. The closing date for the investigation is November 14, 2004.


2004/11/15

中国、エタノールアミンの反ダンピング調査でクロの最終決定 

 中国商務部は15日、公告57号を出し、日本、米国、イラン、マレーシア、台湾、メキシコ原産の輸入エタノールアミンに対する反ダンピング調査について「クロ」の最終決定を下した。2003年5月に調査を開始し、2004年3月にクロの仮決定を出していた。なお調査対象に含まれていたドイツは輸入量が少ないため除外された。

 ダンピング税は以下の通り。( )は仮決定時のもの
 (一)日本  74%(137%)
 (二)米国
   1
.INEOS Americas LLC 20%(32%)  
   2.The Dow Chemical Company 74%(59%)   
   3.その他 74%(112%)
 (三)イラン
   1.Arak Petrochemical Company 26%(26%)
   2.その他 32%(27%)
 (四)マレーシア
   1.OPTIMAL Chemicals (Malaysia) Sdn Bhd 9%(9%)
   2.その他 74%(40%)
 (五)台湾
   1.ORIENTAL UNION CHEMICAL CORPORATION 20%(23%)
   2.その他 74%(43% )
 (六)メキシコ 74% (21% )


2006/2/10 商務部公告2006年第5号

OPTIMAL Chemicals (Malaysia) Sdn Bhd 9% について再審

The above-mentioned enterprise applied to Ministry of Commerce for a dumping and dumping margins judicial review on the anti-dumping measures implemented to the enterprise and raised petition for amending the anti-dumping duty rate correspondingly.


2007/2/1

 商務部は1日の公告第7号で、日本触媒と台湾のOriental Union Chemical の申請を受け、両社のエタノールアミンのダンピング税率の再審査を行うと発表した。

 日本、米国、ドイツ、イラン、マレーシア、台湾、メキシコ原産のエタノールアミンに関しては、2004年11月にクロの最終決定が出た(ドイツについてはダンピング率が低いため除外)。Oriental Union Chemical は20%、日本触媒(日本企業全体)は74% のダンピング税率を課せられた。

 両社は昨年12月に、その後の状況の変化を理由に個別に税率見直しの申請を行ったもの。調査対象期間は2006年1月1日から12月31日までとなっている。


2008/1/31

中国商務部、日本触媒のエタノールアミンのダンピング税率を引き下げ

中国商務部は、日本触媒と台湾のOriental Union Chemical からエタノールアミンのダンピング税率見直し申請を受けて調査を進めていたが、1月31日、公告3号を出し、両社のダンピング税率を2月1日から引き下げると発表した。

日本、米国、ドイツ、イラン、マレーシア、台湾、メキシコ原産のエタノールアミンに関しては、2004年11月にクロの最終決定が出た(ドイツについてはダンピング率が低いため除外)。Oriental Union Chemical は20%、日本触媒(日本企業全体)は74% のダンピング税率を課せられた。

これに対して両社は2006年12月に、その後の状況の変化を理由に個別に税率見直しの申請を行った。

新しい税率は以下の通り。

  日本触媒  7.3% (旧 74%)
  Oriental Union Chemical  5.3% (旧 20%)

----

2009/11/13 公告 No. 90

5後の再調査決定

日本米国、マレーシア、台湾に対し、再調査

イラン、メキシコは延長の要請なく、終了。

調査対象期間 2008年10月1日至2009年9月30日
被害調査対象期間 2005年1月1日至2009年9月30日。

ーーー

2011/11/13 

商務部は11月13日に公告第75号を出し、再調査の結果、ダンピングが継続し、中国企業に被害を与える可能性があると判断し、ダンピング課税を5年間延長すると発表した。

ーーー

2015-11-12 2015年第46号  5年経過、延長申請なく、終了

  


対象製品  対象国 調査開始日 仮決定日 最終決定日 終了
クロロホルム EU、韓国、米国、インド 2003.5.31 2004.4.8 クロ 2004.11.30 クロ  
EU、韓国、米国 2009.11.30   2010.11.29 クロ 2014/11/29

2003-06-02 Ministry of Commerce Notice No. 15

The Ministry of Commerce received a formal application for anti-dumping investigation made by two Chemical Corporations from Sichuan and Zhejiang on behalf of domestic
Chloroform industries on Mar. 20, 2003. The applicants asked for an anti-dumping investigation into Chloroform imported from European Union, the Republic of Korea, USA and India.

The Ministry of Commerce has examined the qualification of the applicants, the products applied for investigation, domestic products of the same kind, damage and the degree of damage of the product to domestic industries, related issues of the countries and region applied for investigation and the evidence of damage caused by dumping furnished in the application.

According to the examination and the Anti-dumping Regulations of the People's Republic of China, the Ministry of Commerce will start an anti-dumping investigation into Chloroform (purity?99%) imported from above four countries as of the Notice is issued. The investigated product is listed under No. 29031300 in the 2003 tariffs of the General Administration of Chinese Customs. The term of investigation on dumping is from Jan. 1 to Dec. 31, 2002. The term of investigation on damage to domestic industries is from Jan. 1, 1999 to Dec. 31, 2002

The interested parties can register in the Fair Trading Office of the Ministry of Commerce to respond to charges of investigation on dumping and damage to domestic industries in 20 days after the Notice is issued. At the same time, related importers or producers of the investigated countries should provide the quantity and amount of the product exported to China during dumping investigation term, and the production capacity, output, stock, plan of construction and extension, the quantity and amount of the product exported to China during the term of investigation on damage to domestic industries.

The interested parties can look up the unclassified version of the application handed in by the applicants in the Open Information Look-up Office of the Ministry of Commerce during above period.

The investigation apparatus will investigate by questionnaire, sampling, hearing and spot check.

The investigation will begin as of May 30, 2003 and finish normally before May 30, 2004. In case of special situation the investigation could be extended to Nov. 30, 2004.

 


2004/4/9

中国商務部、米国等からの輸入クロロホルムの反ダンピング調査でクロの仮決定

  中国商務部は8日に発布した2004年第9号公告の中で、EU、韓国、米国、インド原産の輸入クロロホルムに対する反ダンピング調査についてクロの仮決定を発表した。同製品の輸入に対しては保証金の現金納付が義務付けられる。
 中国の「輸出入税則(関税率表)」上の税目番号は29031300。2002年における同製品の中国への輸出額は、米国2233万ドル、EU1468万ドル、韓国1004万ドル、インド240万ドル。


2004-11-30 Ministry of Commerce Announcement No.81

On May 30,2003, in accordance with Anti-dumping Regulations of People's Republic of China, Ministry of Commerce issued an announcement to start anti-dumping investigation on imported Chloroform originating from EU, Republic of Korea(ROK), US and India(hereinafter referred to as investigated product).

Ministry of Commerce issued the original arbitration on April 8, 2004, confirming that dumping of the investigated product had taken place and it had caused substantive injury to China's domestic industries, and there was a causal relationship between the dumping and the injury.

As the final arbitration, Ministry of Commerce decided to levy anti-dumping duties on the investigated product. Customs Tariffs Committee of the State Council will levy anti-dumping duties on the investigated product as of November 30, 2004. The investigated product is listed under No. 29031300 in the Import Tariffs of the People's Republic of China (2004).

The anti-dumping duty rates levied on the related companies are listed as follows:

EU Companies:
 
1, Ineos Chlor Limited 32%
 
2, All Others 96%
ROK Companies: 96%
US Companies: 96%
Indian Companies:
 
1, Chemplast Sanmar Limited 96%
 
2, All Others 96%

The following companies have signed Prices Commitment Protocol with Ministry of Commerce of PRC, which shall become effect together with this final arbitration, therefore they shall follow the relevant regulations in Prices Commitment Protocol only.
 
1, LII Europe GmbH
 
2, The Dow Chemical Company
 
3, Vulcan Materials Company
 
4, ARKEMA
 
5, Samsung Fine Chemicals

The levy of anti-dumping duties on imported Chloroform originating from EU, Republic of Korea (ROK), US and India will last 5 years as from November 30, 2004.

The relevant interested parties could apply, in written forms, to the Ministry of Commerce for an interim review during the levy of anti-dumping duties in accordance with Article 49 of Anti-dumping Regulations of People's Republic of China.

The relevant interested parties, disagreed with the final arbitration or the levy of the anti-dumping duties, could apply for an administrative reconsideration or lawsuit in accordance with Article 53 of Anti-dumping Regulations of People's Republic of China.  

参考
アンチダンピング協定第8条(価格に関する約束)は以下の通り規定している。
 当局は、ダンピングの与える損害が除去されると認める価格の修正又は関係地域に対するダンピング価格による輸出の停止についての満足すべき自発的な約束を輸出者がした場合には、暫定措置をとらず又はダンピング防止税を課することなく、手続を停止し又は取りやめることができる。約束に基づく価格の引上げは、ダンピングの価格差を無くすために必要な範囲を超えるものであってはならない。ダンピングの価格差に相当する額よりも少ない額の価格の引上げが国内産業に対する損害を除去するために十分である場合には、当該価格の引上げの額は、その少ない額であることが望ましい。


2005/8/19

Ministry of Commerce Announcement No.53

On May 30, 2003, in accordance with Anti-dumping Regulations of People's Republic of China, Ministry of Commerce issued an announcement to start anti-dumping investigation on imported Chloroform originating from EU, ROK, US and India. During the investigation, Ministry of Commerce signed a Price Commitment Protocol with 5 companies, including Vulcan Materials Company, which took effect as of November 30, 2004.

On July 7, 2005, Vulcan Materials Company submitted to Ministry of Commerce an application on Vulcan Materials Company' decision to transfer the Rights and Obligations of Chloroform Price Commitment Protocol to Basic Chemicals Company, LLC.

After examination, Ministry of Commerce cognized that the Rights and Obligations of Chloroform Price Commitment Protocol could be transferred from Vulcan Materials Company to Basic Chemicals Company, LLC as of August 23, 2005. Basic Chemicals Company, LLC shall implement the Price Commitment Protocol, while Vulcan Materials Company shall, on the same day, adopt the anti-dumping duty rate for other US companies listed in Ministry of Commerce Announcement No.81, 2004.

Basic Chemicals Company, LLCOccidental Chemical 子会社。

商務部は
2007年第53号でBasic Chemicals から Occidental への移譲を承認

ーーー

2009/11/30 公告105号

インドを除き、再調査

------------

2010-11-29 公告2010年第87号 クロ

-------------

2014-11-28  公告 83   延長申請なく、終了


対象製品  対象国 調査開始日 仮決定日 最終決定日
光ファイバー 日本、米国、韓国 2003.7.1 2004.6.16クロ 2005.1.1クロ
日本、韓国 2010.1.1   2010.12.31クロ
2015.12.30   2016.12.30 クロ

日本経済新聞 2003/7/2                中国光ファイバー市場

中国がダンピング調査

 中国商務省は1日、日本、米国、韓国から輸入されている光ファイバーが、不当に安く国内で販売され中国企業に損害を与えている可能性があるとして、ダンピング(不当廉売)調査を始めると発表した。


Ministry of Commerce Notice No. 24

In respond to an appeal from domestic industry, Ministry of Commerce will start an anti-dumping investigation on Dispersion Unshifted Single-Mode Optical Fiber (G652A, G652B and G652C) imported from USA, Japan and the Republic of Korea as of July 1, 2003.

The investigated product is listed under No. 90011000 in 2002 import tariffs of General Administration of Customs of the People's Republic of China. The term of investigation on dumping is from April 1, 2002 to March 31, 2003. The term of investigation on damage to domestic industries is from January 1, 2000 to March 31, 2003.

「人民網日本語版」2003年7月2日

シングルモード光ファイバー 反ダンピング調査開始

商務部は1日、米国・日本・韓国原産の非分散シフト型シングルモード光ファイバー(G652)について、反ダンピング調査を同日から開始すると発表した。光ケーブルなどに使われる同製品は標準シングルモード光ファイバーとも呼ばれ、現在世界で使われる光ファイバーの約70%を同商品が占める。中国税関の課税番号が共通する他製品(他種光ファイバー・光ケーブルなど)は、反ダンピング調査の対象外。

商務部は1日から、同製品に関するダンピングの有無、ダンピング率、国内メーカーが受けた損害について、「中華人民共和国反ダンピング条例」に基づく調査と確認を開始する。調査は通常1年以内に終了するが、特別な事情があれば6カ月までの延長が認められる。

今回の調査は、光ファイバー・光ケーブルの国内メーカー2社(長飛・江蘇法爾勝)の申請を受け、商務部が決定した。

 


「人民網日本語版」2003年12月4日

G652光ファイバーのダンピング問題めぐり公聴会

商務部は3日、非分散シフト型シングルモード光ファイバー(G652型光ファイバー)の反ダンピング調査対象製品に関する公聴会を開いた。1997年に「反ダンピング条例」を制定して以来、中国では輸入製品に対する反ダンピングが26件立件されている。うち、15件は世界貿易機関(WTO)加盟後に立件されたもので、2002年が9件、2003年が6件。WTO加盟に伴う輸入関税引き下げにより輸入製品が流入し、打撃を受けた国内企業が貿易保護を求めるケースが後を絶たず、立件調査数の増加につながっている。

今回の反ダンピングに関する公聴会は、商務部が米国・日本・韓国など調査対象企業の異議申し立てを受けて、「反ダンピング条例」関連規定と公平公正の原則に基づいて開かれた。公聴会では、国内外のメーカーがG652型光ファイバーに含まれる製品の範囲についてそれぞれ説明した。

商務部は今年7月1日、国内のG652型光ファイバーメーカーの申請を受け、米・日・韓原産のG652光ファイバーに対する反ダンピング立件調査を決定したとする公告を発表した。

商務部・進出口公平貿易局の関係者は3日、「中国の輸入製品に対する反ダンピング立件調査がここ数年で増加しつつある」と話している。


日本経済新聞 2004/6/17

日米韓製 光ファイバー 中国が不当廉売認定 日本3社は46%仮決定

 中国商務省は16日、光高速通信網を構成する光ファイバーについて、中国国内でダンピング(不当廉売)の事実を仮決定したと発表した。古河電気工業など日本の3社を含む日米韓メーカーの輸入産品が対象。各社にはダンピング率に相当する保証金の納付を義務付ける。


ダンピング率

米国
 1、Corning Incorporated   16%
 2、OFS Fitel, LLC       46%
 3、その他            46%  

韓国  
 1、LG Cable Ltd          7%
 2、OPTOMAGIC CO., LTD  32%
 3、その他             46%  

日本 
 全社                46%  


2005/1/1 2004年公告第96号

クロの最終決定、2005/1/1からダンピング税

1、米国
  OFS Fitel, LLC    46%
  その他          46%
  Corning Incorporated  1.51% 
条例27条により微量のため課税免除

2.韓国
  LG Cable Ltd       7%
 2009/5/26 公告36号 LS Cable Ltd が事業継承
  
OPTOMAGIC      13%   再審査 2007-04-16 公告2007年第40号 下記参照
  その他          46%

3.日本
  全社           46%


2008/4/14 公告2008年第19号

  OPTOMAGIC      2.3%  (2008/4/15実施)

 


2009-12-31 公告2009年第107号

日本、韓国原産について延長の調査


2010-12-31 公告2010年第92号

クロの最終決定


2012/3/5  公告2012年第8号

各社からの申請で、韓国のLS CableとOPTOMAGICのダンピング税率を再審査決定

    ↓

2013-03-01 公告2013年第9号

   2013/3/5以降 税率修正
  
LSCable & System  9.1%
  Korea Optical Communication  
7.9%.


2015/12/30 公告 70号  延長審査

2016/12/30 公告 78号  クロの最終決定

  日本企業 46%

  韩国企業

  1. LS Cable & System 9.1%

  2. TAIHAN Fiberoptics 大韓光通信 7.9%

  3. その他  46%
 


対象製品  対象国 調査開始日 仮決定日 最終決定日
ナイロンフィラメントヤーン 台湾 2003.10.31 2004.8.27クロ 2004.4.28 シロ

中国商務部は10月31日、台湾から輸入のナイロン6及び66のフィラメントヤーンに対し、ダンピング調査を始めると発表した。
本年9月1日に国内メーカー14社から調査の申請があったもの。


2003-11-20 Ministry of Commerce Notice No. 56

In respond of an appeal from 14 domestic industries, Ministry of Commerce decided to start an anti-dumping investigation on imported Nylon 6, 66 Filament Yarn originating in the Taiwan region as of October 31, 2003.

The period of investigation on dumping is from July 1, 2002 to June 30, 2003. And the period of investigation on damage to domestic industries is from January 1, 2000 to June 30, 2003.

The investigated product is listed under No. 54023111, 54023112, 54024110, 54024120 in Import and Export Tariffs (2002 and 2003 Edition) of General Administration of Customs of the People's Republic of China.

Interested parties can apply to Bureaus concerned of Ministry of Commerce for responding to charges in 20 days as of the date when the Notice is issued. At the same time, related importers or producers should provide the quantity and amount of the investigated product exported to the mainland during the period of investigation on dumping, the production capacity, output, stock, projects under construction, extension plan, the quantity and amount of the investigated product exported to the mainland during the period of investigation on damage to domestic industries.

If interested parties didn't register responding to charges within the fixed time, Ministry of Commerce would have the right to refuse their materials and make adjudication according to available materials.

If interested parties have objections to the range of product, qualification of the applicants, investigated area and other related issues, they can submit their written opinions to Ministry of Commerce in 20 days as of the date when the notice is issued

Interested parties can look up the unclassified version of the application handed in by the applicants in Open Information Look-up Office of Ministry of Commerce during above period.

Investigation apparatus can investigate by questionnaire, sampling, hearing and examination on the spot.

The investigation will begin on November 10, 2003 and normally last one year. It could be extended to May 9, 2005 in case of special situation.


「人民網日本語版」2004年8月28日

商務部、台湾製ナイロンに反ダンピング調査 正しくはクロの仮決定

 商務部が27日に発表した2004年第43号公告によると、台湾・膨湖列島・金門島・馬祖島の単独関税区で生産された輸入ナイロン6、ナイロン66に反ダンピング調査を実施する仮決定を下すとともに、該当する製品に対して緊急反ダンピング措置を採ることを決めた。中国の紡績業と密接に関係する繊維材料への反ダンピング措置は、中国が世界貿易機関(WTO)に加盟してから初めて。


 調査該当製品は、中華人民共和国税関輸出入税則2003、2004年税則中の4023111、54023112、54024110、54024120。

 27日から台湾地区で製造された調査該当製品を輸入する業者は、仮決定で定められた各社のダンピング幅(5−29%)を保証金として税関に支払う。


2004-08-30

Announcement 43 of Ministry of Commerce

Original Arbitration of Anti-dumping Investigations on Imported Nylon 6, 66 Filament Yarn Originated In Penghu, Jinmen and Matsu of Taiwan Separate Customs Territory

Ministry of Commerce decided to start an anti-dumping investigation on imported Nylon 6, 66 Filament Yarn originated in Penghu, Jinmen and Matsu of Taiwan separate customs territory as of October 31, 2003 according to Anti-dumping Regulations of the People's Republic of China.

According to the investigation and the provisions of Article 24 of Anti-dumping Regulations of the People's Republic of China, Ministry of Commerce made original arbitration.

Ministry of Commerce confirms that the anti-dumping of imported Nylon 6, 66 filament Yarn originated in Taiwan region exists. Nylon 6, 66 Filament Yarn in China's Mainland was injured substantially and there is a casual relationship between the dumping and injury. Ministry of Commerce decided to take temporary anti-dumping measures by collecting bond. As of August 20, 2004, import dealers should provide bond according to related rate to the customs of the People's Republic of China when they import the investigated products.

The investigated product is listed under No. 54023111, 54023112, 54024110 and 54024120 in Import Tariffs (2002 and 2003 Edition).

The interested parties may submit written comment and related proofs to the Ministry of Commerce within 20 days as of the issuing of the announcement. Ministry of Commerce will consider it according to laws.

 


2005/4/28 商務部公告 24

Ministry of Commerce Announcement No 24, 2005 on Final Arbitration of Nylon 6 and 66 Filament Anti-dumping

In accordance with Anti-dumping Regulations of the People's Republic of China, Ministry of Commerce released announcement No.56 on Oct 31, 2003, deciding to carry out anti-dumping investigation on nylon 6 and 66 filament (
investigated commodityfor short in the following) originating from the TaiPengJinMa (Taiwan districtfor short in the following) separate tariff zone.

In line with investigation results as well as item No. 24 of the Anti-dumping Regulations of the People's Republic of China, Ministry of Commerce released preliminary arbitration on Aug 27, 2004, confirming dumping of the investigated commodity, industrial injuries of mainland as well as the causality between dumping of the investigated commodity and the injury of mainland industries.

After issuance of the preliminary arbitration, Ministry of Commerce continued to carry out investigation on dumping and dumping profit margin as well as injury and injury extent, and issued the final arbitration in line with investigation results and item No. 25 of the Anti-dumping Regulations of the People's Republic of China. Related matters are now announced as follows:

1. Final Arbitration
With investigation, Ministry of Commerce finally arbitrated that the dumping profit margins of nylon 6 and 66 filament can be ignored for
dumping profit margins of all investigated companies are less than 2%. In accordance with item No.27 of Anti-dumping Regulations of the People's Republic of China, Ministry of Commerce decided to terminate anti-dumping investigation on nylon 6 and 66 filament originating from the Taiwan district. Please refer to appendix for specific contents of this announcement----- Ministry of Commerce's Final Arbitration on Antidumping Investigation on Nylon 6 and 66 Filament Originating from TaiPengJinMa Separate Tariff Zone.

2. Reimbursement of Deposit
All deposit offered to General Administration of Customs of the People's Republic of China during Aug 27, 2004 to issue of this announcement in line with the parliamentary arbitration will be sent back in accordance with relevant regulations.

3. Administrative Review and Administrative Litigation
In accordance with relevant regulations of item No.53 of Anti-dumping Regulations of the People's Republic of China, all those who are not convinced with the arbitration may apply for administrative review or propose administrative litigation to people's court.

*規則27条では以下の場合に調査を終了すると決めている。
  1.申請が取り消された場合 例 MDI
  2.ダンピング事実、被害、及び両者の関連で証拠不十分 例 PS、リジン
  3.ダンピング幅が2%未満  今回のナイロンフィラメント
  4.輸入量が少ない場合(輸入量全体の3%未満の国) 例 エタノールアミンでのドイツ
  5.商務部が適当でないと考えた場合


対象製品  対象国 調査開始日 仮決定日 最終決定日
クロロプレンゴム 日本・米国・EU 2003.11.10 2004.12.1 クロ 2005.5.10 クロ
2010.5.10   2011.5.9 クロ
2016.5.9   2017.5.9 クロ

中国商務部は10日第59号公告を出し、日本・米国・EUからの輸入クロロプレンゴム(輸入税則番号4002491040024990)に対し、ダンピング調査を開始すると発表した。


2003-11-20 Ministry of Commerce Notice No. 59

In respond of an appeal from domestic Chloroprene rubber industries, Ministry of Commerce decided to start an anti-dumping investigation on imported Chloroprene rubber originating in Japan, U.S.A. and European Union as of November 10, 2003.

The period of investigation on dumping is from July 1, 2002 to June 30, 2003. The period of investigation on damage to domestic industries is from January 1, 2000 to June 30, 2003.

The investigated product is listed under No. 40024910 and 40024990 in Import Tariffs 2003 of General Administration of Customs of the People's Republic of China.

Interested parties can apply to bureaus concerned of Ministry of Commerce for responding to charges in 20 days as of the date when the Notice is issued. At the same time, related importers or producers should provide the quantity and amount of the investigated product exported to the mainland of China during July 2002 to June 2003, the production capacity, output, stock, projects under construction, extension plan, the quantity and amount of the investigated product exported to the mainland of China during the period of investigation on damage to domestic industries.

If interested parties didn't register responding to charges within the fixed time, Ministry of Commerce would have the right to refuse their materials and make adjudication according to available materials.

If interested parties have objections to the range of product, qualification of the applicants, investigated area and other related issues, they can submit their written opinions to Ministry of Commerce in 20 days as of the date when the notice is issued.

Interested parties can look up the unclassified version of the application handed in by the applicants in Open Information Look-up Office of Ministry of Commerce during above period.

Investigation apparatus can investigate by questionnaire, sampling, hearing and examination on the spot.

The investigation will begin on October 31, 2003 and normally end before October 31,2004. It could be extended to April 30, 2005 in case of special situation.


2004/12/1

中国、日米及びEUからの輸入クロロプレンゴムのAD調査でクロの仮決定
 

 中国商務部は1日、公告第69号で日本、米国及びEUからの輸入クロロプレンゴムのAD調査でクロの仮決定を下したと発表した。200311月に調査を開始したもの。  

 これに伴い、該当製品を輸入する業者は、仮決定で定められた各社のダンピング幅を保証金として税関に支払う。各会社の保証金は以下の通り。

 日本
  1.電気化学  2
  
2.東ソー    0
  
3.その他  151    

 米国 全社   151    

 EU
  1LANXESS    32% 
  
2Polimeri Europa Elastomers   53
  3.その他  151  


2005/5/11 Chemnet Tokyo

中国、日本産などのクロロプレンゴムにダンピング判定

  商務部は10日の「2005年第23号公告」で、日本・米国・欧州連合(EU)加盟国原産の輸入クロロプレンゴムのダンピング調査について最終決定を発表し、同製品に同日から反ダンピング税を課すとした。期間は5年。

  商務部は2003年11月、日本・米国・EU原産の輸入クロロプレンゴムにダンピング調査を行うとの公告を発表した。商務部はダンピングの有無、ダンピングの範囲、ダンピングによる損害とその程度について調査を行い、2004年12月1日に仮裁定を発表。同製品に暫定的な反ダンピング措置を実施することを発表した。

  仮裁定の後、商務部は調査を続行。調査の結果、同製品にダンピングが存在し、中国国内の産業に実質的な損害があり、ダンピングと実質的損害に因果関係があると判定した。

 最終のダンピング税は以下の通り。( )は仮決定時のもの
  日本
   1、電気化学 3% (2%)
   2、東ソー   2%(0%)
   3、その他  151%(151%)

  米国 全社  151%(151%)

  EU
   1、Lanxess 11% (32%)
          2016-11-9 公告第62号 ARLANXEO (Saudi Aramco とのJV)が継承
   2、Polimeri  53% (53%)
   3、その他 151%(151%)

 


2009年8月28日 

中国、日本原産のクロロプレンゴムのダンピング税率見直し

中国商務部は2005年5月、日本・米国・欧州連合(EU)加盟国原産の輸入クロロプレンゴムのダンピング調査について最終決定を発表し、同製品に同日から反ダンピング税を課した。

日本メーカーについては、最終のダンピング税は以下の通りとなった。
   1、電気化学 3%
   2、東ソー   2%
   3、その他  151%

既報 http://www.chem-t.com/cgi-bin/passFile.php?NCODE=16201

本年68重慶長寿化工と山西合成ゴムが商務部に対し、日本原産のクロロプレンゴムのダンピング幅が拡大しているとして、ダンピング税率の見直しを申請した。

商務部は調査の結果、8月28日に公告59号を出し、税率の見直しを行うことを発表した。
調査の期間は2008年7月1日から2009年6月30日までの間となっている。

2010/8/25 公告49

ダンピング税は以下の通りとなった。
   1、電気化学 9.9%
   2、東ソー   10.2%
   3、昭和電工 20.8%
   4、その他  43.9%


2010/5/9 公告25

5月10日から延長の再審査

調査期間  January 1, 2009 to December 31, 2009
被害調査  January 1, 2005 to December 31, 2009.


2011/5/9 中国、日米及びEUからの輸入クロロプレンゴムの反ダンピング措置延長

商務部は5月9日、公告21号を出し、ダンピング課税の5年延長を発表した。
http://www.mofcom.gov.cn/aarticle/b/c/201105/20110507539438.html

ダンピング税率は現在のものが適用される。

なお、日本品については2010年8月に、当初のダンピング税率が引き上げられている。


2012/8/8  公告2012年第45号
 

長寿化学と山西合成ゴム集団有限公司重慶の申請を受け、電気化学のダンピング税率の見直しを決定。

ーーーー

 2013-07-26  公告45号

2013年7月26日以降 電気化学のダンピング税率を20.8%に引き上げ。


2016-5-9  公告 2016 No. 18

ダンピング課税の2度目の期限切れで再調査開始


2017-5-9  2017年第19号  クロ


ダンピング税

日本

 デンカ  20.8%
 東ソー 10.2%
 昭和電工 20.8%
 その他 43.9%

米国  151%

EU
 
 ARLANXEO Deutschland GmbH 11%
 Polimeri Europa Elastomères France S.A. 53%
 その他  151%

 


対象製品  対象国 調査開始日 仮決定日 最終決定日 終了
水和ヒドラジン 日本・米国・韓・仏 2003.12.17 2004.8.3クロ 2005.6.17クロ  
2010.6.17   2011.6.17クロ 2016.6.17

「人民網日本語版」2003年12月18日   

水和ヒドラジンに反ダンピング調査 日米韓仏原産    

 商務部は17日の公告で、日本、韓国、米国、フランスから輸入される化学品の水和ヒドラジン(課税番号28251010号)に対し、反ダンピング調査を即日から開始する決定を発表した。    
 商務部は「中華人民共和国反ダンピング条例」の規定に基づき、日本、韓国、米国、フランス原産の水和ヒドラジンに対し、ダンピングの有無とダンピング率、中国の国内産業への損害の有無と損害の程度について、即日から調査を行う。反ダンピング調査期間は1年後の2004年12月17日までの予定。特別な事情があれば2005年6月17日まで延長する場合もある。 


水和ヒドラジンの主な用途は、プラスチック発泡剤製造用、清缶剤(脱酸素及び脱炭酸ガス)、還元剤、重合触媒、水処理剤等である


2003/12/19 Chemnet Tokyo

水加ヒドラジンは、主にプラスチック発泡剤や脱酸素剤、試薬、農薬(除草剤)などに使用され、わが国では、三菱ガス化学(製造は日本ヒドラジン)と大塚化学の両社が事業化している。生産量は、両社合わせて年間15,500トン(2002年)、輸出は5,500トンで、中国向けはこのうち約1,900トンとなっている。  


Asia Chemical Weekly 2004/8/3

Mofcom issuing the Preliminary Determination of Anti-dumping Investigation on Imported Hydrazine Hydrate

Today (Aug 3, 2004), China's Mofcom (Ministry of Commerce) released a notice of No.38, 2004, issuing the Preliminary Determination of Anti-dumping Investigation on Imported Hydrazine Hydrate from Japan, Republic of Korea, United States and France. The investigated product is listed under No. 28251010 in Import and Export Tariffs 2003 and 2004 of General Administration of Customs of the People¨s Republic of China.

According to the Regulation of the Peoples Republic of China on Antidumping, on December 17, 2003, the Ministry of Commerce released its Decree No. 68,2003, initiating antidumping investigation on imported Hydrazine Hydrate from Japan, Republic of Korea, United States and France. Since then, the Mofcom has made investigations on dumping, dumping margin as well as its injury, degree of injury to China¨s domestic industry.

Now, MofCom considers that there are dumping behaviors of the product originating in these countries, and China¨s domestic industry was injured, and it is related between the dumping and the injuries.

Begin from Aug 3, 2004, importers should provide relevant cash margin to the Customs of the People¨s Republic of China according to the range of dumping (from 28% to 184%) when they import the investigated products These countries. The calculation formula is cash margin = (tariff dutiable price x levy rate) x (1+import added value tax rate).

The ratio of cash margin of each company as follows:

Japanese companies   108%
S. Korean companies:    
 KOC Co., Ltd    28 %
 Other S. Korean companies    35%
US companies   184%
French companies    
 ATOFINA  S.A   118%
 Other French companies    35%

2005/6/17 

中国、日本等からの輸入水和ヒドラジンにダンピング判定

 中国商務部は17日の公告第36号で、日本、米国、韓国、フランス原産の輸入水和ヒドラジンのダンピング調査についてクロの最終決定を下し、同製品に同日から反ダンピング税を課すと発表した。
 本件は2003年12月に調査を開始し、昨年8月にクロの仮決定が出ている。仮裁定の後、商務部は調査を続行。調査の結果、同製品にダンピングが存在し、中国国内の産業に実質的な損害があり、ダンピングと実質的損害に因果関係があると判定した。

 最終のダンピング税は以下の通り。( )は仮決定時のもの

日本企業      184%(108%)
韓国企業
 KOC Co., Ltd   28%(28 %)
 その他     184%(35%)
米国企業      184%(184%)
フランス企業      
 ARKEMA        68%(118%) (仮決定時はATOFINA) 
 その他           184%(35%)


商務部公告 2006年第94号 2006-12-07

Arkema 及び国内川下需要家から、100%品除外の要請あり.

In line with investigation results, Ministry of Commerce believes that the domestic industry can theoretically produce 100% hydrazine hydrate, but has not realized commercial production. In addition, a part of high added value industries of new type among the domestic downstream enterprises of hydrazine hydrate do have demand of 100% hydrazine hydrate for requirements of special production.

For purpose of properly solving related problems, Ministry of Commerce decided to sign
price commitment agreement with French exporter Arkema on 100% hydrazine hydrate products in the case of anti-dumping. After some negotiation, the two side signed the agreement on Nov 30, 2006.

The agreement will take effect as from Dec 15, 2006. Ministry of Commerce will terminate the anti-dumping duties on 100% hydrazine hydrate products originated from French Company Arkema, however, continue to impose anti-dumping duties on hydrazine hydrate products with other concentration in accordance with Announcement No.36, 2005 of Ministry of Commerce.


Arkemaの100%品に限り、2006/12/15以降、ダンピング税を免除。


2010-06-17 公告2010年第34号 5年経過で再調査開始

調査対象期間 from January 1, 2009 to December 31, 2009,
被害調査対象期間 January 1, 2005 to December 31, 2009.

2011/6/17

クロの最終決定
http://www.mofcom.gov.cn/aarticle/b/c/201106/20110607603880.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016/6/16 公告 2016 No. 27  

   延長申請なく、2016/6/17 終了


対象製品  対象国 調査開始日 仮決定日 最終決定日
無漂白クラフト紙 米国・韓・タイ・台湾 2004.3.31 2005/5/31 クロ 2005/9/30 クロ
2006/1/9 取り消し

2004-04-01

Ministry of Commerce Launched Anti-dumping Investigation on Unbleached Kraft Liner/Linerboard
  
Ministry of Commerce of the People's Republic of China released Decree No. 10 of 2004 on March 31, which said Ministry of Commerce decided to launch anti-dumping probe on Unbleached Kraft Liner/Linerboard imported from US, ROK, Thailand and Taiwan from March 31, 2004.

The tariff numbers of the imports are 4804310048044100480451004805240048052500 in Import-Export Tariffs (2002) of the People's Republic of China.

Pursuant to the terms and provisions in Anti-dumping Regulations of the People's Republic of China, Ministry of Commerce made an investigation on dumping, dumping margin on Unbleached Kraft Liner/Linerboard imported from US, ROK, Thailand and Taiwan and on damage, the damage degree brought about by the products to China's Unbleached Kraft Liner/Linerboard industries from March 31, 2004.

The anti-dumping investigation will complete within one year under normal situations, which indicates it will end by March 31, 2005. The period is to be prolonged till September 30, 2005 under special situations.


2005/6/1

Ministry of Commerce Announcement No.28 on Preliminary Arbitration on Unbleached Kraft Liner/Linerboard

In accordance with Anti-dumping Regulations of the People's Republic of China, Ministry of Commerce released announcement on Mar 31, 2004, deciding to carry out anti-dumping investigation on unbleached kraft liner/linerboard (hereinafter referred to as
investigated commodities) originating from the U.S, Thailand, the Republic of Korea and Taiwan district.

Ministry of Commerce carried out investigation on dumping and dumping profit margin as well as injury and injury extent, according to the results of which as well as tem No. 24 of the Anti-dumping Regulations of the People's Republic of China, Ministry of Commerce release preliminary attribution (please refer appendix). Relevant matters are now announced as follows:

Preliminary Attribution:
In accordance with investigation results, Ministry of Commerce confirms the dumping of the investigated commodities, industrial injuries of mainland as well as the causality between dumping of the investigated commodities and the injury of mainland industries.

Deposit:
In accordance with tem No. 28 and 29 of the Anti-dumping Regulations of the People's Republic of China, Ministry of Commerce decides to carry out anti-dumping measures in means of deposit. As from May 31, 2004, importers provide relevant deposits to customs of the People's Republic of China for the importing of unbleached kraft liner/linerboard originating from the U.S, Thailand, the Republic of Korea and Taiwan district. The tariff codes of the investigated commodities are: 48041100, 48043100, 48044100, 48045100, 48052400 and 48052500.

Deposit rates of different Companies:
I. American Companies
1, MeadWestvaco Corporation: 24.9

2, Weyerhaeuser Company: 16.0%
3, Stone Container Corporation
22.2
4, Georgia-Pacific Corporation21.6%
5, International Paper Company
21.6%
6, Longview Fibre Company
21.6%
7, Packing Corporation of America
21.6%
8, Inland Paperboard and Packaging Inc.
65.2
9, All Others65.2

II. Companies of Thailand
1, PANJAPOL PAPER INDUSTRY CO., LTD.
25.4%
2, HIANG SENG FIBRE CONTAINER CO., LTD
33.5%
3,Thai Cane Paper Public Company Limited) and Siam Kraft Industry Company Limited
12.8
4, All Others65.2

III. Companies of the Republic of Korea
1, Hwaseung Paper co., Ltd
11.0%
2, Shindaeyang Paper Co., Ltd.
11.0%
3, Choil Paper Mfg co., Ltd
11.0%
4, Dreampatech Co., Ltd.
11.0%
5, Asia Paper Mfg co., Ltd
11.0%
6, DONG IL PAPER MFG.CO., LTD.
11.0%
7, Wolsan Co.,Ltd)
11.0%
8, All Others
65.2

W
.Companies of Taiwan District
1, YUEN FOONG YU PAPER MFG. CO., LTD.
7.2%
2, Long Chen Paper Co., Ltd.
14.4%
3, Cheng Loong Corporation
12.6
4, All Others65.2


2005-09-30 公告60

最終的にクロの決定

ダンピング税率 ( )は仮
I. American Companies
1, MeadWestvaco Corporation: 16.6%(24.9
%)
2, Weyerhaeuser Company: 12.9%(16.0%)
3, Stone Container Corporation
22.7%(22.2%)
4, Georgia-Pacific Corporation17.9% (21.6% )
5, International Paper Company
17.9%(21.6% )
6, Longview Fibre Company
17.9%(21.6% )
7, Packing Corporation of America
17.9% (21.6% )
8, Inland Paperboard and Packaging Inc.
65.2%(65.2%)
9, All Others65.2(65.2%)

II. Companies of Thailand
1, PANJAPOL PAPER INDUSTRY CO., LTD.
25.1%(25.4% )
2, HIANG SENG FIBRE CONTAINER CO., LTD
:記載なし (33.5% )
3,Thai Cane Paper Public Company Limited) and Siam Kraft Industry Company Limited
13.2%(12.8%)
4, All Others65.2% (65.2%)

III. Companies of the Republic of Korea
1, Hwaseung Paper co., Ltd
11.0%(11.0% )
2, Shindaeyang Paper Co., Ltd.
11.0%(11.0%)
3, Choil Paper Mfg co., Ltd
11.0%(11.0% )
4, Dreampatech Co., Ltd.
11.0%(11.0% )
5, Asia Paper Mfg co., Ltd
11.0%(11.0%)
6, DONG IL PAPER MFG.CO., LTD.
11.0%(11.0%)
7, Wolsan Co.,Ltd)
11.0%(11.0% )
8, All Others
65.2%(65.2%)

W
.Companies of Taiwan District
1, YFY PACKAGING INC.(YUEN FOONG YU PAPER MFG. CO., LTD.)
7.0%(7.2%)
2, Long Chen Paper Co., Ltd.
12.1%(14.4%)
3, Cheng Loong Corporation
9.0%(12.6%)
4, All Others65.2%(65.2%)


2006-02-13  公告2006年第8号  

"Administrative Reconsideration Law of the People's Republic of China" (行政再審法 1999/10/1発効)に基づき米国企業が再審を要請、商務部が再審の結果、公告60号の決定がアンチダンピング法に合致しないとして、アンチダンピング法50条に基づき、2006年1月9日付けで,2005-09-30 公告60号を取り消した。

Announcement No. 8, 2006 of Ministry of Commerce, on Terminating Anti-dumping Measures on Unbleached Kraft Liner/Linerboard

On January 9, 2006, Ministry of Commerce released Written Reconsideration Decision to withdraw Announcement No. 60 of Ministry of Commerce. Therefore, Customs Tariffs Committee of the State Council decided to withdraw the anti-dumping decision made to imported Unbleached Kraft Liner/Linerboard originating from the U.S., Thailand, ROK and Taiwan region.

In accordance with decision of Customs Tariffs Committee of the State Council, anti-dumping duties on imported Unbleached Kraft Liner/Linerboard originating from the U.S., Thailand, ROK and Taiwan region shall be terminated as of January 9, 2006.

アンチダンピング法 Article 50
Ministry of Commerce should, in accordance with the provisions of these Regulations, make a proposal on the retention, revision, or termination of an anti-dumping duty according to the review. Tariff Commission of State Council should, in light of the proposal made by Ministry of Commerce, make a decision. And the decision should be announced by Ministry of Commerce. Or Ministry of Commerce makes a decision on and announces the retention, revision, or termination of the price undertaking in accordance with the provisions of these Regulations.


2007/2/2 USTR

A third dispute, involving China's antidumping duties on U.S. kraft linerboard, was resolved in January 2006 shortly after the United States informed China that it would soon be filing a request for WTO consultations. China terminated the antidumping order on kraft linerboard, eliminating the unfair barrier to U.S. paper products.

2006/1/10 USTR

China Terminates Antidumping Duty Order on Kraft Linerboard
US Negotiation Delivers Positive Results for American Producers  

U.S. Trade Representative Rob Portman today said he was pleased with China's decision to repeal its antidumping duty order on kraft linerboard from the United States, following negotiations between the United States and China. Kraft linerboard is a paper product that is used to make corrugated boxes.

"China responded to U.S. concerns by eliminating their antidumping order on kraft linerboard," Ambassador Portman said. "As we made clear to the Chinese Government last week, the United States was on the verge of filing a WTO case if this issue was not resolved in a satisfactory manner. I'm pleased that through negotiations we were able to persuade China to terminate these unfair barriers to U.S. products."

In September 2005, China issued a final determination finding that U.S. producers were dumping kraft linerboard in the Chinese market at margins ranging from 12.9% to 65.2%. China is the second largest market for the U.S. producers, with exports exceeding $132 million in 2004, and the antidumping duties imposed by China are prohibitive for many of them. Various aspects of China's antidumping investigation and determination appeared to have breached China's WTO obligations under the Agreement on Implementation of Article VI of the General Agreement on Tariffs and Trade 1994 (Antidumping Agreement) and the General Agreement on Tariffs and Trade 1994 (GATT 1994).

Background

On September 30, 2005, in response to a petition filed by four Chinese companies that produce kraft linerboard, the Ministry of Commerce of the People's Republic of China ("MOFCOM") issued a final determination finding that U.S. producers were dumping kraft linerboard in the Chinese market. MOFCOM also found that producers from Thailand, South Korea and Taiwan were dumping, and that cumulated subject imports were causing material injury to the Chinese industry. Under international trade laws, one country accuses producers of another country of "dumping" when it believes products are being imported below their cost of production or home-market price, and the country believes its own producers are being injured by those imports.

The United States and our producers strongly disagreed with China's decision to impose antidumping duties on U.S. kraft linerboard, including with respect to China's determination of injury and the way in which China administered the investigation. For this reason, U.S. producers submitted a petition to MOFCOM on November 29, 2005, requesting reconsideration of the September 2005 determination.

 


対象製品  対象国 調査開始日 仮決定日 最終決定日 終了
トリクロルエチレン 日本・ロシア 2004.4.16 2005.1.7クロ 2005.7.22クロ  
2010.7.21   2011.7.21 クロ 2016.7.21

2004/4/16

中国商務部は16日、公告11号で、日本とロシアを原産地とするトリクロルエチレンについてダンピング調査を開始すると発表した。輸入税則番号は29032200


2004/4/19 Chemnet Tokyo

 トリクロルエチレンは、自動車部品や電気製品など金属部品の洗浄のほか、HFC134aなど代替フロン原料としても使われており、このところ需要は堅調。わが国では、関東電化工業(水島工場)、東亞合成(徳島工場)、旭ペンケミカル(五井工場)の3社が生産している。
 
 経産省によると、生産能力は3社各3万トンの年9万トン。2003年の生産量は8万3,000トンで、輸出は約1,600トン(輸出金額約1,200万円)だった。


2005-01-07 Ministry of Commerce Announcement No. 1012004

Ministry of Commerce issued an announcement on April 16, 2004 to start an anti-dumping investigation on the imported TrichloroethyleneTCEoriginating from Russia and Japan (hereinafter referred to as the investigated products).

In accordance with Article 24 of Anti-dumping Regulations of People's Republic of China, Ministry of Commerce made the original arbitration that dumping of the investigated product had taken place, which had caused substantive injury to China's domestic industry and there was a casual relationship between the dumping and the injury.

The TrichloroethyleneTCEis listed under No. 29032200 in Import & Export Tariffs of General Administration of Customs of PRC in 2003 and 2004.

In accordance with Article 28 and 29 of Anti-dumping Regulations of People's Republic of China, Ministry of Commerce decided to take anti-dumping measures by deposit in security as of January 7, 2005.

Deposit in security rates are as follows:

Japanese Companies: 159%

Russian Companies:
1, KhimpromUsolie LLC     5%
2, All others          159%

The relevant interested parities could bring forward written comments, with related evidence, to Ministry of Commerce for consideration within 20 days as of the date this announcement is issued.


Ministry of Commerce of PRC July 22, 2005

Ministry of Commerce Announcement No.37
2005 on Final Arbitration on Trichloroethylene

On April 16, 2004, in accordance with Anti-dumping Regulations of People's Republic of China, Ministry of Commerce issued an announcement to start anti-dumping investigation on imported Trichloroethylene
TCEoriginating from Russia and Japan(hereinafter referred to as investigated product). The investigated product is listed under No. 29032200 in the Import and Export Tariffs of the People's Republic of China.

Ministry of Commerce issued the original arbitration on January 7, 2005, confirming that dumping of the investigated product had taken place and it had caused substantive injury to China's domestic industries, and there was a causal relationship between the dumping and the injury. Therefore, provisional anti-dumping measures were conducted on the imported Trichloroethylene
TCEoriginating from Russia and Japan.

As the final arbitration, Ministry of Commerce decided to levy anti-dumping duties on the investigated product. Customs Tariffs Committee of the State Council will levy anti-dumping duties on the investigated product as of July 22, 2005.

The anti-dumping duty rates levied on the related companies are listed as follows:
 Japanese Companies: 159%
 Russian Companies:
  1. Usoliekhimprom LLC 3%
  2. All others 159%

Importers shall, while importing Trichloroethylene
TCEoriginating from Russia and Japan as of July 22, 2005, pay relevant anti-dumping duties to General Administration of Customs of PRC.
Anti-dumping Duty= Customs Tax Payment Price * Anti-dumping Duty Rate.

The levy of anti-dumping duties on imported Trichloroethylene
TCEoriginating from Russia and Japan will last 5 years as from July 22, 2005.

The relevant interested parties could apply, in written forms, to the Ministry of Commerce for an interim review during the levy of anti-dumping duties in accordance with Article 49 of Anti-dumping Regulations of People's Republic of China.

The relevant interested parties, disagreed with the final arbitration or the levy of the anti-dumping duties, could apply for an administrative reconsideration or lawsuit in accordance with Article 53 of Anti-dumping Regulations of People's Republic of China.


Usoliekhimprom LLC http://www.ximprom.ru/about_e.htm

J/S Co. "Usoliekhimprom" is one of the leaders of the chemical industry of Siberia and Far East. It is a town forming enterprise. The size of the industrial staff is 71OO persons.

J/S Co. "Usoliekhimprom" is a industrial complex including 3 big technologically independent plants which manufacture more than 50 kinds of product such as: hydrogen peroxide, emulsive polyvinylchloride, epichlorhydrin, epoxy-diane resin, sodium hydroxide (caustic soda "RD"), sodium hydroxide, muriatic acid, calcium chloride, chlorine, sodium metallic, methyl cellulose, calcium carbide, calcium hypohlorite neutral, trichloroethylene, oxygen liquid and oxygen gas, nitrogen gas and so on.

ーーー

2016/7/11 商务部公告2016年第32号  

  延長申請なく、7月21日に期限切れ終了


対象製品  対象国 調査開始日 仮決定日 最終決定日
ビスフェノールA 日本・ロシア・シンガポール・韓国、台湾 2004.5.12 2005.11.7 提訴取り下げで調査取り止め
日本・シンガポール・韓国、台湾 2006.8.30 2007.3.21クロ 2007.8.29クロ
2012.8.29   2013.8.29クロ

Chemnet Tokyo 2004/5/12

中国商務部、BP-AについてもAD調査を開始

日本、ロシア、シンガポール、韓国、台湾を対象に
 中国商務部は12日、ビスフェノール-A(BP-A)のアンチダンピング調査を開始したと関係各国に通告してきた。
 
 対象は、日本、ロシア、シンガポール、韓国、台湾の各国で生産され、03年1月1日から同年12月31日までの間に中国に持ち込まれたBP-A。調査期限は05年5月12日まで。ただし特殊事情が認められれば同年11月12日まで延長するとしている。輸出業者や生産者が応訴する場合は、通告後20日以内に商務部輸出入公平貿易局に申請するよう指示している。
 今回の調査は、中国のBP-Aメーカーの藍星化工新材料社が提訴したのを同局が受けて実施することにしたもの。
 日本でBP-Aを企業化しているのは、三井化学、三菱化学、新日鉄化学、出光石油化学の各社。これらBP-Aメーカーによる対中輸出量は02年が3万3,011t、03年が3万5,491tとなっている。中国による02年の総輸入量は12万1,921t、03年が17万250tで、03年における同国の総需要量に占める輸入品の構成比は92%に達している。日本品は輸入品のなかでは最も量が多く、全輸入量の21%を占めている。しかし各社とも、ダンピング行為の事実がないので今回のAD調査は理解できないとしており、ただちに応訴するというところが多い。


2004-05-14 Ministry of Commerce No. 19
  
Ministry of Commerce announced an anti-dumping investigation into imported Bisphenol-ABPA) originating in Japan.,Russia,Singapore, Republic of Korea and as well as the Taiwan Region(hereinafter referred to as "investigated product") on May 12,2004.

In respond to an appeal from domestic industry on March 12,2004, Ministry of Commerce examined related issues and evidence. Since the examination shows the appeal is in line with Article 11, 13 and 17 and includes related points and evidence of Article 14 and 15 of Anti-dumping Regulations of the People's Republic of China, Mininstry of Commerce decided to start an anti-dumping investigation on the investigated product as of May 12,2004. The period of investigation on dumping is from January 1 to December 31, 2003 and injury to domestic industries is from January 1, 2000 to December 31, 2003.

The investigated product is classified under Code 29072300 in Import and Export Tariffs(2003) of General Administration of Customs of the People's Republic of China.


May 12,2005

Ministry of Commerce Announcement No.25, 2005 on Prolonging Anti-dumping Investigation on Bisphenol-A

Ministry of Commerce released announcement on May 12, 2004, deciding to carry out anti-dumping investigation on Bisphenol-A (investigated commodityfor short in the following) originating from Japan, Russia, Singapore, Republic of Korea and Taiwan District with a tariff code of 40024910 in Import and Export Tariff of the People's Republic of China, however Bisphenol-A salt under the same tariff code is excluded.

In accordance with item No. 26 of Anti-dumping Regulations of the People's Republic of China, Ministry of Commerce decides to prolong the anti-dumping investigation for another 6 months for the complexity of this case, which means the anti-dumping investigation will not be terminated until Nov 12, 2005.


2005/11/8

中国商務部、日本等原産のビスフェノールAのダンピング調査取り止め

 中国商務部は7日、公告70号で、日本、ロシア、シンガポール、韓国及び台湾原産のビスフェノールAについてダンピング調査を取り止めると発表した。

 商務部は2004年5月に、中国のBP-Aメーカーの藍星化工新材料社が提訴したのを受けて、各国原産のビスフェノールAについてダンピング調査を開始したが、本年5月に調査を2005年11月12日まで半年延長すると発表している。

 発表では、本年9月末に提訴者の藍星化工新材料社が提訴取り消しの申請を行ったため、条例27条の規定により調査をとりやめるとしている。


2006/8/30

中国商務部、日・韓・台・シンガポール原産の輸入ビスフェノールAでダンピング調査開始

 商務部は30日、公告69号を出し、日本、韓国、台湾、シンガポール原産の輸入ビスフェノールAについてダンピング調査を行うと発表した。7月10日に藍星化工新材料社が国内メーカーを代表して提訴したもの。
ダンピングの調査対象は2005/4/1〜2006/3/31、被害については2003/1/1〜2006/3/31の期間となっている。

 なお、ビスフェノールについては2004年5月12日に、商務部は日本・ロシア・シンガポール・韓国・台湾原産品についてダンピング調査を開始したが、2005年11月に、提訴者の藍星化工新材料社が提訴取り消しの申請をしたとして、調査が取り止めとなっている。

 今回は同じ藍星化工新材料社が提訴しており、対象としてはロシアが抜けている。


2007/3/21

中国商務部、日本等原産のビスフェノールAのダンピング調査で「クロ」の仮決定

中国商務部は21日、公告24号を出し、日本、シンガポール、韓国、台湾原産の輸入ビスフェノールのダンピング調査で、ダンピングの事実、被害の存在、その相互関係を認め、「クロ」の仮決定を下したと発表した。

藍星化工新材料の提訴に基づき、2006年8月30日から調査を行っていた。

これに伴い、同日以降該当製品を輸入する業者は、仮決定で定められた各社のダンピング幅を保証金として税関に支払うこととなる。

各社の保証金は以下の通り。

日本企業
  1.三井化学  6.2%
  2.三菱化学  8.6%
  3.その他   37.1%

韓国企業
  1. 錦湖P&B化学 6.9
%
  2. LG石油化学  7.9
%
  3. その他     37.1
%

シンガポール企業
  1. 三井フェノール・シンガポール 6.0%  
  2. その他  37.1
%

台湾企業
  1.
Nan Ya Plastics  6.0%
  
2. Chang Chun Plastics 6.0%
  3. 信昌化学 5.3%
  4. その他  37.1
%

なお、中国商務部は2004年5月に、日本、ロシア、シンガポール、韓国及び台湾原産のビスフェノールAについてダンピング調査を開始したが、2005年11月に、提訴者の藍星化工新材料社が提訴取り消しの申請をしたとして、調査が取り止めとなっている。

今回は同じ藍星化工新材料社が再度提訴したものだが、対象からロシアが抜けている。


2007/8/29 公告68

中国商務部、日本等原産のビスフェノールAのダンピング調査で「クロ」の最終決定

各社のダンピング税は以下の通り。( )は仮決定

日本企業
  1.三井化学  6.1% (6.2%)
  2.三菱化学  7.9% (8.6%)
  3.その他   37.1% ( 37.1%)

韓国企業
  1. 錦湖P&B化学 5.8% (6.9
%)
  2. LG石油化学  6.4% (7.9
%)    2009/12/15 公告108で 4.7%に
  3. その他     37.1
% (37.1%)

シンガポール企業
  1. 三井フェノール・シンガポール 5.0% (6.0%)  
  2. その他  37.1
% (37.1% )

台湾企業
  1.
Nan Ya Plastics  6.0% (6.0%)
  
2. Chang Chun Plastics 6.0% (6.0%)
  3. 信昌化学 5.3% (5.3%)
  4. その他  37.1
% (37.1%)


2012/8/29 公告 No. 43

5年期限による再調査開始


2013/8/29 公告No. 55  クロの最終決定


対象製品  対象国 調査開始日 仮決定日 最終決定日 終了
ジメチルシクロシロキサン 日本・米国・英国・ドイツ 2004.7.16 2005.9.29クロ 2006.1.16クロ 2011.1.16


日本製などの化学物質 反ダンピング調査開始

中国商務部は、7月16日の2004年第36号公告で、日本、米国、英国、ドイツ原産のジメチル シクロ
シロキサンdimethyl cyclosiloxaneの反ダンピング調査を同日から行うと発表した。

中国藍星化学、浙江・新安化学工業、吉林化学工業の申請によるもので、対象製品の輸入税則番号は29310000、38249090及び39100000。

反ダンピング調査は通常1年以内に終わることから、この調査は2005年7月16日までに終わり、特別な事情があれば2006年1月16日まで延長することができる。


2004/7/20 Chemnet Tokyo

中国商務部は、7月16日の2004年第36号公告で、日本、米国、英国、ドイツ原産のジメチル シクロシロキサン(シリコーン)に対して、同国AD条例に基づき、同日からアンチダンピング調査を開始すると発表した。

 中国藍星化学、浙江・新安化学工業、吉林化学工業の申請によるもので、提訴状にあげられている日本企業は信越化学工業とGE東芝シリコーンの両社。調査対象期間は、ダンピングについては2003年4月1日〜2004年3月31日となっている。

 

2004/7/21 METI

中国政府によるジメチル・シクロシロキサン(シリコーン)に対するアンチダンピング(AD)調査の開始について

1. 7月16日、中国政府(商務部)は、ジメチル・シクロシロキサン((シリコーン)関税番号3910000)を対象としたAD調査の開始について公告を行った。
  (注)この他に、関税番号:29310000及び38249090も今回のAD調査対象とされているが、両者の詳細については、現在確認中。
   
2. 今回のAD超差は、本年5月19日の中国企業3社による調査開始申請を受けて行われるものであり、今後、中国の「AD条例」に基づき、調査対象国(日本、米国、英国、ドイツ)からの輸入に関するダンピングの状況、中国の国内産業における損害の状況及びこれらの因果関係に関する調査が行われる。
   
3. 本調査は、通常、調査開始日から1年以内に終了し,AD税賦課の是非が決定される。ただし、最大6ヶ月間の延長が可能。
   
4. 中国のAD調査は、1997年以降これまで31件行われており、そのうち日本からの輸入製品を対象としたものは18件。
   
5. 政府としては、中国当局においてWTO/AD協定と整合的な手続きが行われることを強く期待しており、調査の進め方等について問題が見られる場合には必要に応じて申し入れを行っていく所存。
   
  〔参考〕ジメチル・シクロシロキサン(シリコーン)
 耐熱性、耐薬品性等に優れており、潤滑油や電機絶縁材料等に使用される樹脂。
   
注) シリコンウェーハのシリコン(silicon)とシリコーン(silicone)の違い
  シリコンは、珪素(Si)からできている無機物。他方、シリコーンは、珪素(Si)とそれ以外の元素(酸素や炭素など)で合成した樹脂。
 
以下の資料は、関税番号:39100000に該当する資料を元に作成しております。関税番号29310000及び38149090に関しては、詳細を確認中です。


【シリコーンの国内生産企業と生産能力】(単位トン/年)
  信越化学        115,000
  GE東芝シリコーン  
40,000

【ジメチル・シクロシロキサン(シリコーン)の日本から中国への輸出量】
  1999 13,809トン
  2000 19,034トン
  2001 21,828トン
  2002 25,873トン
  2003 30,411トン

【ジメチル・シクロシロキサン
(シリコーン) 中国の輸入量】 (  )内は世界計に占める割合 

   2001  2002  2003

日本

 24,327トン(38.9%)

 33,257トン(40.7%)

 36,423トン(35.8%)

米国

7,210トン(11.5%)

8,571トン(10.5%)

13,301トン(13.1%)

ドイツ   

5,410トン( 8.6%)

7,073トン( 8.7%)

9,888トン( 9.7%)

英国    

5,026トン( 8.0%)

7,315トン( 8.9%)

9,726トン( 9.6%)

世界計

62,610トン     

81,732トン     

101,710トン     


Jul 15, 2005
Ministry of Commerce Announcement No.42, 2005 on Prolonging Anti-dumping Investigation on Dimethyl Cyclosiloxane


Ministry of Commerce released announcement on Jul 16, 2004, deciding to carry out anti-dumping investigation on Dimethyl Cyclosiloxane originating from Japan, United States, Britain and Germany with the tariff codes under the items of 29310000,38249090 and 39100000 in Import and Export Tariff of the People's Republic of China.

With the consideration of the specialties and complexities of the case, Ministry of Commerce decides to prolong the investigation period for another 6 months to Jan. 16, 2006 in accordance with relevant regulation of Anti-dumping Measures of the People's Republic of China item No.26.


2005年09月30日

中国、日米等のジメチルシクロシロキサンのダンピング調査でクロの仮決定

 中国商務部は 29日、公告第46号を出し、日本・米国・英国・ドイツ原産のジメチルシクロシロキサンのダンピング調査でクロの仮決定を下したと発表した。昨年7月16日から調査を行っていた。

 これに伴い、同日以降該当製品を輸入する業者は、仮決定で定められた各社のダンピング幅を保証金として税関に支払うこととなる。
(注 対象品目は関税番号:29310000及び38249090となっており、本体の
関税番号3910000が含まれていない)

各社の保証金は以下の通り。

日本企業
  GE Toshiba Silicones   16%
  その他           35%

米国企業
  Dow Corning Corporation 13%
  その他            35%

英国企業
  Dow Corning Limited  13%  
  その他           35%

ドイツ企業
  Wacker-Chemie GmbH 35%
  その他           35%


China Chemical Reporter 2005/10/10

Blue Star Wins Antidumping Case of Dimethyl Cyclosiloxane

The Ministry of Commerce (MOC) announced on September 29 the dumping investigation result for the case of dimethyl cyclosiloxane (HS code: 29310000 and 38249090) imported from Japan, the United States, the United Kingdom and Germany.
The investigation, which was started on July 16, 2004, was applied by three domestic producers including Bluestar New Chemical Materials Co., Ltd., Zhejiang Xinan Chemical Industrial Group Co., Ltd and Jilin Chemical Industry Company Ltd.
There are four dimethyl cyclosiloxane producers in China.
Beijing Huaer Company Ltd.(北京化二), the fourth manufacturer, stopped dimethyl cyclosiloxane production at the end of 2003 because it suffered a huge loss in this business.


2006/1/16

中国商務部、日・米・英・独 原産のジメチルシクロシロキサンの反ダンピング調査でクロの最終決定

 中国商務部は16日、公告2005年第123号を出し、日・米・英・独原産の輸入ジメチルシクロシロキサンの反ダンピング調査でクロの最終決定を行ったと発表した。

 本件は2004年7月に調査を開始し、2005年9月29日にクロの仮決定が出ていた。

 ダンピング税率は以下の通り
    ( )は仮決定時の保証金

  日本企業
   GE Toshiba Silicones  14%(16%) -----
モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズ
   その他           22% (35%)

 米国企業
   Dow Corning Corporation 13%(13%)
   その他               22%(35%)

 英国企業
   Dow Corning Limited  13%(13%)  
再審査 2007/4/25 公告2007年第42号
   その他            22%(35%)

 ドイツ企業
   Wacker-Chemie GmbH 22%(35%)
   その他               22%(35%)
--------

2008-04-24 公告2008年第24号

   Dow Corning Limited  13%(13%) → 5.4%

ーーーー

2011/1/16 公告2010年第102号

   延長申請ないため、終了
 


対象製品  対象国 調査開始日 仮決定日 最終決定日  
ヌクレオチド 日本・韓国 2004.11.12 2005.8.4クロ 2006.5.12クロ 2011.5.12終了
インドネシア・タイ 2009.3.24 2010.1.4クロ 2010.9.21クロ 2015.9.23終了

2004/11/12

中国、日韓の食品添加物のダンピング調査開始

 中国商務省は12日、公告67号を出し、日本と韓国から輸入されているヌクレオチド(nucleotide)食品添加物に対するダンピング調査を同日から実施すると発表した。調査期間は1年。
 この添加物の生産で中国のシェア100%を占める広東省の企業、広東肇慶星湖生物科技
Guangdong Zhaoqing Star Lake Biotechnology LLC http://www.starlake.com.cn/en_index.htmlが調査を申し立てた。

 ヌクレオチド食品添加物はうまみ調味料に使われる。具体的には「イノシン酸ナトリウム」、「グアニル酸ナトリウム」及び「リボヌクレオチドナトリウム」(前2者のほぼ50/50の混合物、海外での通称「I+G」)で、関税番号は 29349930 (Nucleic acids, and their salts and derivatives) 及び 38249090 Mixtures of amines。イノシン酸ナトリウムは“鰹節”のうま味成分、グアニル酸ナトリウムは“干し椎茸”のうま味成分。  


2005/8/4   

中国、日韓の食品添加物のダンピング調査でクロの仮決定

 中国商務部は4日、公告第48号を出し、日本と韓国原産のヌクレオチド(nucleotide)食品添加物のダンピング調査でクロの仮決定を下したと発表した。この添加物の生産で中国内のシェア100%を占める広東省の企業、広東肇慶星湖生物科技が調査を申し立て、商務部が2004年11月から調査を行っていた。

 ヌクレオチド食品添加物はうまみ調味料に使われる。具体的には「イノシン酸ナトリウム」(“鰹節”のうま味成分)、「グアニル酸ナトリウム」(“干し椎茸”のうま味成分)及び「リボヌクレオチドナトリウム」(前2者のほぼ50/50の混合物)。  

 これに伴い、同日以降該当製品を輸入する業者は、仮決定で定められた各社のダンピング幅を保証金として税関に支払うこととなる。
 各社の保証金は以下の通り。

 日本企業  144%

 韓国企業 
   
大象株式会社(Daesang Corporation) 25%
   その他の韓国会社  144%


2005-11-11 商務部公告2005年第73号

2006年5月12日まで調査期間延長。


2006/5/12

中国、日・韓の食品添加物のダンピング調査でクロの最終決定

 中国商務部は12日、公告第24号を出し、日本と韓国原産のヌクレオチド(nucleotide)食品添加物のダンピング調査でクロの最終決定を下したと発表した。この添加物の生産で中国内のシェア100%を占める広東省の企業、広東肇慶星湖生物科技が調査を申し立て、商務部が2004年11月から調査を行い、2005年8月にクロの仮決定が出ていた。

 ヌクレオチド食品添加物はうまみ調味料に使われる。具体的には「イノシン酸ナトリウム」(“鰹節”のうま味成分)、「グアニル酸ナトリウム」(“干し椎茸”のうま味成分)及び「リボヌクレオチドナトリウム」(前2者のほぼ50/50の混合物)。

 ダンピング税率は以下の通り。( )は仮決定時のもの
 日本企業  119%(144%)

 韓国企業 
   大象株式会社(Daesang Corporation) 25% (25%)
   その他の韓国会社 119% (144%)

ーーー

2011/5/13 

中国商務部は5月12日、公告22号で、5月12日付けでこのダンピング課税を終了すると発表した。
期限までにどこからも課税延長の申請がなかった。

なお、中国はインドネシアとタイ原産の輸入ヌクレオチド食品添加物については、2010年9月からダンピング課税を行っている。
 


2009/3/24 

中国商務部、インドネシアとタイ原産の輸入ヌクレオチド食品添加物にダンピング調査開始

中国商務部は3月24日、公告19号を出し、インドネシアとタイ原産の輸入ヌクレオチド食品添加物に対しダンピング調査を開始すると発表した。

本年2月1日に広東肇慶星湖生物科技が中国メーカーを代表して調査を要請した。

ヌクレオチド食品添加物はうまみ調味料に使われる。
具体的には「イノシン酸ナトリウム」、「グアニル酸ナトリウム」及び「リボヌクレオチドナトリウム」(前2者のほぼ50/50の混合物)で、イノシン酸ナトリウムは“鰹節”のうま味成分、グアニル酸ナトリウムは“干し椎茸”のうま味成分。

調査対象期間は2007101から2008930日まで、被害調査は200511から2008930日となっている。

ヌクレオチド食品添加物については、商務部は日本及び韓国原産の輸入品について、2006年5月12日にクロの決定をしている。


2010/1/4 公告2009年第118号

中国商務部、インドネシアとタイ原産の輸入ヌクレオチド食品添加物のダンピング調査でクロの仮決定

保証金
 
インドネシア 
   
PT. Cheil Jedang Indonesia  16.9
    麒麟味元食品公司
(PT. Kirin Miwon Foods) 8.1
   その他 
29.7

 タイ  
    味之素(泰国) 6.5%
   その他  29.7%


麒麟味元食品は2006年に当時の武田キリン食品(麒麟麦酒 51%/武田薬品49%)と韓国の大象株式会社(Daesang Corporation)が50/50出資で設立した。
武田キリン食品は2007年4月に麒麟麦酒が完全子会社化し、キリンフードテックと改称した。
大象は1956年に東亜化成工業として設立され、1962年に味元株式会社に改称、1997年に大象に改称した。

Cheil Jedang Indonesiaは韓国CJグループの子会社。
CJグループは1953年にサムスングループ初の製造業の第一製糖(Cheil Jedang)として設立された。
製糖業、食品工業では韓国でもトップクラス。
1993年にサムスングループから分離した。

分類 商品名 製造会社 アミノ酸系 ヌクレオチド(核酸系)
グルタミン酸
ナトリウム
リボヌクレオチド
ナトリウム
イノシン酸
ナトリウム
グアニル酸
ナトリウム
低核酸系 味の素 味の素(株) 97.5% 2.5%    
高核酸系 ハイミー 味の素(株) 92% 8%    
いの一番 キリンフードテック(株) 92% 8%    
フレーブ ヤマサ醤油(株) 91.5%   4.25% 4.25%
  だし昆布 右2つの混合物 鰹節 干し椎茸

 

ーーー

2010/9/21 公告2010年第56号 クロ

ダンピング税 (  )は仮決定保証金

 
インドネシア 
   
PT. Cheil Jedang Indonesia  6.30% (16.9%)
    麒麟味元食品公司
(PT. Kirin Miwon Foods) 6.90% (8.1%)
   その他 
29.7% (29.7%)

 タイ  
    味之素(泰国) 4.8% (6.5%)
    その他  29.7% (29.7%)

ーーー

2012/10/29 公告第65号

国内メーカー要請を受け、下記3社についてダンピング幅を再調査

 インドネシア 
   
PT. Cheil Jedang Indonesia
    麒麟味元食品公司
(PT. Kirin Miwon Foods)

 タイ  
    味之素(泰国)

ーーー

2013/8/6 公告 No. 39

税率変更 

 インドネシア 
   
PT. Cheil Jedang Indonesia   93.6%(6.30%)
    麒麟味元食品公司
(PT. Kirin Miwon Foods) 93.6% ( 6.90%)
    
   
インドネシア2社は期限内に資料を提出せず

 タイ  
    味之素(泰国) 
9.9%(4.8%)

ーーー

2015/9/23 公告38号 5年期限で終了
 


対象製品  対象国 調査開始日 仮決定日 最終決定日 終了
エピクロルヒドリン 日本・韓国・ロシア・米国 2004.12.28 2005.9.21 2006.6.28クロ  
2011.6.27   2012.6.28クロ 2017.6.28

2004/12/29

Ministry of Commerce Announcement No.91, 2004

  Ministry of Commerce issues Announcement No.91, 2004 on Dec 28, 2004, deciding to carry out anti-dumping investigation on imported epichlorohydrin originated from Russia, Korea, Japan and the United States, the code of which in the Customs Import and Export Tax Regulations is 29103000.

In accordance with the Anti-dumping Regulations of the People's Republic of China, Ministry of Commerce decides to carry out anti-dumping investigation on dumping, dumping profit margin, injury of domestic industries as well as extent of injury of imported epichlorohydrin originated from Russia, Korea, Japan and the United States as from the publication of this announcement.

In the ordinary course of event, the duration of the anti-dumping investigation is 1 year and will be terminated before Dec 28, 2005. However, in case of particular situation, it may be prolonged to June 28, 2006.


Sinopec Qilu Company Ltd. and Tianjin Bohai Chemical Company Ltd. Tianjin Chemical Plant represented the domestic ECH industry to apply for the dumping investigation on November 8th, 2004.


2005/9/21

中国、日韓等のエピクロルヒドリンのダンピング調査でクロの仮決定

 中国商務部は21日、公告第57号を出し、日本・韓国・ロシア・米国原産のエピクロルヒドリンのダンピング調査でクロの仮決定を下したと発表した。昨年12月28日から調査を行っていた。

 これに伴い、同日以降該当製品を輸入する業者は、仮決定で定められた各社のダンピング幅を保証金として税関に支払うこととなる。
 
 各社の保証金は以下の通り。

 日本企業
   鹿島ケミカル  7.8%
   その他     71.5%
   ダイソー     0% (ダンピング幅は0.9%で微小なためルールによりゼロに)
 
 韓国企業 
   HAN WHA CHEMICAL CORPORATION  4.5%
   Samsung Fine Chemicals Co., LTD 4.3%
   その他   71.5%  
 
 ロシア企業
   The Joint Stock Company Kaustik 23.0%
   Usoliekhimprom  8.6%
   その他  71.5%

 米国企業
   The Dow Chemical Company  4.3%
   その他 71.5%


2005−12−21商務部公告第89号

2006年6月28日まで6カ月延長


2006/6/28

中国商務部、日本・韓国・ロシア・米国原産のエピクロルヒドリンのダンピング調査でクロの最終決定

商務部は28日、公告44号を出し、日本・韓国・ロシア・米国原産のエピクロルヒドリンのダンピング調査でクロの最終決定を下したと伝えた。

2004年12月28日に調査を開始し、昨年9月21日にクロの仮決定が出ていた。

ダンピング税率は以下の通り。( )は仮決定時のもの

 ロシア
  The Joint Stock Company Kaustik  17.9% (23.0%)
  “Usoliekhimprom” 5.4% (8.6%)
  その他  71.5% (71.5%)

 韓国
  Han Wha Chemical Corporation 4.0% (4.5%)
  Samsung Fine Chemicals Co., Ltd 3.8% (4.3%)
  その他   71.5%(71.5%)  

 日本
  鹿島ケミカル 4.7% (7.8%)
  その他     71.5% (71.5%)
  ダイソー    0% (0%)(ダンピング幅は0.9%で微小なためルールによりゼロに)

 米国
  The Dow Chemical Company  4.3% (4.3%)
  その他  71.5% (71.5%) 

ーーーーーーーーーーー

2011-06-27  公告2011年第34号  再審査
 
http://www.mofcom.gov.cn/aarticle/b/c/201106/20110607618672.html


2012-06-27公告 2012年第32号 クロ



2017-6-27公告2017年第30号   5年期限切れ 終了
 


対象製品  対象国 調査開始日 仮決定日 最終決定日
Spandex 日本・シンガポール・韓国・米国・台湾 2005.4.13 2006.5.23 クロ 2006.10.13 クロ
2011.10.13   2012.10.12 クロ

Ministry of Commerce Announcement No. 19,2005  April 13,2005

Ministry of Commerce announced an anti-dumping investigation on imported Spandex originating in Japan, Singapore, Republic of Korea, USA and Taiwan region (hereinafter referred to as "investigated product ") on April 13, 2005.

In respond to an appeal from domestic industry on February 23, 2005, Ministry of Commerce examined related issues and evidence. Since the examination shows the appeal is in line with Article 11,13 and 17 and includes related contents and evidence of Article 14 and 15 of Anti-dumping Regulations of the People's Republic of China, Ministry of Commerce decided to start an anti-dumping investigation on the investigated product as of April 13, 2005.
The period of investigation on dumping is from January 1, 2004 to December 31, 2004. The investigation on injury to domestic industry is from January 1, 2001 to December 31, 2004.

The investigated product, is named Spandex Yarn and classified under Code 54024920 and 54026920 in Import and Export Tariffs (2005) of General Administration of Customs of the People's Republic of China. The investigated product is also named as Polyurethane or Spandex.

The investigation begins on April 13, 2005 and last 1 year normally. In case of special situation, it could be extended to October 12, 2006.

ポリウレタン弾性繊維の国内メーカーは現在、旭化成せんい、東洋紡、富士紡績、日清紡績、オペロンテックスの5社(カネボウは撤退)、生産能力は合わせて年産約5万トン。
(Chemnet Tokyo)


2006/5/24

中国、日本・シンガポール・韓国・米国・台湾原産の輸入Spandexのダンピング調査でクロの仮決定


 商務部は24日、公告第33号を出し、日本・シンガポール・韓国・米国・台湾原産の輸入Spandexのダンピング調査でクロの仮決定を下したと発表した。昨年4月13日から調査を行っていた。

 これに伴い、同日以降該当製品を輸入する業者は、仮決定で定められた各社のダンピング幅を保証金として税関に支払うこととなる。
 
 各社の保証金は以下の通り。
 
   日本:
     オペロンテックス 13.87%
     その他企業   61.00%
      
      注 オペロンテックスは東レ(50%)とインビスタ(50%)のJV

   シンガポール: 
      INVISTA (Singapore) Fibres Pte. Ltd.  11.50%
     その他企業   61.00%  

   韓国:
     Hyosung Corporation   0%
     TongKook Corporation  0%
     Taekwang Industrial Co.,Ltd. 0%
     その他企業   61.00% 

   台湾:
     FORMOSA ASAHI SPANDEX CO., LTD 5.09%  
     その他企業      61.00%

   米国企業        61.00%


2006/10/13

中国商務部、日本・シンガポール・韓国・米国・台湾原産のスパンデックスのダンピング調査でクロの最終決定

 中国商務部は13日、公告74号で、日本・シンガポール・韓国・米国・台湾原産のスパンデックスのダンピング調査でクロの最終決定を下したと伝えた。2005年4月13日に調査を開始し、本年5月23日にクロの仮決定が出ていた。

 ダンピング税率は以下の通り。( )は仮決定時のもの

 日本
  1.日本Opelontex  12.87% (13.87%) → Toray Opelontex (2010-02-04 公告2010年第6号 )
  2.その他      61.00% (61.00%)
    注 オペロンテックスは東レ(50%)とインビスタ(50%)のJV、
      
社名変更のみで、株主や資本の異動はなし。       

 シンガポール
  1.Invista (Singapore) Fibres 10.85% (11.50%)
  2.その他          
61.00% (61.00%)

 韓国
  1.Hyosung Corporation   0% (0%)
  2.TongKook Corporation 2.86% (0%)
  3.Taekwang Industrial   2.31% (0%)
  4.その他        
61.00% (61.00%)

 台湾
  1.Formosa Asahi Spandex   5.19% (5.09%)
  2.その他           
61.00% (61.00%)

 米国全企業         61.00% (61.00%)


2011/10/13 公告58号

5年経過で再調査開始


2012/10/12 公告2012年第62号

クロの決定


対象製品  対象国 調査開始日 仮決定日 最終決定日 終了
Catechol 日本・米国 2005.5.31 2005.12.2クロ 2006.5.22クロ  
2011.5.22   2012.5.21クロ 2017.5.21


2005/6/1

Ministry of Commerce Announcement No. 29, 2005 on Starting Anti-dumping Investigation on Imported o-Dihydroxybenzene

Ministry of Commerce announced an anti-dumping investigation on imported o-Dihydroxybenzene (Catechol, Pyrocatechol) originating in USA and Japan (hereinafter referred to as "investigated product ") on May 31, 2005.

In respond to an appeal from domestic industry on March 31, 2005, Ministry of Commerce examined related issues and evidence. Since the examination shows the appeal is in line with Article 11, 13 and 17 and includes related contents and evidence of Article 14 and 15 of Anti-dumping Regulations of the People's Republic of China, Ministry of Commerce decided to start an anti-dumping investigation on the investigated product as of May 31, 2005.

The period of investigation on dumping is from January 1, 2004 to December 31, 2004. The investigation on injury to domestic industry is from January 1, 2001 to December 31, 2004.

The investigated product is classified under Code 29072910 in Import and Export Tariffs of General Administration of Customs of the People's Republic of China.

The investigation begins on May 31, 2005 and last 1 year normally. In case of special situation, it could be extended to November 30, 2006.

白色フレーク状の粉体で、医・農薬品や香料等、各種化学品の中間原料として使用されています。
国内メーカーは当社(宇部興産)
1社で、国内需要のほぼ全量をまかなっています。

2005/12/2

中国、日米原産の輸入カテコールのダンピング調査でクロの仮決定

 商務部は2日、公告第82号を出し、日本と米国原産のカテコールのダンピング調査でクロの仮決定を下したと発表した。本年5月31日から調査を行っていた。
(既報 
http://www.chem-t.com/cgi-bin/passFile.php?NCODE=16386

 これに伴い、同日以降該当製品を輸入する業者は、仮決定で定められた各社のダンピング幅を保証金として税関に支払うこととなる。
 
 各社の保証金は以下の通り。
 
  米国
   1、Rhodia Inc.    6.00%
   2、その他    46.81%

  日本         42.86%


2006/5/22

中国、日・米原産の輸入カテコールのダンピング調査でクロの最終決定

 中国商務部は22日、公告第32号を出し、日本と米国原産の輸入カテコール(o-Dihydroxybenzene)のダンピング調査でクロの最終決定を下したと発表した。2005年5月31日に調査を開始し、2005年12月にクロの仮決定が出ていた。 

 ダンピング税率は以下の通り。( )は仮決定時のもの

  米国
   1、Rhodia Inc.    4.00%(6.00%)
   2、その他     46.81%(同左)

  日本          42.86%(同左)


2009/7/27 公告52号

2008年6月23日, 連雲港三吉利化学が米国品のダンピング税率の見直しを要請

2009年7月28日以降、以下に変更

 米国
   1、Rhodia Inc.     9.70%                2016/8/17 公告39号 買収により 
Solvay USAに変更
   2、その他     46.81%


2011/5/21 公告 23号 延長の調査開始

2012/5/21 公告2012年第20号  クロ

 

2017-5-20 公告2017年第27号   5/21で期間満了、延長申請無し
 


対象製品  対象国 調査開始日 仮決定日 最終決定日 終了
PBT樹脂 日本・台湾 2005.6.6 2006.3.22クロ 2006.7.22クロ 2011.7.22

2005/6/7

中国、日本と台湾原産のPBT樹脂にダンピング調査

  中国商務部は6日の公告30号で、日本と台湾原産の輸入PBT樹脂(関税番号39079900)に対して、ダンピング調査を行うと発表した。4月12日に南通星辰合成材料公司が国内業界を代表して提出したダンピング調査の申請を受け取って検討してきたもの。
 今回のダンピング調査期間は、2004年1月1日から2004年12月31日で、国内産業に対する影響の調査対象期間は、2001年1 月1日から2004年12月31日。調査は来年6月6日までに終了するが、
特別な理由があれば来年12月6日まで延長できる。


Chemnet Tokyo 2005/6/8

PBT各社「応訴」見送りへ、中国のアンチダンピング調査

 中国政府(商務部)が6日、日本と台湾産の輸入PBT(ポリブチレン・テレフタレート)に対して、アンチダンピング調査開始を発表したが、日本の各メーカーは冷静な受け止め方をしており、応訴を見送る公算がつよい。
 
 中国への同樹脂の輸出は、数量的にも比重が小さく、国内需要も増加傾向にあるところから、今後は国内市場の伸びや第3国への輸出でカバーできるとしている。応訴することによる、煩雑な手間や出費を避けたいとする「大人の判断」もあるようだ。
 
 PBTは、わが国ではメーカー5社(合計能力は年産17万3,000トン)が生産しているが、透明性・耐熱性・機械的強度にすぐれたエンジニアリングプラスチックとして、このところ需要は電気・電子部品や自動車部品分野を中心に好調な伸びを見せている。
 
 財務省によると、わが国から中国への同樹脂の輸出は、03年1万5,000トン、04年1万9,000トンで全生産量の10〜15%程度。中国側とは関税番号が一致せず、中国側の資料によると日本からの中国の輸入は03年2万9,800トン、04年3万6,000トンとなっている。

一方、経産省化学課によると、国内のPBTメーカーは現在、三菱化学(年産能力7万トン)、ポリプラスチックス(5万トン)、ウインテックポリマー(2万 2,000トン)、東レ(2万2,000トン)、三菱レイヨン(5,000トン)、大日本インキ化学(4,000トン)の5社で、合計能力は年産17万 3,000トンとなっている。


2006/3/22

中国、日本と台湾原産のPBT樹脂のダンピング調査でクロの仮決定

 中国商務部は22日、公告2006年第15号を出し、日本と台湾原産の輸入PBT樹脂のダンピング調査でクロの仮決定を下したと発表した。昨年6月6日から調査を行っていた。

 これに伴い、同日以降該当製品を輸入する業者は、仮決定で定められた各社のダンピング幅を保証金として税関に支払うこととなる。
 
 各社の保証金は以下の通り。

 1.台湾地区
  ・長春人工樹脂(Chang Chun Plastics ) 12.78%
  ・その他  17.31%
 2.日本   17.31%


2006/7/24

中国、日本と台湾原産のPBT樹脂のダンピング調査でクロの最終決定

 中国商務部は22日、公告2006年第42号を出し、日本と台湾原産の輸入PBT樹脂のダンピング調査でクロの最終決定を下したと発表した。

 昨年6月6日から調査を行い、本年3月22日にクロの仮決定が出ていた。

 各社の保証金は以下の通り。( )は仮決定時のもの

 1.台湾地区
  ・長春人工樹脂(Chang Chun Plastics ) 6.24% (12.78%)
  ・その他  17.31% (同左)
 2.日本   17.31% (同左)


2011/7/22 公告 41号
  延長の申請なく、終了

 


対象製品  対象国 調査開始日 仮決定日 最終決定日
Wear Resistant Overlay
耐摩耗紙)
米・EU 2005.6.13 2006.6.16クロ 2006.12.12クロ

2005/6/14

Ministry of Commerce Announcement No. 34, 2005 on Starting Anti-dumping Investigation on Wear Resistant Overlay 耐摩耗紙

Ministry of Commerce announced an anti-dumping investigation on imported Wear Resistant Overlay originating in USA and EU (hereinafter referred to as "investigated product ") on June 13, 2005.

In respond to an appeal from domestic industry on April 14, 2005, Ministry of Commerce examined related issues and evidence. Since the examination shows the appeal is in line with Article 11, 13 and 17 and includes related contents and evidence of Article 14 and 15 of Anti-dumping Regulations of the People's Republic of China, Ministry of Commerce decided to start an anti-dumping investigation on the investigated product as of June 13, 2005.

The period of investigation on dumping is from January 1, 2004 to December 31, 2004. The investigation on injury to domestic industry is from January 1, 2003 to December 31, 2004.

The investigated product is classified under Code 48064000 in Import Tariffs of General Administration of Customs of the People's Republic of China.

*Code 48064000 Glassine and other glazed transparent or translucent papers
   グラシン紙 及び透明 or 半透明光沢紙 
     グラシン紙はパラフィン紙とも呼ぶ。耐油性に優れているので油製品の油分を他に転移させない働きがあり、
     その様な性質の包装材として多く用いられる。

 


2006/6/16 商務部公告2006年第45号

中国商務部、米・EU原産の耐摩耗紙のダンピング調査でクロの仮決定

保証金

米国 MW Custom Papers,LLC   10.35%
    その他               42.79%

EU  Papierfabrik Schoeller & Hoesch GmbH & Co. KG 24.64%
    その他               42.79%


2006/11/9 公告2006年第89号

Code 48064000 は誤りで、正しくは Tariff No. 48043900

これまでの保証金は返還

Announcement No.89, 2006 of the Ministry of Commerce, on Adjusting the Tariff No. of Wear Resistant Overlay in the Related Anti-dumping Investigation
 
On June 13, 2005, Ministry of Commerce issued Announcement No. 34 to start anti-dumping investigation on imported Wear Resistant Overlay from EU and the US (hereinafter referred to as "investigated product").

During the investigation process, some related interested parties applied to the investigation institutes that the Tariff No. of investigated product should be 48043900 instead of 48064000 previously issued in the announcement for starting the investigation.

With survey and cognizance by Customs Tariffs Committee of the State Council and the General Administration of Customs, the Tariff No. of investigated product shall be 48043900. Matters of concern are listed as follows:

1. Tariff No. of the investigated product shall be 48043900.
2. As from the issuance date of this Announcement, the importers, while importing Wear Resistant Overlay from EU and the US, shall provide relevant deposit by cash to the PRC Customs in accordance with the Tariff No. 48043900 and the deposit rates regulated in Announcement No.45, 2006 of the Ministry of Commerce.
During the period from the issuance date of Announcement No.45, 2006 and the implementation of this Announcement, the importers, while importing Wear Resistant Overlay from EU and the US with Tariff No. 48043900, shall not be charged with deposit by cash.
3. During the period from the issuance date of Announcement No.45, 2006 and the implementation of this Announcement, the deposit by cash under Tariff No. 48064000, already paid while importing Wear Resistant Overlay from EU and the US, shall be returned to the importers by the Customs.
4. This Announcement shall be put into effect as from November 10, 2006.


2006年第93号 2006-12-12

最終クロ

ダンピング税(仮)
  米国 MW Custom Paper LLC 4.1% (10.35%)
      その他           42.8%(42.79%)

  EU  Papierfabrik Schoeller & Hoesch GmbH & Co. KG  10.0%(24.64%)
      その他           42.8%(42.79%)


対象製品 対象国 調査開始日 仮決定日 最終決定日
オクタノール 韓・サウジ・日・EU・インドネシア 2005.9.15   2007.1.31シロ

 

2005/9/15

中国商務部、韓・サウジ・日・EU・インドネシア原産のオクタノールでダンピング調査開始

 中国商務部は15日、公告2005年第58号を出し、韓国、サウジアラビア、日本、EUとインドネシア原産の輸入オクタノールに対しダンピング調査を開始すると発表した。本年7月15日に、
Sinopec Qilu Company Ltd.Jilin Chemical Industry Company Ltd.Chemical No.4 Factory of Beijing Dongfang XXが国内メーカーを代表してダンピング調査を要請、商務部が検討していた。

 対象は関税番号 29051600の Octanol (octyl alcohol) 。

 今回のダンピング調査期間は、2004年3月31日から2005年3月31日までで、国内産業に対する影響の調査対象期間は、2001年1 月1日から2005年3月31日。

 調査は9月15日に開始し来年9月15日までに終了するが、特別な理由があれば2007年3月15日まで延長できる。


In 2004 China imported 83 479 tons, 77216 tons, 52 661 tons, 43 300 tons and 21 656 tons of octanol respectively from Korea, Saudi Arabia, Japan, EU and Indonesia.

Sinopec Qilu Company Ltd., Jilin Chemical Industry Company Ltd. and Chemical No.4 Factory of Beijing Dongfang XX initialed and applied for this investigation on July 15 this year. The total output of octanol in the three company accounted for 77.34% and 80.49% in the country total respectively in 2003 and 2004.


2007/1/31 公告2007年第4号

調査の結果、輸入オクタノールが国内産業に大きな被害を与えていないと判断し、本件調査を打ち切ることを決めたと発表した。


「人民網日本語版」 2003/6/2

中国製品が反ダンピング批判にさらされる理由(経済論点)

 米国のファイブリバー・エレクトロニック・イノベーションズ(LLC)と二つの労働組合は5月2日、米国商務省と米国国際貿易委員会(ITC)に対し、マレーシアと中国産のカラーテレビの反ダンピング提訴を行った。中国製品は54インチ以上のものが対象とされ、主要メーカーのほとんどがブラックリストに載ったことになる。 中国産カラーテレビが反ダンピング提訴されるのは、これが初めてではない。数年前に欧州連合(EU)に提訴され、欧州市場から中国製品がほとんど消えたことがあった。

 専門家によると、1979年に欧州共同体(EC)が初めて対中反ダンピング調査を実施して以来、20数種ある輸出製品のほぼ全品目にわたって調査が行われた。提訴の件数は、1980年代には年平均7件だったが、90年代には32件に増え、2001年には55件の新記録を樹立。世界貿易機関(WTO)の統計によると、2002年下半期以降、中国大陸の輸出製品に対する調査は計27件に及び、中国は世界で最も多く反ダンピング調査を受けた国となった。1992年〜2001年には調査対象の金額は53億ドルに上り、提訴の55%はEU諸国から、28%は米国からそれぞれ起こされた。

 中国企業がたびたび反ダンピングに遭う原因には、外的なものと内的なものがある。

 中国政法大学国際法学院の趙威教授によると、外的原因には主に次の3点がある。

1  貿易をとりまく状況をみると、国際的な貿易保護主義が台頭している。ここ10年以来、欧州や米国といった西側先進国では、貿易赤字が増加し続けたため、反ダンピングに関する法律が相次いで制定され、内容が強化された。調査範囲は拡大し、反ダンピング税率は上がった。こうして各国が国内産業の保護に努めてきた。
   
2  WTOルールが反ダンピング件数を増やしているという側面がある。WTO加盟国が自国の国内市場保護のために取りうるいくつかの措置のうち、最も取りやすいのが反ダンピング措置。手順が簡単で容易に実行でき、輸入製品を効果的に閉め出せるほか、報復措置を招きにくいという利点がある。このため加盟国は自国の産業と市場を守る最適の方法として、反ダンピング措置をたびたび発動するのである。
   
3  他国の反ダンピング法の多くが、中国に対して差別的内容となっている。いくつかの国では反ダンピング調査において中国を「非市場経済国」と見なし、中国製品のコストについていわゆる「代替国」「類比国」制度を採用。代替国の選定では任意性が発揮されやすく、中国より経済発展レベルがはるかに高い国がしばしば選ばれる。このため実際には中国輸出製品の国内通常価格と輸出価格との比較は不可能なのだが、無理に比較が行われる。最終的に中国は高額の反ダンピング税を課され、価格や輸出数量を制限されることになる。
   

 内的要因としては、近年の輸出のめざましい発展、貿易黒字の拡大が、反ダンピング提訴増加の主な原因となっている。

 また
国内企業が無秩序な競争を繰り広げていることが、外国に格好の口実を与え、たびたび提訴される大きな原因となっている。

 趙教授によると、安価な労働力と原材料価格の存在により、中国の労働集約型製品が国際市場で優位に立つのはごく自然なことといえる。問題は一部企業が規範や自制を欠いた行動を取り、ある製品がある国の市場への輸出に成功したと知ると、
便乗して群れをなして押し寄せることにある。その結果、ある国や地域の市場に中国製品が過剰に出回ることになるのだ。統計によると、輸出製品(香港経由の製品も含む)の75%が北米と欧州に送られている。中国企業の「便乗」現象は協調性を欠いた行為で、企業同士の激しい価格競争を招くばかりでなく、外国に反ダンピングの口実を与えている。

 また
中国が外国のダンピング行為の告発に消極的で、あまり応訴しないことも、反ダンピングを増加させる一因になっている。隙を見せれば相手はつけこむ。こうして反ダンピング措置が連鎖反応的に増加していくのである。


「人民網日本語版」2003/6/23            参考

米国が中国を反ダンピング主要疑惑国に

商務部研究院の馬宇・高級研究員によると、1980〜2002年に米国が中国の輸出製品に対して実施した反ダンピング調査は97件、金額は数十億ドルに上り、米国が中国を主な反ダンピング疑惑国としていることは明らかだという。

馬研究員によると、米国のこうした行動の背景として、その貿易政策が「輸出増加」理論を基礎としていることがあげられる。輸出増加理論とは、より開放された自由な国際貿易システムの下で、輸出を拡大することが経済成長をもたらすとする考え方。しかし経済の低迷を受け、2001年以降、米国の輸出は減少する一方で、2002年に経済がゆるやかに回復しても、貿易での劣勢はばん回されなかった。そこで米国政府は貿易自由化政策を徐々に後退させ、代わって貿易保護主義を強く打ち出すようになった。またもう一つの背景として、貿易赤字が米国国内で大きな問題になっていることが挙げられる。対中赤字が最も深刻で、その原因を中国市場が開放されていないことにあるとし、中国の輸出製品を厳しく制限すべきとする考え方が主流になっている。

米国は反ダンピング調査において、中国の市場経済が発展を遂げているという事実を無視し、引き続き中国を「非市場経済国」と見なしている。第三国価格で中国製品の通常価格を算定するという不公平な手段を取り、中国製品のダンピング率を不当に高め、高額の反ダンピング税を徴収している。また諸外国は中国が世界貿易機関(WTO)に加盟してから15年間は、反ダンピング調査に際して非市場経済国の標準を適用できるとし、米国はこれらを中国製品の輸出増加を防ぐ有効な道具として最大限活用する構えをみせている。

 


2003/1/27 http://www.chinabig.com/en/report/it030127-3.htm

Price floor set for Chinese fiber optics manufacturers in a bid to halt product dumping


Platts 2003/8/29

Chinese delegates in Tokyo raise possible SM, PP dumping study

20-member Chinese delegation


Chemnet Tokyo  2003/8/29

真鍋経産省課長「日中対話で相互理解深まる」